シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1974年ヒット曲洋楽ロック70年代洋楽アルバム紹介前半

こんにちは、hisaです。

今回もご覧頂きありがとうございます。

70年代の洋楽ロックは、かっこいい洋楽アーティストが多く、有名ヒット曲はもちろんのこと、バラード、CMで使われた曲も多く存在します。

ランキング形式で、ヒット曲を中心にして名盤アルバムの名曲をyoutube映像と音楽および1曲ずつの解説やエピソードなども交えてご紹介します。

たくさんの音楽が聴けます。ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

・1974年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1974年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

1974年になりました。まずは、テクノゴッドから始めたいと思います。

そのあとはギターヒーローと3大ヴォーカリストのアルバムへと続きます。

今回もお楽しみ下さいね!

前回記事:70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1973年洋楽名盤10選」後半




1974年 昭和49年のヒット曲 日本編

1位 なみだの操 殿さまキングス 193.6万
2位 あなた 小坂明子 164.9万
3位 うそ 中条きよし 150.1万
4位 ふれあい 中村雅俊 117.7万
5位 恋のダイヤル6700 フィンガー5 83.7万
6位 夫婦鏡 殿さまキングス 79.4万
7位 くちなしの花 渡哲也 77.5万
8位 激しい恋 西城秀樹 58.4万
9位 積木の部屋 布施明 55.4万
10位 学園天国 フィンガー5 54.0万
11位 追憶 沢田研二 53.2万
12位 私は泣いています りりィ 52.3万
13位 精霊流し グレープ 52.3万
14位 小さな恋の物語 アグネス・チャン 47.0万
15位 ひと夏の経験 山口百恵 44.6万
16位 よろしく哀愁 郷ひろみ 41.1万
17位 岬めぐり 山本コウタローとウィークエンド 38.5万
18位 二人でお酒を 梓みちよ 38.4万
19位 夜空 五木ひろし 38.1万
20位 ちっぽけな感傷 山口百恵 38.1万
21位 浜昼顔 五木ひろし 36.9万
22位 愛の十字架 西城秀樹 35.1万
23位 冬の旅 森進一 34.6万
24位 魅せられた夜 沢田研二 34.4万
25位 愛ひとすじ 八代亜紀 34.4万
26位 星に願いを アグネス・チャン 34.0万
27位 個人授業 フィンガー5 33.8万
28位 薔薇の鎖 西城秀樹 33.4万
29位 花とみつばち 郷ひろみ 33.3万
30位 恋の風車 チェリッシュ 31.0万
31位 襟裳岬 森進一 30.8万
32位 赤ちょうちん かぐや姫 30.6万
33位 うすなさけ 中条きよし 29.5万
34位 傷だらけのローラ 西城秀樹 29.5万
35位 結婚するって本当ですか ダ・カーポ 29.2万
36位 さらば友よ 森進一 29.1万
37位 モナリザの秘密 郷ひろみ 29.1万
38位 灰色の瞳/黒の舟唄 加藤登紀子・長谷川きよし 29.1万
39位 心もよう 井上陽水 28.8万
40位 想い出のセレナーデ 天地真理 28.7万
41位 神田川 かぐや姫 28.5万
42位 母に捧げるバラード 海援隊 27.7万
43位 恋のアメリカン・フットボール フィンガー5 27.4万
44位 恋は邪魔もの 沢田研二 27.3万
45位 愛ふたたび 野口五郎 26.3万
46位 しのび恋 八代亜紀 25.9万
47位 イエスタディ・ワンス・モア カーペンターズ 25.8万
48位 白いギター チェリッシュ 25.0万
49位 闇夜の国から 井上陽水 24.0万
50位 グッド・バイ・マイ・ラブ アン・ルイス 23.8万

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1974年第1位!  エリック・クラプトン

☆Eric Clapton  / 461  OCEAN  BOULEVARD

・「461オーシャンブールバード」アルバム解説・

発売:1974年7月

プロデュース: トム・ダウド

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第3位

  1. マザーレス・チルドレン – Motherless Children (Traditional)
  2. ギヴ・ミー・ストレングス – Give Me Strength (Eric Clapton)
  3. ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイヴ – Willie and the Hand Jive (Johnny Otis)
  4. ゲッド・レディ – Get Ready (E. Clapton, Yvonne Elliman)
  5. アイ・ショット・ザ・シェリフ – I Shot the Sheriff (Bob Marley)
  6. アイ・キャント・ホールド・アウト – I Can’t Hold Out (Elmore James)
  7. プリーズ・ビー・ウィズ・ミー – Please Be With Me (Boyer)
  8. レット・イット・グロウ – Let It Grow (E. Clapton)
  9. ステディ・ローリン・マン – Steady Rollin’ Man (Robert Johnson)
  10. メインライン・フロリダ – Mainline Florida (George Terry)

デレク&ドミノスの「愛しのレイラ」から4年のブランクを経て出されたソロアルバム。

クリーム時代とは違うサザンロックテイストのサウンドと控えめになったギター、音楽性は「レイドバック」という言葉を生み出しました。

「レイドバック」の直訳は、「リラックスした」とか「ゆったりした」という意味です。まさにこのアルバムの雰囲気を表す言葉ではないでしょうか。

70年代洋楽アルバム「461オーシャンブールバード」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・I Shot The Sheriff

この曲は、レゲエの神様「ボブマーリー」の曲のカバーですね。

リズムはレゲエなんですけど、全体的な味付けはサザンロックテイストに感じます。

ボブマーリーの原曲と聴き比べてみるのもいいですね。

I SHOT THE SHERIFF  / Eric Clapton

I Shot The Sheriff

・Steady Rollin’ Man

この曲は、クラプトンに大きな影響を与えたブルースマン、「ロバートジョンソン」のカバーです。

今回は、ライブ演奏でお届けします。

クリームの「クロスロード」も同じロバートジョンソンの曲ということもあり、「クロスロード」のギターソロを感じさせます。

STEADY ROLLIN’ MAN  / Eric Clapton

Steady Rollin' Man (Live At Hammersmith Odeon)

洋楽ヒットランキング!70年代洋楽名曲!1974年第2位!  ジョン・レノン

☆John Lennon   / WALL AND BRIDGES

・「心の壁、愛の橋」アルバム解説・

発売:1974年10月4日

プロデュース: ジョン・レノン

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第6位

Side 1

  1. 愛を生きぬこう Going Down on Love
  2. 真夜中を突っ走れ Whatever Gets You Thru the Night(エルトンとデュエット)
  3. 枯れた道 Old Dirt Road (& Harry Neilson)
  4. ホワット・ユー・ガット What You Got
  5. 果てしなき愛(ブレッス・ユー) Bless You
  6. 心のしとねは何処 Scared

Side 2

  1. 夢の夢 #9 Dream
  2. 予期せぬ驚き Surprise, Surprise(Sweet Bird of Paradox)
  3. 鋼のように、ガラスの如く Steel and Glass
  4. ビーフ・ジャーキー Beef Jerkey
  5. 愛の不毛 Nobody Loves You(When You’re Down and Out)
  6. ヤ・ヤ Ya Ya (Morgan Robinson, Lee Dorsey, Clarence Lewis, Morris Levy)

このアルバムは、政治色の濃いメッセージなどは見られず、リラックスした雰囲気が感じられるアルバムですね。

当時は「ジョンレノンの最高傑作」と言われていたようです。

オノヨーコとの別居期間中に製作されました。

この別居生活のことを「失われた週末」と言うそうです。

70年代洋楽アルバム「心の壁、愛の橋」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・真夜中を突っ走れ

これから紹介する曲は、エルトンジョンとのデュエット曲です。この曲は1位となり、エルトンと「この曲が1位になったらエルトンのコンサートに飛び入りする。」という約束を果たしました。

WHATEVER GETS YOU THRU THE NOGHT  /  John Lennon feat.Elton John

Whatever Gets You Thru The Night – John Lennon (feat. Elton John) (official music video HD)

・夢の夢

ジョンレノンは、「9」をラッキーナンバーとしており、全米9位という「9」にあやかったヒットにとても喜んだそうです。

ジョンレノンの独特のふわっとした雰囲気がよく出ている曲だと思います。

「ストロベリーフィールズフォーエバー」に近い雰囲気を持つかな。

#9 DREAM  /  John Lennon 

#9 Dream (2010 Mix)

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1974年第3位!  ローリング・ストーンズ

☆The Rolling Stones   / IT’S ONLY ROCK’N’ROLL

・「イッツ・オンリー・ロックンロール」アルバム解説・

発売:1974年10月18日

プロデュース: グリマー・ツインズ

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第2位

A面

  1. イフ・ユー・キャント・ロック・ミー – If You Can’t Rock Me 3:47
  2. エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ – Ain’t Too Proud to Beg 3:31
  3. イッツ・オンリー・ロックン・ロール – It’s Only Rock’n Roll (But I Like It) 5:07
  4. ティル・ザ・ネクスト・グッドバイ – Till The Next Goodbye 4:37
  5. タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン – Time Waits for No One 6:38

B面

  1. 快楽の奴隷 – Luxury 5:01
  2. ダンス・リトル・シスター – Dance Little Sister 4:11
  3. マイ・フレンド – If You Really Want to Be My Friend 6:17
  4. ショート・アンド・カーリーズ – Short and Curlies 2:44
  5. フィンガープリント・ファイル – Fingerprint File 6:33

実は、このアルバムは商業的には前作ほど成功しませんでした。

全英では2位どまりで前作の売り上げを超えられなかったようです。

それまでのスワンプロック指向から、ストレートなロック指向へと変わっています。

アルバムジャケットも仕掛けも無くシンプルなものでした。

このアルバム発売直後、ギタリストのミックテイラーが脱退し、フェイセズのギタリストであったロンウッドが加入しています。

70年代洋楽アルバム「It’s Only Rock’n’Roll」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・It’s Only Rock’n’Roll

この曲のベーシックトラックは、ロンウッドの地下室のスタジオで録音されているそうです。

この曲は、ストーンズの代表曲ですが、アメリカではトップ10を逃しており、商業的にはあまり成功しませんでした。

IT’S ONLY ROCK’N’ROLL  /  Rolling Stones

The Rolling Stones – It's Only Rock 'N' Roll (But I Like It) – OFFICIAL PROMO

・Ain’t Too Proud To Beg

この曲は、アメリカのR&Bグループ、テンプテーションズのカバーです。

原曲と聴き比べてみると、ストーンズがやるとストーンズの曲かのように聴こえるほど、自分たちのものにしてしまっていますね。

AI’NT TOO PROUD TO BEG  /  The Rolling Stones

The Rolling Stones – Ain't Too Proud To Beg – OFFICIAL PROMO

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1974年第4位!  バッド・カンパニー

☆Bad Company  / BAD COMPANY

・「バッドカンパニー」アルバム解説・

発売:1974年6月

プロデュース: バッド・カンパニー

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第3位

  1. キャント・ゲット・イナフ – “Can’t Get Enough”  – 4:16
  2. ロック・ステディー – “Rock Steady” – 3:46
  3. レディ・フォー・ラヴ – “Ready for Love” – 5:01
  4. ドント・レット・ミー・ダウン – “Don’t Let Me Down”  – 4:22
  5. バッド・カンパニー – “Bad Company”  – 4:50
  6. ザ・ウェイ・アイ・チューズ – “The Way I Choose”  – 5:05
  7. ムーヴィン・オン – “Movin’ On”  – 3:21
  8. シーガル – “Seagull”  – 4:06

元フリーのポールロジャース、サイモンカークを中心に、元モットザフープルのミックラルフス、元キングクリムゾンが集まって結成されたブルースを基盤としたハードロックバンド。

シンプルなサウンドとソウルフルなヴォーカルが魅力です。

ポールロジャースのブルージーでソウルフルなヴォーカルは後進に多大な影響を与えています。

70年代洋楽アルバム「バッドカンパニー」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Can’t Get Enough

バッドカンパニーの代表曲、シャッフルのリズムに乗ったポールのソウルフルなヴォーカルがカッコいいです。

ギターのバッキングのアメリカンロックな響きで、南部テイストな感じがGOODです。

CAN’T GET ENOUGH  /  Bad Company

Can't Get Enough (2015 Remaster)

・Bad Company

この曲はピアノをフィーチャーした聴かせる曲ですね。

ピアノとマッチしたポールのブルージーなヴォーカルがいいですね。

BAD COMPANY  /  Bad Company

Bad Company (Remastered Version)

洋楽ヒットランキング!70年代洋楽名曲!1974年第5位!  クラフトワーク

☆Kraftwerk  / AUTOBAHN

・「アウトバーン」アルバム解説・

発売:1974年11月1日

プロデュース: コンラート・プランク、ラルフ・ヒュッター、フローリアン・シュナイダー

チャート最高順位:アメリカ第5位、イギリス第4位

Side one

1. 「アウトバーン – Autobahn」(“Motorway”) 22:43

Side two

2. 「大彗星(鼓動) – Kometenmelodie 1」(“Comet Melody 1”) 6:26
3. 「大彗星(軌道) – Kometenmelodie 2」(“Comet Melody 2”) 5:48
4. 「深夜そして姿なき足跡 – Mitternacht」(“Midnight”) 3:43
5. 「朝の散歩 – Morgenspaziergang」(“Morning Walk”) 4:04

このアルバムは、電子音楽というものを大衆に浸透させた初めてのアルバムです。

もちろんクラフトワークは、音楽の歴史上語り継がれるべき「テクノオリジネイター」であることは間違いありません。

あくまでボク個人の考えですが、テクノミュージックというものは、クラフトワークが最初で最高のもので、そのあとから出てくるものは、亜流のクラフトワークでしか無く、「オリジネイター」こそが最高である音楽ジャンルだと思っています。

70年代洋楽アルバム「Autobahn」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Autobahn

「アウトバーン」は、シングルカットするために22分ある曲を、なんと3分に大幅カットされた。

ドイツの高速道路「アウトバーン」をドライブしてますよ的な演奏です。

曲というか電子環境音楽という感じかと思います。

あなたはどう感じますか?聴いてみて下さい。

AUTOBAHN  / Kraftwerk

Autobahn (2009 Remaster)

・Kometenmelodie 2

この曲には「大彗星(軌道) 」という邦題がついています。

聴いていると確かにスペイシーな気持ちになってきます。

イメージ力とういうか、想像力をかき立てる感じですよね。

KOMETENMELODIE 2  / Kraftwerk

Kometenmelodie 2 (2009 Remaster)




次回は、70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1974年洋楽名盤10選」後半 です。

後半は、また今回とは違った雰囲気のアーティストが登場してきますよ。おたのしみに!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク