シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1970年代洋楽アルバム名盤youtube1978年編①

こんにちは、hisaです。

今回もご覧頂きありがとうございます。

70年代の洋楽ロックは、かっこいい洋楽アーティストが多く、有名ヒット曲はもちろんのこと、バラード、CMで使われた曲も多く存在します。

ランキング形式で、ヒット曲を中心にして名盤アルバムの名曲をyoutube映像と音楽および1曲ずつの解説やエピソードなども交えてご紹介します。

たくさんの音楽が聴けます。ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

・1976年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1978年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

1970年から始めて1978年まで来ました。

70年代もたくさんたくさんいろんな曲が輩出されていました。

最初は「あまり書くことがないのでは?」と思っていましたが、なんのなんの。

濃い70年代ももう少しです。

前回記事:70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1977年洋楽名盤10選」後半




目次

1978年 昭和53年のヒット曲 日本編

1位 UFO ピンク・レディー 155.4万
2位 サウスポー ピンク・レディー 146.0万
3位 モンスター ピンク・レディー 110.2万
4位 君のひとみは10000ボルト 堀内孝雄 91.9万
5位 微笑がえし キャンディーズ 82.9万
6位 透明人間 ピンク・レディー 80.0万
7位 カナダからの手紙 平尾昌晃・畑中葉子 70.0万
8位 Mr.サマータイム サーカス 65.2万
9位 時間よ止まれ 矢沢永吉 63.9万
10位 わかれうた 中島みゆき 62.7万
11位 迷い道 渡辺真知子 61.3万
12位 時には娼婦のように 黒沢年男 60.7万
13位 サムライ 沢田研二 52.2万
14位 宿無し ツイスト 52.2万
15位 プレイバックPart2 山口百恵 50.7万
16位 冬の稲妻 アリス 50.7万
17位 銃爪 ツイスト 48.4万
18位 ジョニーの子守唄 アリス 46.6万
19位 飛んでイスタンブール 庄野真代 46.3万
20位 かもめが翔んだ日 渡辺真知子 45.9万
21位 そんな女のひとりごと 増位山太志郎 45.6万
22位 ダーリング 沢田研二 44.7万
23位 勝手にシンドバッド サザンオールスターズ 44.0万
24位 ストレンジャー ビリー・ジョエル 43.8万
25位 あんたのバラード ツイスト 43.5万
26位 季節の中で 松山千春 43.2万
27位 冬が来る前に 紙ふうせん 42.4万
28位 演歌チャンチャカチャン 平野雅昭 41.6万
29位 涙の誓い アリス 40.4万
30位 わな キャンディーズ 39.1万
31位 青葉城恋唄 さとう宗幸 38.9万
32位 悲しき願い サンタ・エスメラルダ 37.0万
33位 恋のナイト・フィーバー ビー・ジーズ 36.9万
34位 絶体絶命 山口百恵 36.6万
35位 ウォンテッド(指名手配) ピンク・レディー 35.5万
36位 LOVE(抱きしめたい) 沢田研二 34.4万
37位 ハロー・ミスター・モンキー アラベスク 34.2万
38位 東京ららばい 中原理恵 34.1万
39位 かもめはかもめ 研ナオコ 33.0万
40位 たそがれマイ・ラブ 大橋純子 31.6万
41位 乙女座宮 山口百恵 31.3万
42位 林檎殺人事件 郷ひろみ・樹木希林 30.6万
43位 モンテカルロで乾杯 庄野真代 30.4万
44位 しあわせ芝居 桜田淳子 29.5万
45位 この空を飛べたら 加藤登紀子 28.0万
46位 ヤマトより愛をこめて 沢田研二 27.0万
47位 てぃーんず・ぶるーす 原田真二 26.4万
48位 キャンディ 原田真二 26.4万
49位 さよならだけは言わないで 五輪真弓 26.3万
50位 タイム・トラベル/ジョイ 原田真二 26.2万

洋楽ヒット曲ランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!  1978年 第1位!ビリージョエル

