シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1984年の80年代 洋楽 名盤!男女ソロアーティスト編

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

80年代洋楽アルバムは、今でも人気が高く様々な洋楽アーティストや伝説のバンドが存在します。

ヒット曲・名曲はもちろん、有名なバラード、かっこいい女性シンガーも多いです。

ボクのおすすめアルバムをチャートランキング順で紹介します。

youtube映像の音楽で代表曲を視聴出来ます。

 

 記事内容は、

・1984年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1984年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

1984年になり、この年、ボクは大きなイベントライブに行きました。

「スーパーロック’84」です。

アンヴィル、デビューしたばかりのBon Jovi、スコーピオンズ、ホワイトスネイク、マイケルシェンカーグループが出演していました。

西武球場や大阪南港広場特別ステージという大きな会場で、ハードロックだけのバンドで興行が成り立ったというのは、この時代だからこそでしょうね。

ハードロック系は後半で登場します。

ではいってみましょう!!

関連記事:80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1983年名盤名曲10選」後半




1984年 昭和59年のヒット曲 日本編

1984年の日本のヒット曲です。

  • わらべ「もしも明日が…。」
  • 芦屋雁之助「娘よ」
  • チェッカーズ「涙のリクエスト」「星屑のステージ」「ジュリアに傷心」
  • 中森明菜「北ウイング」「サザン・ウインド」「飾りじゃないのよ涙は」
  • 松田聖子 「Rock’n Rouge」「ピンクのモーツァルト」「ハートのイアリング」
  • 吉川晃司「モニカ」「サヨナラは八月のララバイ」「ラ・ヴィアンローズ」
  • 薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」「Woman “Wの悲劇”より」
  • 一世風靡セピア「前略、道の上より」
  • サザンオールスターズ「ミス・ブランニュー・デイ」
  • オフコース「君が、嘘を、ついた」
  • 杏里「悲しみがとまらない」
  • 中原めいこ「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」
  • 原田知世「愛情物語」「天国に一番近い島」
  • 石川優子とチャゲ「ふたりの愛ランド」
  • 杉山清貴&オメガトライブ「君のハートはマリンブルー」
  • 小泉今日子「ヤマトナデシコ七変化」「渚のはいから人魚」
  • 小林麻美「雨音はショパンの調べ」
  • 郷ひろみ「2億4千万の瞳」
  • 近藤真彦「ケジメなさい」
  • 細川たかし「浪花節だよ人生は」
  • テレサ・テン「つぐない」
  • 小川知子・谷村新司「忘れていいの(愛の幕切れ)」
  • 高橋真梨子「桃色吐息」
  • SALLY「バージンブルー」
  • THE ALFEE「星空のディスタンス」「恋人達のペイヴメント」
  • 舘ひろし「泣かないで」
  • 安全地帯「ワインレッドの心」「恋の予感」
  • 井上陽水「いっそセレナーデ」
  • 小林幸子・美樹克彦「もしかしてPart2」
  • 戸川純「玉姫様」

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1984年第1位! ブルース スプリングスティーン

☆Bruce Springsteen / BORN IN THE USA ボーン イン ザ USA

・「Born In The USA」アルバム解説・

発売:1984年6月4日

プロデュース:

チャート最高順位:アメリカ第1位

Side 1

  1. Born In The U.S.A.
  2. Cover Me
  3. Darlington County
  4. Working On The Highway
  5. Downbound Train
  6. I’m On Fire

Side 2

  1. No Surrender
  2. Bobby Jean
  3. I’m Goin’ Down
  4. Glory Days
  5. Dancing In The Dark
  6. My Hometown

80年代洋楽アルバム「Born In The USA」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Born In The USA

ブルーススプリングスティーンの大ヒットアルバム。強烈に「アメリカ」をインパクトづけました。どちらかと言えば、パワフルさを前に出したアルバムだと思います。

この頃のスプリングスティーンの服装やルックスに影響を受けた日本人アーティストもいるのではと思います。結構日本人ベテラン男性アーティストに影響を与えている人です。

アルバムタイトル曲を聴いて下さい。

BORN IN THE USA  /  Bruce Springsteen

Bruce Springsteen – Born In The U.S.A. (Live)

・Glory Days

スプリングスティーンの素晴らしいところは、ライブパフォーマンスのスゴさだと思います。

疾走するがごとく、パワフルに勢い突っ走るライブ。

ボクは映像でしか見たことがありませんが、一度見てみたいです。

次の曲はライブパフォーマンスでご覧下さいね。

GLORY DAYS  /  Bruce Springsteen

Bruce Springsteen – Glory Days (from Born In The U.S.A. Live: London 2013)

洋楽洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!      1984年第2位! プリンス

☆Prince / PURPLE RAIN  パープル レイン

・「Purple Rain」アルバム解説・

発売:1984年6月25日

プロデュース: プリンス&ザ・レヴォリューション

チャート最高順位:アメリカ第1位

Side 1

  1. レッツ・ゴー・クレイジー – “Let’s Go Crazy” – (4:39)
  2. テイク・ミー・ウィズ・U – “Take Me With U” – (3:54)
  3. ビューティフル・ワン – “The Beautiful Ones” – (5:14)
  4. コンピューター・ブルー – “Computer Blue” – (3:59)
  5. ダーリン・ニッキー – “Darling Nikki” – (4:14)

Side 2

  1. ビートに抱かれて – “When Doves Cry” – (5:54)
  2. ダイ・フォー・ユー – “I Would Die 4 U” – (2:50)
  3. ベイビー・アイム・ア・スター – “Baby I’m A Star” – (4:24)
  4. パープル・レイン – “Purple Rain” – (8:42)

ボク個人としては、プリンスは「P−ファンク」の一派だという認識なんです。

「P−ファンク」というのは、ジョージクリントン率いるパーラメントや派手なルックスのベーシスト、ブーツィーコリンズらのロック色が少し入ったファンク系だと思っています。

ヘヴィーなギターサウンドや、ホーン、コーラスを基調としています。

プリンスの音作りも、それに近い感じです。

80年代洋楽アルバム「Purple Rain」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Let’s Go Crazy

最初に紹介するこの曲は、スケートの羽生結弦選手が、ショートプログラムの曲として使ったことが有名ですね。

ゲイリームーアとかプリンスとか、意外とロックミュージシャンの曲も使用していますね。

とてもファンキーでノリのいい曲です。

LET’S GO CRAZY  /  Prince

Prince & The Revolution – Let's Go Crazy (Official Music Video)

・When Doves Cry

初めて聴いたプリンスの曲が、この「When Doves Cry」でした。

なんだかおどろおどろしいギターフレーズに始まって、イントロのキーボードのコードもなんだかちょっと奇妙。

正直「なんじゃ、この曲は???」というのが最初の印象でしたね。

これが独特のプリンスワールドといってしまえばそれまでなんですけど、まあ、とにかくインパクトが強い曲です。

そのあとに聴いた「Let’s Go Crazy」の華やかさとの対比がハンパないですね。

WHEN DOVES CRY  /  Prince

Prince & The Revolution – When Doves Cry (Extended Version) (Official Music Video)

80年代洋楽バラードの名曲「Purple Rain」をyoutubeで紹介!

ギターの話になってしまいますが、プリンスのギターは、ジミヘンの影響が感じられますね。

ギターサウンドに関しては、ピックアップがEMGで、エフェクターもコーラスを使用していて、意外とモダンなセッティングなんです。

この曲のギターソロは、歌うような、叫ぶような感じで、肉体から音が出ているように感じられる素晴らしいギターソロです。

PURPLE RAIN / Prince

Purple Rain




80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1984年第3位! ブライアン アダムス

☆Bryan Adams / RECKLESS レックレス

・「Reckless」アルバム解説・

発売:1984年11月5日

プロデュース: ブライアン・アダムス、ボブ・クリアマウンテン

チャート最高順位:アメリカ第1位

Side 1

1. 「One Night Love Affair」 4:32
2. 「She’s Only Happy When She’s Dancin’」 3:14
3. 「Run to You」 3:54
4. 「Heaven」 4:03
5. 「Somebody」 4:44

Side 2

6. 「Summer of ’69」 3:35
7. 「Kids Wanna Rock」 2:36
8. 「It’s Only Love」(w/ ティナ・ターナー) 3:15
9. 「Long Gone」 3:57
10. 「Ain’t Gonna Cry」 4:06

ブライアンアダムスは、大好きなアーティストです。こちらのリンクで特集していますので、ぜひご覧になって下さい!!

80年代洋楽ロックアーティストBryan Adams①

80年代洋楽ロックアーティストBryan Adams②

80年代洋楽アルバム「Reckless」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Somebody

こちらの方でも、やはりこの曲をアップしてしまいました。やっぱ、カッコいいですね!

男っぽさと少年っぽさと兼ね備えたカッコいいミュージシャンだ

と思います。では「SOMEBODY」を聴いて下さい。

SOMEBODY / Bryan Adams

Bryan Adams – Somebody (Official Music Video)

・It’s Only Love

続いては、女性シンガーティナターナーとのデュエット曲です。

ミドルテンポの少しブルージーなロックナンバー、ティナとブライアンの掛け合いがカッコいいです。

この曲もヒットしましたね。

IT’S ONLY LOVE / Bryan Adams & Tina Turner

It's Only Love – Bryan Adams & Tina Turner

80年代洋楽バラードの名曲!おすすめです!「Heaven」youtubeで紹介!

とにかくカッコイイ!!

これはライブ映像ですけど、オーディエンスが最初から大合唱するところがシビれます。

ギターのサウンドがすごく良いです!!

Heaven / Bryan Adams

Bryan Adams – Heaven (Live At Wembley 1996)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1984年第4位! マドンナ

☆Madonna / LIKE A VIRGIN  ライク ア ヴァージン

・「Like A Virgin」アルバム解説・

発売:1984年11月12日

プロデュース: ナイルロジャース、スティーヴンブレイ

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス1位

1. マテリアル・ガール “Material Girl”  4:00
2. エンジェル “Angel”  3:56
3. ライク・ア・ヴァージン “Like a Virgin”  3:38
4. オーヴァー・アンド・オーヴァー “Over and Over”  4:12
5. 愛は色あせて “Love Don’t Live Here Anymore” 4:47
6. ドレス・ユー・アップ “Dress You Up”  4:01
7. シュー・ビー・ドゥ “Shoo-Bee-Doo”  5:16
8. プリテンダー “Pretender”  4:30
9. ステイ “Stay”  4:07

80年代洋楽アルバム「Like A Virgin」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

さて、マドンナです。

この辺は特に説明も必要ないくらい有名なアーティスト、有名な曲ですよね。

プロデュースは、ナイルロジャース。

ギターのカッティングが切れが良くて特徴的ですね。

では聴いて下さい。まずは、「MATERIAL GIRL」から。

MATERIAL GIRL / Madonna

Madonna – Material Girl (Official Music Video)

・Like A Virgin

続きまして、みなさんよくご存知の「LIKE A VIRGIN」です。

LIKE A VIRGIN / Madonna

Madonna – Like A Virgin (Official Music Video)

洋楽おすすめランキング!洋楽80年代名曲!1984年第5位ヴァン ヘイレン

☆Van Halen / 1984

・「1984」アルバム解説・

発売:1984年1月9日

プロデュース:テッドテンプルマン

チャート最高順位:アメリカ第2位

  1. 1984 – “1984” – 1:07
  2. ジャンプ – “Jump” – 4:04
  3. パナマ – “Panama” – 3:32
  4. トップ・ジミー – “Top Jimmy” – 3:00
  5. ドロップ・デッド・レッグス – “Drop Dead Legs” – 4:14
  6. ホット・フォー・ティーチャー – “Hot for Teacher” – 4:44
  7. ウェイト – “I’ll Wait” – 4:45
  8. ガール・ゴーン・バッド – “Girl Gone Bad” – 4:35
  9. ハウス・オブ・ペイン – “House of Pain” – 3:19

このVan Halenのアルバム「1984」は、作家ジョージオーウェルの作品「1984」と関わりがあるのかどうかは、実際は分からないのですが、当時はオーウェルの作品から来たタイトルだと思っていました。どうなんでしょうねえ。

まず、この作品はVan Halenのアルバムの中でもトップヒットの代表的なアルバムであり、エディヴァンヘイレンが、シンセサイザーを多用した作品でもあります。

この作品のエディのギターサウンドは「ブラウンサウンド」と呼ばれるふくよかなギターの素晴らしいオーバードライブサウンドが聴かれます。

80年代洋楽アルバム「1984」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Panama

最初の曲は、ギターリフがめっちゃカッコいい「PANAMA」からいってみましょう!

プロモーションビデオがバカバカしいところもVan Halenの魅力でもありますね(笑)。

PANAMA  /  Van Halen

Van Halen – Panama (Official Music Video)

・Jump

次はエディが弾くシンセサイザーが大々的にフィーチャーされた「Jump」です。

シンセサイザーの暖かみと広がりがあるサウンドは、オーバーハイムというメーカーのサウンドです。

この曲のシンセサウンドはハードロック系のキーボードサウンドに大きな影響を与えていると思います。

ギターソロは、「手グセ?」というくらい「何も考えずにサラッと弾いた?」的な感じです。

それでもスゴくカッコいいのはさすが、エディヴァンヘイレンですね!では聴いて下さい。

JUMP  /  Van Halen

Van Halen – Jump (Official Music Video)

次回は、80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1984年名盤名曲10選」後半 です。

80年代も中盤に差し掛かってきました。次回はハードなサウンドが中心です。お楽しみに!!

今回も最後まで読んで下さってありがとうございます。

また次回も読んで下さいね!!

スポンサーリンク