シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギター初心者おすすめギターブランド3選&ストラップ選び方

こんにちは、hisaです。

読んで頂きありがとうございます。

今日は、ギター初心者の方向けに、ギターの種類やストラップの選び方

予算はどれくらい見れば、結構いい音で、ずっと使えるもの

が手に入るか、アドバイスしてみたいと思います。

3段階に分けています。

参考にしてくださいね。

関連記事:エレキギター初心者練習編「最初に差がつくリズム・音符の知識」





エレキギター初心者おすすめブランド〜5万円以下〜

「家でちょっと弾いて楽しみたい。家でちょっとだけ音を

出してみたい。」のように、家で弾いて楽しみたい方には、

「初心者セット」も良いと思います。

☆初心者おすすめギター YAMAHA☆

やはり、有名メーカーのものが良いと思います。

知らないメーカーのもので、安すぎるものは、小さい音で

弾いていても「う〜ん…」な音がするので

避けた方がいいかな、と思います。

楽器店が、独自に組んでる「初心者セット」もあります。

その中で有名メーカーのものが入っていれば、買いだと思います。

安心感があるのは、やはりギターは、YAMAHA ですね。

ギターの作りもしっかりしていますし、音も結構良いです。

セットでついてるアンプは、YAMAHA、マーシャル、VOXあたり

がついてると心配が少ないと思います。

予算5万円以内であれば、ギターは、

YAMAHA PACIFICA 212VFMかVQM

引用元:sound house(https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/160162/)

YAMAHA / エレキギター PACIFICA 212VFM/VQM

おすすめです。音、作りがしっかりしていますし、

何より「色」がキレイです!

サウンドハウスで31,200円(税抜)で買えます。

値段は若干誤差がありますのでご確認下さいね。

ギターアンプは、YAMAHA  GA15Ⅱ 5,250円(税抜)

が安定感がありますね。アンプで歪んだ音も出せますし、

aux inがあって、ケーブルでスマホ等をつないで、

スマホからの音楽にあわせて演奏が出来ます。

アンプの音もなかなかいい音がします。

ギターとアンプで4万円程度で収まりました。コスパOK!ですね。

ギター初心者おすすめブランド〜10万円前後〜

10万円の予算を考えるということは、

やはり、いい音を多少は追求したい!とか、

ライブやスタジオで「使える」サウンドはほしい!

というニーズになってくると思います。




☆初心者超おすすめギターFender Made in Japan☆

FENDER made in Japanシリーズは、

まず、作りがしっかりしていて音が良い、そして形や色の

バリエーションも多いです。10万円で、一生使えるくらいの

クオリティです。

ストラトキャスター、テレキャスター、ジャガーと

3種類の形があります。色やサウンドキャラクターなど、

結構選べますよ!

ピックアップが3つともシングルコイルのオーソドックスな

ストラトキャスタータイプでは、1950年代のビンテージストラト

を意識したモデルや1960年代を意識したモデル、ラージヘッドの

1968年製を意識したハードロックにも使えるモデルもあります。

ディープパープルやレインボーは好きな方には、1968年の

ラージヘッド(ヘッドが大きい)がおすすめです。

☆おすすめイチオシはHYBRID 60S stratocaster HSS☆

FENDER made in Japan HYBRID 60S stratocaster HSS

108,000円(税抜)をおすすめします。

というか自分も欲しいです。

引用元:イケベ楽器(https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/Fender-Made-in-Japan/stratocaster.html#hyb)

まず、見た目がプロっぽい!メタリックカラーで色が

洗練されていて大人っぽい感じがするギターです。

カラーは、「Burgundy Mist Metallic」がいいなあ。

オーソドックスなサンバーストもあります。

Fender MIJ Tradtional 60's Stratocaster Review

このシリーズは、

リアピックアップにハムバッキングピックアップを搭載した

モデルです。

レスポール等に搭載されているハムバッキングピックアップは、

シングルコイルよりもよりハードな歪みを生み出します。

ハードロックに加え、ポップスやフュージョンなど、

いろんな音楽ジャンルに対応出来ると思います。

このハムバッキング搭載モデルにも、

1950年代ビンテージギターテイストとスリムなネックで

握りやすい1960年代テイストの2種類があります。

60Sモデルのほうが、ネックが薄いので、女性にはこちらの

ほうが弾きやすいかもしれません。

このシリーズは、

色のバリエーションもきれいな色が多いので、見た目にも

気に入ると思います。女性の方が持ってもきれいなカラーの

ものが多いです。

プロもおすすめ!FENDER made in Japanシリーズ

引用元:イケベ楽器(https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/Fender-Made-in-Japan/stratocaster.html#hyb)

コレはすごくいいよ!!とプロのギタリストお墨付きです。

「10万円くらいなのに、すごくいい音がするんだ。」

とおっしゃっていたそうです。その方は、フュージョンでも

ハードロックシンガーの方のバンドでもギターを弾かれる方で

日本のギタリストの中でも、間違いなくトップレベルの方です。

真の意味で、コストパフォーマンスの高いギターです。

「ギターには、10万円くらいで見ておけば、かなりいい音のものもある。」

ということですね。

ギター初心者おすすめブランド〜15万円前後〜

「Three Dots Guitar」

日本を代表するギタリスト「増崎孝司」さんプロデュースのギターです。

Three Dots Guitar Demo

ThreeDots Guitarsってなに??? ついに増崎孝司本人が語ってみた!!!w

なんと、20万円を切る価格なんです!!