☆Billy Joel  /  52nd STREET  ニューヨーク52番街

「52nd Street」アルバム解説・

発売:1978年10月

プロデュース: フィル・ラモーン

チャート最高順位:アメリカ第1位

収録曲

Side 1

  1. ビッグ・ショット – “Big Shot” – 4:03
  2. オネスティ – “Honesty” – 3:53
  3. マイ・ライフ – “My Life” – 4:44
  4. ザンジバル – “Zanzibar” – 5:11

Side 2

  1. 恋の切れ味 (スティレット) – “Stiletto” – 4:42
  2. ロザリンダの瞳 – “Rosalinda’s Eyes” – 4:42
  3. 自由への半マイル – “Half a Mile Away” – 4:08
  4. アンティル・ザ・ナイト – “Until the Night” – 6:35
  5. ニューヨーク52番街 – “52nd Street” – 2:31

なんとこのアルバムは、「世界で初めて発売された商業用CD」なのだそうです。

フレディハバード、マイクマイニエリ、エリックゲイル、デイヴグルーシンなどジャズ・フュージョン系ミュージシャンを多く起用しています。

初の全米1位に輝いたアルバムです。アルバムタイトルは、レコーディングしたスタジオが、マンハッタンの52番街にあったことに由来しています。

1970年代洋楽バラードの傑作「オネスティ」をyoutubeで紹介!

この曲は、ビリーの代表曲で、日本でもとても人気の高い曲です。

文句無しの素晴しいバラードです。どう聴いても「良い!」しか思い浮かびません。

一聴の価値、大いにありの曲です。

HONESTY  /  Billy Joel

Billy Joel – Honesty (Official Video)

1970年代洋楽アルバム「ニューヨーク52番街」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

この曲では、シカゴのピーターセテラが、バッキングヴォーカルでゲスト参加しています。

全米14位を記録しています。1位でもいいと思いますけどね。

MY LIFE マイライフ  /  Billy Joel

Billy Joel – My Life (Official Video)

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!         1978年 第2位!ダイアー・ストレイツ

☆Dire Straits   / DIRE STRAITS  悲しきサルタン

・「悲しきサルタン」アルバム解説・

発売:1978年7月

プロデュース: マフ・ウィンウッド

チャート最高順位:アメリカ第2位、イギリス第5位

収録曲

  1. 水辺へ “Down to the Waterline” – 4:03
  2. ウォーター・オブ・ラヴ “Water of Love” – 5:26
  3. セッティング・ミー・アップ “Setting Me Up” – 3:19
  4. シックス・ブレイド・ナイフ “Six Blade Knife” – 4:13
  5. サウスバウンド・アゲイン “Southbound Again” – 2:59
  6. 悲しきサルタン “Sultans of Swing” – 5:48
  7. イン・ザ・ギャラリー “In the Gallery” – 6:16
  8. ワイルド・ウェスト・エンド “Wild West End” – 4:41
  9. ライオン “Lions” – 5:04

「dire」は「ひどい」とか「無惨な」とか言う意味で、「straits」は「困窮」とか「貧困」とかいう意味なんだそうです。ひどいバンド名ですねえ。

ポップシーンにありながらまったく流行とは離れた音楽性で我が道を行っています。

カントリーっぽいギターサウンドが特徴です。

バンドのすべてに近い上位をギターのマークノップラーが占めています。

このアルバムは、全英チャート5位まで上がっています。

1970年代洋楽アルバム「悲しきサルタン」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・悲しきサルタン

ボブディラン風のぶっきらぼうで力の抜けたヴォーカルスタイルがなんだか物悲しさを誘います。

 SULTANS OF SWING   /  Dire Straits

Dire Straits – Sultans Of Swing (Alchemy Live)

・サウスバウンド アゲイン

「悲しきサルタン」以外の曲でどれをピックアップしようかと思っていろいろ聴いていたら、耳についた曲がこれでした。

結構、曲とリズムとバッキングギターがファンキーなんですよねえ。

表題曲と対照的だったので選んでみました。

SOUTHBOUND AGAIN  /  Dire Straits

Southbound Again

洋楽ヒット曲ランキング!70年代洋楽名曲!         1978年 第3位!ウィングス

☆Wings   / LONDON YOWN  ロンドンタウン

・「ロンドンタウン」アルバム解説・

発売:1978年3月31日

プロデュース: ポール・マッカートニー

チャート最高順位:アメリカ第2位、イギリス第4位

収録曲

  1. たそがれのロンドン・タウン – London Town 4:06
  2. セーヌのカフェ・テラス – Cafe on the Left Bank 3:24
  3. アイム・キャリング – I’m Carrying 2:41
  4. なつかしの昔よ – Backwards Traveller 1:09
  5. カフ・リンクをはずして – Cuff Link 1:53
  6. チルドレン・チルドレン – Children Children 2:20
  7. ガールフレンド – Girlfriend 4:38
  8. 別れの時 – I’ve Had Enough 3:00
  9. しあわせの予感 – With a Little Luck 5:43
  10. 伝説のグルーピー – Famous Groupies 3:34
  11. 子供に光を – Deliver Your Chirdren 4:15
  12. ネーム・アンド・アドレス – Name and Address 3:06
  13. ピンチをぶっ飛ばせ – Don’t Let It Bring You Down 4:31
  14. モース・ムースとグレイ・グース – Morse Moose and the Grey Goose 6:24
  15. ガールズ・スクール – Girls’ School 4:34
  16. 夢の旅人 – Mull of Kintyre 4:41

全米で2位、全英で4位を記録しました。全米で1位を取れなかったのは、当時「サタデーナイトフィーバー」のサウンドトラックが全米を席巻していたからです。

すごいブームでしたからね。

音楽的には、イギリスの伝統音楽に興味を持つデニーレインの影響があるのだそうです。

70年代洋楽アルバム「ロンドンタウン」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・幸せの予感

ポールマッカートニーらしい暖かい雰囲気を持つ曲。優しい気持ちになりますね。

全米で1位を獲得。全英では5位でした。

1位でいいと思うんですけど、なんで5位なんでしょうね。本国なのにね。

WITH A LITTLE LUCK    /  Wings

'With A Little Luck' – PaulMcCartney.com Track of the Week

・夢の旅人

アルバム「ロンドンタウン」に収録されていますが、シングルとしての発売自体は1977年になります。

スコティッシュワルツ調の曲で、後半からはバグパイプも登場します。

キンタイア岬は、スコットランド西部にあり、ポールの農場があった場所でした。

イギリスでは爆発的にヒットし、1位になりました。

アメリカでは、33位でした。フォーク調の素敵な曲ですね。

MULL OF KINTYRE  夢の旅人  /  Wings

Mull Of Kintyre

洋楽ロックランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1978年 第4位!フォリナー

☆Foreigner  /  DOUBLE VISION  ダブルヴィジョン

「ダブルヴィジョン」アルバム解説・

発売:1978年6月20日

プロデュース: キース・オルセン

チャート最高順位:アメリカ第3位

収録曲

  1. ホット・ブラッディッド (Hot Blooded) – 4:29
  2. 蒼い朝 (Blue Morning, Blue Day) – 3:12
  3. 君は僕のすべて (You’re All I Am) – 3:24
  4. バック・ホエアー・ユー・ビロング (Back Where You Belong) – 3:15
  5. ラヴ・ハズ・テイクン・イッツ・トウル (Love Has Taken Its Toll) – 3:31
  6. ダブル・ヴィジョン (Double Vision) – 3:44
  7. トラモンテイン (Tramontane) – 3:55
  8. 待ちくたびれて (I Have Waited So Long) – 4:06
  9. 寂しき子供達 (Lonely Children) – 3:37
  10. スペルバインダー (Spellbinder) – 4:49

フォリナーは、イギリス人とアメリカ人の混合のロックバンドです。

ルーグラムの甘く歌唱力のあるヴォーカルと少しハードなギターサウンドが心地よいアメリカンロックバンドです。

70年代洋楽アルバム「ダブルヴィジョン」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・ホットブラッディッド

このアルバムのファーストチューンであるこの曲は、全米チャートで最高2位まで上がりました。

フォリナーの中で派、結構ハードな曲です。

こういったハードな曲の中で、ルーグラムの歌が彼の個性を損なわず、活かされているのがとてもいいと思います。

HOT BLOODED  ホットブラッディッド  /  Foreigner

Foreigner – Hot Blooded (Official Lyric Video)

・ブルーモーニング、ブルーデイ

80年代のジャーニーなどが、「産業ロック」「クラシックロック」「メロディックロック」と言われるようになりましたが、その走りがフォリナーであったのではないかと思います。

ハードでポップな曲調に、歌唱力のあるヴォーカルが乗り、「歌もの」としてしっかりと出来ています。

前作よりもロックさやハードさが増し、完成度が増したものがこのアルバムだと思います。

BLUE MORNING BLUE DAY   /  Foreigner 

Blue Morning, Blue Day

・ダブルヴィジョン

80年代に近づくにつれて、ボクのお得意分野が増してきました。

フォリナーもこの曲がはずせなかったなあ。

DOUBLE VISION    /  Foreigner

Double Vision

洋楽ロックランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1978年 第5位!チープトリック

☆Cheap Trick/CHEAP TRICK AT BUDOKAN チープトリック at 武道館

「チープトリックat武道館」アルバム解説・

発売:1978年10月8日

プロデュース: ジャック・ダグラス、チープ・トリック

チャート最高順位:アメリカ第4位、日本第12位

収録曲

  1. ハロー・ゼア – “Hello There” – 2:27
  2. カモン、カモン – “Come On, Come On” – 3:17
  3. ルックアウト – “Look Out” – 3:01
  4. ビッグ・アイズ – “Big Eyes” – 3:56
  5. ニード・ユア・ラヴ – “Need Your Love”  – 8:46
  6. エイント・ザット・ア・シェイム – “Ain’t That a Shame” – 5:09
  7. 甘い罠 – “I Want You to Want Me” – 3:44
  8. サレンダー – “Surrender” – 4:25
  9. グッドナイト – “Goodnight” – 3:08
  10. 今夜は帰さない – “Clock Strikes Ten” – 4:01

アメリカでは無名のバンドが、日本でものすごく高い人気を得ていることに「ローリングストーン誌」の記者も日本に同行し、音楽誌「MUSIC LIFE」の編集長であった「東郷かおる子」さんに、インタビューを行ったそうです。

武道館での録音の音質があまりにも悪く使い物にならなかったため、大阪公演のものが使われています。

なので本当は「チープトリックat大阪厚生年金会館」なんです。

アルバムタイトルが大阪では響きが今ひとつのため「武道館」にしたということらしいです。

日本向けにポップな曲を意識的に集めたのだそうです。

当初日本だけの発売でしたが輸入版でアメリカでも評判となり正式発売となりました。

全米チャート4位まで登り詰め、「BUDOKAN」の名前を世界に広めました。

チープトリックの成功により「BUDOKAN」が音楽の成功の聖地となりました。

70年代洋楽アルバム「チープトリックat武道館」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・甘い罠

当時武道館のライブはテレビ中継があり、リアルタイムで見ましたが、とにかく女の子のキャーキャー言う声が強烈でありました。

この曲のサビのところの合いの手が強力ですねえ。

I WANT YOU TO WANT ME 甘い罠  /  Cheap Trick

Cheap Trick – I Want You to Want Me (from Budokan!) [Official Video]

・サレンダー

この曲もチープトリックの代表曲ですね。

ロビンザンダーのロック系だけど甘い歌声とメロディアスな曲がとてもマッチしています。

ビートルズの影響も見られますね。

SURRENDER  サレンダー  /  Cheap Trick

Cheap Trick – Surrender (Live from Budokan!)

・カモンカモン

いつも2曲の紹介なのですが、上記2曲は外せないにして、この「COME ON COME ON」は、個人的に大好きな曲なので追加でもう1曲紹介です。ぜひ聴いて下さいね!

COME ON COME ON カモンカモン  /  Cheap Trick

Cheap Trick – Budokan 1978: Come, On Come On (from Budokan!)

次回は、70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1978年洋楽名盤10選」後半です。

今回も、最後までご覧頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク