5万円以上10万円未満新品ギター購入!おすすめ4選

②エレキギター選び方・弦の選び方・シールドの選び方・チューニングの仕方

 

こんにちは、hisaです。

 

 

 

今回は、「5万円以上」「10万円未満」初めてのギター、ちょっと予算があるぞ編です!。

 

 

「はじめてギターを買うぞ!予算は、ちょっと奮発して10万円切るくらいまであるぞー!!」編です。

 

 

ここでは、まだ「Fender」「Gibson」には行きません。

この2大ギターメーカーには、予算が10万円以上のところまで来たら、考えていきましょう。

 

と言いますか、今回の予算枠では、若干「当たり外れ」が怖いのでね。

 

作りがしっかりしている国産メーカーで攻めてみたいと思います。

 

 

 

前回記事:5万円以下!ライブで使える初めてのギター3選

 

カテゴリー:エレキギター選び方・弦の選び方・シールドの選び方・チューニングの仕方

 関連記事: フェンダーUSA・メキシコ現行ラインナップ!試奏動画あり

 関連記事: Gibson レス ポール現行ラインナップ 試奏動画あり

 

関連記事:★洋楽おすすめレジェンドギタープレイヤー名鑑

関連記事:エレキギター選び方・弦の選び方・シールドの選び方・チューニングの仕方

関連記事:ここで差がつく!ギター練習法&知識「リズム・コード・バンドリハ

 

オススメ:二宮愛(Ai Ninomiya)さんの素敵な歌を楽しむカテゴリー

オススメ:80年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

オススメ:70年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

予算が5万円以上10万円未満で新品ギターを購入する!おすすめ4選!!

FUJIGEN

FUJIGENは、老舗ギターメーカー「フジゲン株式会社」のブランドです。

高い品質と性能の良さ、手に入れやすい価格で支持されています。

多くのギターメーカーのOEM生産を行なっています。

 

「Squire」「Fender Japan」の製造も行なっていました。

フジゲン製の「Squire」「Fender Japan」は中古市場でも人気が高く、探している方も多いと思います。

 

フジゲン独自のギターの特徴をご覧下さい。

 

Boundary ILIADシリーズ

 

 

ギターの特徴

サークル・フレッティング・システム

2002年、フジゲンは、円弧フレットの精微なスペックが、ナチュラルさを求めるミュージシャンの鋭い感性をサポートする。

シングル(一律)スケールがポジションを問わずクリアな響きを生む

上記のイラスト解説でわかるように、“サークル・フレッティング・システム”はフレット付き弦楽器で初めてシングル・スケールを実現した。

そのためポジションを問わず弦振動が楽器本体にクリアな響きを与え、豊かなロング・トーンとアンサンブル・バランスの良さを実現している。

さらにトーンにバラつきや死角のないサウンドはディストーション・サウンドにも格段の力強さを与えてくれるのである。

FUJIGENギターの精密加工技術が音に表れる

理論上では数年前に完成していた円弧状フレットではあったが、実際に製品化されるまでには技術的な紆余曲折があった。

手作りで1本だけをつくるのであればまだしも、世界中の多くのミュージシャンにこの“サークル・フレッティング・システム”のアドバンテージを享受してもらうためには、ギター・ファクトリーの新たなシステム化が必要であった。

世界最高峰のギター開発技術を有するフジゲンだからこそ実現したスペックとそれを製品化する精緻な製作工程。

“サークル・フレッティング・システム”は良い音楽の生みの親となるべく誕生したのである。

 

コンパウンド・ラディアス指板

円錐型でデザインされた指板は、ハイポジション側が緩いRになっているので音詰まりを軽減します。

 

J-Standard フレット・エッジ

滑らかなフレット・エッジはスムーズなフィンガリングに貢献します。

 

トーン・ポット w/コイルタップ・スイッチ

トーン・ポットを引き上げることで、ハムバッカー・ピックアップの片側のコイルのみを鳴らし、擬似的にシングル・ピックアップのようなサウンドを得ることができます。

 

 

価格は、新品で59000円くらいです。

Fujigen Boundaruy ILIADを楽天で探す。

 

Boundary ILIADシリーズ 試奏動画

 

 

Boundary ODYSSEYシリーズ

 

価格は、新品で59000円くらいです。

Fujigen Boundary ODYSSEYを楽天で探す。

 

Boundary ODYSSEYシリーズ 試奏動画

 

 

 

Neo Classicシリーズ

 

 

 

 

ギターの特徴

 

価格は新品で8万3000円から9万3000円くらいです。

 

Fujigen Neo Classicを楽天で探す。

 

 

Neo Classicシリーズ 試奏動画

 

 

 

Tokai

Tokaiは、「コピーの鬼」なブランドです。

特にレスポールモデルにおいては、上っ面の見た目だけでなく、細部にまで徹底的にコピーする、という風土があります。

 

徹底的なコピーが高品質を生み出しているのです。

中国製はダメだ、と言う方もいらっしゃいますが、そんじょそこらの中国製とは訳が違います。

 

そりゃ、本家のギブソンには勝てません(値段が違いますから)が、初めてギターを買う方が、「まずはレスポールが欲しい!!」と言うのであれば、Tokaiをオススメします。

 

Tokai ALSシリーズ

 

価格は、新品で5万9000円前後です。

デジマートでTokai ALS68を探す。

楽天でTokai ALS68を探す。

楽天でALC70を探す。

 

 

Tokai ALSシリーズ 試奏動画

 

 

 

価格は、新品で7万6000円くらいです。

楽天でTokai ES86を探す。

 

Tokai ES86 試奏動画


 

 

価格は、新品で5万7000円くらいです。

楽天でTokai SG64を探す。

 

 

PRS SEシリーズ

PRSのSEシリーズは「掟破りの価格の安さ」ですね。

 

やはり「洋楽ロックの音」がします。

「初めてのギター」でももちろんいいですし、中級者の方の「2本目」のギターとしても良いと思います。

弦高等、多少調整が必要な場合もあるみたいです。

 

PRS SEシリーズについては、以前の記事でSEのラインナップをまとめておりますので、リンクをご覧下さい。

 

もちろん、試奏動画もあります。

 

結構種類が多いので見応えありですよ!!

 

⬇︎のリンクからどうぞ!! 

 

PRS SE Custom24の魅力&サウンド紹介

 

PRS SE Custom22セミホロウMira

 

PRS SEスタンダード24シグネチャー245

 

 

楽天でPRS SEシリーズを探す。

 

 

YAMAHA PACIFICA 612

レスポールとかストラトとかテレキャスとか、特定のギターの形の好みがなければ、もうこれ1択でいいかと思います。

 

プロのギタリストもこのギター推しの方は、結構いらっしゃいます。

 

まず、試奏動画の音を聴いて下さい。

 

このギターが6万円代後半から7万円代前半で買えるんだとすると、とんでもなくコストパフォーマンスが高いギターということになりますね。

カラーバリエーションも多いですね。

 

Pacifica 612シリーズを楽天で探す。

 

PACIFICA612VⅡX

 

ギターの特徴

ピックアップはフロントにSeymour Duncan社製のSSL-1を、センターには同社製のSSL-1 RwRp、リアには同社製のカバードハムバッキングCustom5を搭載。

3ピックアップ搭載で様々な音楽ジャンルに対応可能。

モダンな 外観、ピックガードカラーを採用しました。

Seymour Duncan社製SSL-1&カバードハムバッキングCustom5搭載

グラフテック TUSQ ナットとリテイナー採用

Grover社製Lockingチューナー採用

Wilkinson社製トレモロブリッジVS-50搭載

アルダー・ボディ&メイプル・ネック&ローズウッド指板

5ポジション・セレクター付きS/S/Hピックアップ構成

コイルタップ機能を搭載し幅広いサウンメイキングが可能

 

 

PACIFICA612VⅡFMX

ギターの特徴

ピックアップはフロントにSeymour Duncan社製のSSL-1を、センターには同社製のSSL-1 RwRp、リアには同社製のカバードハムバッキングCustom5を搭載。3ピックアップ搭載で様々な音楽ジャンルに対応可能。 モダンな 外観、ピックガードカラーを採用しました。

Seymour Duncan社製SSL-1&カバードハムバッキングCustom5搭載
グラフテック TUSQ ナットとリテイナー採用
Grover社製Lockingチューナー採用
Wilkinson社製トレモロブリッジVS-50搭載
アルダーボディ&フレイムメイプルトップ
メイプルネック&ローズウッド指板
5ポジション・セレクター付きS/S/Hピックアップ構成
コイルタップ機能を搭載し幅広いサウンメイキングが可能

 

 

 

YAMAHA PACIFICA 612VⅡX&VⅡXFM 試奏動画

PACIFICA612VⅡFM

 

ギターの特徴

ピックアップはフロントにSeymour Duncan社製のSSL-1を、センターには同社製のSSL-1 RwRp、リアには同社製のカバードハムバッキングCustom5を搭載。

3ピックアップ搭載で様々な音楽ジャンルに対応可能。 ボディトップ及びヘッドに美しい杢目のフレイムメイプルを配し、新フィニッシュ「インディゴブルー」を含むシースルーカラー3色をラインアップ。

ブリッジにはWilkinson社製VS-50を搭載しスムーズなアーミングを実現しました。

 

Seymour Duncan社製SSL-1&カバードハムバッキングCustom5搭載

グラフテック TUSQ ナットとリテイナー採用

Grover社製Lockingチューナー採用

Wilkinson社製トレモロブリッジVS-50搭載

アルダーボディ&フレイムメイプルトップ

メイプルネック&ローズウッド指板

5ポジション・セレクター付きS/S/Hピックアップ構成

コイルタップ機能を搭載し幅広いサウンメイキングが可能

 

 

 

YAMAHA PACIFICA 612VⅡFM 試奏動画

 

 

PACIFICA611VFM

 

ギターの特徴

ピックアップはフロントにSeymour Duncan社製のSP90-1を、リアには同社製のカバードハムバッキングCustom 5を搭載。

ボディトップ及びヘッドに美しい杢目のフレイムメイプルを配し、新フィニッシュ「ダークレッドバースト」を含むシースルーカラー3色をラインアップ。

ブリッジにはWilkinson社製VS-50を搭載しスムーズなアーミングを実現しました。

Seymour Duncan社製 SP90-1&カバードハムバッキングCustom5搭載
グラフテック TUSQ ナットとリテイナー採用
Grover社製Lockingチューナー採用
Wilkinson社製トレモロブリッジVS-50搭載
アルダーボディ&フレイムメイプルトップ
メイプルネック&ローズウッド指板
3ポジション・ピックアップセレクター
コイルタップ機能を搭載し幅広いサウンメイキングが可能

 

611シリーズは、フロントにP90タイプのピックアップが搭載されています。

 

612シリーズが「洗練されたあか抜けた音」だとすると、611シリーズは「少しヴィンテージ感がある温かみがある音」ではないかと思います。

 

ここは、音の好みの問題ですね。

 

価格は612より少し安く、トレモロアームがない機種もあります。

 

Pacifica 611を楽天で探す。

 

 

PACIFICA611VFM 試奏動画

PACIFICA611HFM

 

ギターの特徴

ピックアップはフロントにSeymour Duncan社製のSP90-1を、リアには同社製のカバードハムバッキングCustom 5を搭載。

ボディトップ及びヘッドに美しい杢目のフレイムメイプルを配し、新フィニッシュ2色を含むシースルーカラーで仕上げました。

Seymour Duncan社製 SP90-1&カバードハムバッキングCustom5搭載
グラフテック TUSQ ナットとリテイナー採用
Grover社製Lockingチューナー採用
Graph Teck社製String-Saverサドルをマウントしたハードテイルブリッジ搭載
アルダーボディ&フレイムメイプルトップ
メイプルネック&ローズウッド指板
3ポジション・ピックアップセレクター
コイルタップ機能を搭載し幅広いサウンメイキングが可能

 

PACIFICA611HFM 試奏動画

次回は、予算が5万円以上10万円以下で新品ギターを購入する!おすすめ3選!! です。

 

筆者のyoutubeチャンネル(演奏動画あり!!)

 

オススメ:80年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

オススメ:70年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

 

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!!

また読んでくださいね!!

 

ホームに戻る

タイトルとURLをコピーしました