シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェフベック使用ギター!ヤードバーズからBBAまで

こんにちは、hisaです。

今回はジェフベックの使用ギターの紹介をしてみたいと思います。

前回記事:ギター初心者㊙︎名ギタリスト紹介!ジェフベックとの出会い

関連記事:★洋楽おすすめレジェンドギタープレイヤー名鑑

関連記事:エレキギター選び方・弦の選び方・シールドの選び方・チューニングの仕方

関連記事:ここで差がつく!ギター練習法&知識「リズム・コード・バンドリハ

オススメ:二宮愛(Ai Ninomiya)さんの素敵な歌を楽しむカテゴリー

オススメ:80年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

オススメ:70年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選


ジェフベックの使用ギター「ヤードバーズ」時代

1954年製フェンダー・エスクワイア

「製造番号1056」と振られたエスクワイアは、

ウォーカーブラザースのギタリスト、ジョン・ウォーカーから譲ってもらったものでした。

ジョン・ウォーカーは、ギターのボディの表側の肘が当たる部分とボディーの裏側の腹が当たる部分にコンター下降を施していました。

ストラトキャスターを真似たものです。

このギターを1965年に75ポンド(約1万500円くらい)でジェフベックに売ったのです。

「Shape of Things」や「Over Under Sideways Down」「I’m a Man」などをこのギターで弾いています。

ジェフベックがフェンダー・エスクワイアを弾いている1965年のyoutube動画

The Yardbirds – "Heart Full Of Soul" (1965)

Gibson レスポール スタンダード 1959年製

ヤードバーズ時代使っていたギブソン レスポール スタンダード 1959年製

チェリーサンバーストで黒ピックガード。

レスポールを使い始めたのは、ブルースブレイカーズのクラプトンの影響らしい。

最初はピックアップカバーがついていたが、のちに外された。

ジェフベックがレスポールを弾いている1966年の動画

第1期ジェフベックグループ時代使用ギター

ギブソン レスポール 1958年製

第1期ジェフベックグループ時代に使用していた、トラ目が綺麗な1958年のレスポール。

ブルースブレイカーズ時代のエリッククラプトンに影響されて手に入れたのだそうです。

フロントが白黒のゼブラ、リアは黒のピックアップです。

ジェフのレスポールは、ピックアップカバーを外されたオープンタイプのものです。

のちにニューヨークで盗難に遭ってしまったのだそうです。

1950年代ナチュラルのギブソン レスポール

このレスポールは、、もともとサンバーストだったのですが、塗装を剥いでナチュラルにしてしまいました。

ボビンが白のハムバッカーは、当時珍しかったらしいです。

Jeff Beck Group – I Ain't Superstitious live (1968)

第1期ジェフベックグループ時代使用ギター

1954年製フェンダーストラトキャスター

第2期ジェフベックグループで使用されたこのストラトキャスターは、最初はメイプル指板でした。

Jeff Beck Group – Going Down

このギターは、1969年から1977年まで、ジェフベックグループ、ベック・ボガート&アピスで使用されました。

70年代半ばに、ジェフは70年代スタイルのラージヘッドのローズウッドネックに変更し、ソロツアーで使用しました。

ギターは「Live Wire」アルバムのカバーで見ることができます。

このギター、カッコいいなあ!!

個人的には、すごく好きです。指板はローズウッドの方が好きですね。

家に1本、ヤフオクでゲットした、こんな感じのストラトのボディとネックがあるのでジェフベック仕様にカスタマイズしよっと。

1954年製 ギブソン 「オックスブラッド」レスポール

 

ご存知、ジェフのレスポールと言えば、これですよね。

1973年に「Beck、Bogert&Appice」アルバムを録音した頃、ジェフはメンフィスの「ストリングスアンドシングス」と呼ばれるミュージックストアで、オックスブラッドカラーのレスポールに出会いました。見た目はよくありませんが、ギターは1954年のモデルで、大幅な変更が加えられています。

元の仕上げは剥がされ、ギターは深い茶色に再仕上げされました。

特定の角度では、それは牛血のように見えました。

古いP-90シングルコイルは、フルサイズのハムバッキングピックアップに置き換えられ、ネックはわずかに剃られ、チューニングペグは新しいモデルに置き換えられました。

1954年製ギブソン「オックスブラッド」レスポールのサウンドyoutube動画

Beck Bogart & Appice

Beck Bogert & Appice – Superstition – 1973

Beck, Bogert, & Appice – Morning dew – Santa Monica May '73 stereo

映像は、ベック・ボガート&アピスの貴重なライブ映像です。

オックスブラッドのレスポールのサウンドが堪能出来ます。

Blow By Blow

Jeff Beck – She's A Woman (Live) (High Quality)

こちらもオックスブラッドレスポールです。

ギターの音がBBAの時とだいぶ違いますね。

ギターの名盤「Blow By Blow」のギターサウンドまんま出てます。

こちらもいい音だなあ。

まだ続きますよ〜!!

2回では終わらないかもしれませんね。

次回は。ギター初心者おすすめサンタナ名盤・代表作tab譜動画 です。

筆者のyoutubeチャンネル(演奏動画あり!!)

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!!

また読んでくださいね!!

ホームに戻る

スポンサーリンク