16万円くらいから18万円くらいの価格帯です。

この価格帯でプロのギタリストが使用するクオリティのギターが手に入るなんて驚きです!!

ボクも欲しい〜っ!!!!!

ギター初心者おすすめブランド〜20万円以上〜

20万円以上出すとなると、何が良いのでしょう。

Fenderは、Made in Japanシリーズで十分だと思うので、

20万円以上出すのなら、




ド定番海外メーカーブランドGibson

ここで登場するのが、

Gibsonレスポールスタンダード です。

引用元:ギター博士(https://guitar-hakase.com/8765/)

ド定番ですね。やはり歴史があるモデルなので

重厚感があります。個人的にはカラーは、

レッド(チェリー)サンバーストで、

木目が透けて見えるものが、カッコいいと思います。

レッドツェッペリンのジミーペイジが使っている

レスポールが、やはりカッコいいです。

はい、個人的好みです。

Led Zeppelin – Rock and Roll 1973 Live Video FULL HD

ブラックビューティーと呼ばれる、

黒のレスポールカスタムも密かにカッコいいです。

引用元:Gibson(https://archive.gibson.jp/electric-guitars/1058)

日本人のレジェンドギタリスト、鮎川誠さんが愛用しています。

これも良いですね!

GUITAR STORIES-情熱のスーパーギタリスト列伝- #2鮎川誠 編 20150601

そして「ポールリードスミス」

引用元:sound house(https://archive.gibson.jp/electric-guitars/1058)

Carlos Santana – EUROPA (en vivo)

ポールリードスミスは、Gibson系のデザインで、

「まろやかな甘めのサウンド」が特徴でいろんなジャンルに

対応しやすいです。大人の少しハードなサウンド」に合うと思います。

カルロスサンタナに加え、ジャーニーのニールショーンあたりも

ポールリードスミスを愛用しています。

NEAL SCHON ~ 2001 ~ LIVE ~ IN VEGAS GUITAR SOLO

好きなアーティストモデル

これもここで登場です。

大好きなギタリストと同じモデルを持ちたい!!

という方は、20万円以上のものを買った方がいいと思います。

それはギターの音もそのギタリストと同じ音を本能的に求めるからです。

実際には腕前が違うので、同じ音にはなりませんが、

音質は廉価版より良いので満足度が違います。

ただデザインが個性的なものは、そのギタリストが弾いている曲しか

出来ないかな、というのはあるかもしれません。

ギター初心者おすすめブランド番外編30万円以上

ここからは、応用レベルになります。それなりに弾けるようになって、

ギターのことも分かるようになってきた方向けです。

それは、ギター工房に「オーダー」する、です。

基本は、ストラトキャスター、テレキャスター系で、

材質、ピックアップなどの部品、カラー、などをオーダーします。

オーダーする内容は、工房の用意したものの中から選ぶ、

ということになると思います。

ボクのギターは、ボディだけですが、

山口県の「プロヴィジョンギターズ」という工房で制作して頂きました。

非常に作りがよく、大満足しています。

プロヴィジョンのギターを使っている有名なミュージシャンは、

女の子3人組のロックバンド「SHISHAMO」のヴォーカル、ギターの方の

黒いテレキャスターが、プロヴィジョンギターです。

SHISHAMO「僕、実は」

オーダー品は木材を乾燥させてボディを削り出すところから始め

ますので、納品まで4ヶ月くらいはかかると思っておいて下さい。

ギターストラップの選び方

その1.自分の好み

まずは、もちろん自分の好きなデザインです!色や模様、好きなアーティストが使っているものなど、やはり自分の好みが第一優先です。

その2.肩に当たる部分に注意

練習スタジオやライブなど、長時間ギターを肩にかけていることが多くなります。

年齢が高くなると、肩が凝りやすくなりますし、頚椎(首)を痛めてしまいがちになります。

ポイントは「肩に当たる部分の幅が広いもの」「肩に当たる部分にパッドのようなクッションになるもの」を選ぶことです。

ボクは、ギターストラップ用のショルダーパッドをつけています。

肩や首への負担がかなり違いますよ!おすすめです。

次の記事 エレキギター初心者におすすめのギター弦3選 です。

いっぱい書きました。最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

また読んで下さいね!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク