シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80年代洋楽ヒットランキング!1986年洋楽アルバム編②

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

80年代洋楽アルバムは、今でも人気が高く様々な洋楽アーティストや伝説のバンドが存在します。

ヒット曲・名曲はもちろん、有名なバラード、かっこいい女性シンガーも多いです。

ボクのおすすめアルバムをチャートランキング順で紹介します。

youtube映像の音楽で代表曲を視聴出来ます。

 

 記事内容は、

・1986年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1986年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。

1986年の後半です。後半は前半と少し違ってきています。

少しずつブラックコンテンポラリー色が出てきています。

前回とは雰囲気が違ってきていますので、それもお楽しみ頂ければと思います。

では、いってみましょう!

前回記事:80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1986年名盤名曲10選」前半




目次

1986年 昭和61年の出来事は?

1986年の日本の出来事です。

  • 株価高騰でNTT株フィーバーなどマネーブーム高まる
  • 葬式ごっこといういじめ流行
  • 英チャールズ皇太子とダイアナ妃が来日
  • FIFAワールドカップメキシコ大会開幕
  • 上野動物園のジャイアントパンダ、トントン誕生
  • ハレー彗星が76年ぶりの地球接近
  • 伊豆大島の三原山で溶岩流出をともなう大噴火発生
  • 「おニャン子クラブ」「キャッツ」「子猫物語」「マイケル」などネコブーム
  • 日本初の女性党首・社会党土井たか子委員長誕生
  • アイドル歌手岡田有希子がビル屋上から飛び降り自殺
  • シートベルトの着用が原則義務化
  • 伊豆大島の三原山が噴火
  • フライデー襲撃事件
  • ミニスカート流行
  • OLブーム
  • お嬢様ルック流行
  • マーメイドライン流行
  • ダイアナファッション
  • ボディコン登場
  • メンズもメーキャップの時代
  • ビキニの派手なカラーの男性用ブリーフがヒット
  • リボンブーム
  • 金のアクセサリーブーム
  • 洗面台 シャンプー・ドレッサー(東陶機器)
  • レンズ付きフィルム 写ルンです(富士写真フィルム)
  • 毛玉取り器 とるとる(服部セイコー)
  • ファミコンソフト ドラゴンクエスト( エニックス)
  • ビール モルツ(サントリー)
  • リゲイン(三共)
  • ハチミツレモン(サントリーフーズ)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1986年第6位! ピーター ガブリエル

☆Peter Gabriel  / SO

・「So」アルバム解説・

発売:1986年3月

プロデュース:ピーター・ガブリエル、ダニエル・ラノワ

チャート最高順位:アメリカ第2位、イギリス1位

  1. レッド・レイン
  2. スレッジハンマー
  3. ドント・ギヴ・アップ(ケイト・ブッシュとのデュエット曲)
  4. ザット・ヴォイス・アゲイン
  5. マーシー・ストリート
  6. ビッグ・タイム
  7. ウィ・ドゥ・ホワット・ウィアー・トールド
  8. イン・ユア・アイズ

80年代洋楽アルバム「So」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Red Rain

このアルバムは、ボクの超イチオシです!!

サウンド、曲、モダンなアレンジ、参加ミュージシャン、どれをとっても完成度が高く素晴らしいです。

ベースのトニーレヴィン、ドラムのマヌカシェ、など個性的で素晴らしいプレイヤーをそろえています。

独特なリズム、コードの広がり、プロモーションビデオも興味深いです。

昔ながらのファンの方は、「コマーシャル的すぎる」との声もありますが、ボクは好きですし、スゴいと思います。

なかでもこの「RED RAIN」は、ハイハットだけでポリスのスチュワートコープランドを使っているという贅沢なサウンドです。

独創的な音の響き、独特の盛り上がり方ドラマティックさを感じて下さい。

では「RED RAIN」です。

RED RAIN  /  Peter Gabriel

Peter Gabriel – Red Rain

80年代洋楽アーティスト珠玉のバラード!おすすめ曲「Don’t Give Up」youtube映像

この曲は、ケイトブッシュとデュエットしているバラードです。

淡々としてる中に、包み込むような優しさと広がりがあります。

ケイトの透明感がある歌声がとても素敵です。

最近はこういった透明感がある声で歌う方が少なくなりましたね。

では「Don’t Give Up 」聴いて下さい。

DON’T GIVE UP  /  Peter Gabriel

Peter Gabriel – Don't Give Up (ft. Kate Bush)

・Big Time

この「BIG TIME」はファンクミュージックと言えばそうなのですが、とても現代的なアレンジサウンドです。

ドラム、ベースともリズムにとてもひねりが利いていて、一筋縄ではいっていません。

コーラスアレンジも独特で、ただハモっているというのとは、ひと味もふた味も違います。

今の時代のものと比べても、クオリティは高いと思います。

各楽器のコードの使い方も個性的で独特の響きです。

この辺もピターガブリエルサウンドの個性となっていると思います。

「BIG TIME」をお楽しみ下さい。

BIG TIME  /  Peter Gabriel

Peter Gabriel – Big Time

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1986年第7位! ジェネシス

☆Genesis  / INVISIBLE TOUCH  インヴィジブル タッチ

・「Invisible Touch」アルバム解説・

発売:1986年6月

プロデュース:ヒュー・パジャム、ジェネシス

チャート最高順位:アメリカ第3位、イギリス1位

  1. インヴィジブル・タッチ – Invisible Touch – 3:30
  2. トゥナイト、トゥナイト、トゥナイト – Tonight, Tonight, Tonight – 8:53
  3. 混迷の地 – Land of Confusion – 4:46
  4. イン・トゥー・ディープ – In Too Deep – 5:02
  5. エニシング・シー・ダズ – Anything She Does – 4:20
  6. ドミノ – Domino – 10:44
  7. スローイング・イット・オール・アウェイ – Throwing It All Away – 3:51
  8. ザ・ブラジリアン – The Brazilian – 5:04

80年代洋楽アルバム「Invisible Touch」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Invisible touch

フィルコリンズは、もともとジェネシスのメンバーで、ジェネシスはプログレッシブロックバンドです。

80年代はYESのようにポップでキャッチーな曲調、サウンドで人気を博しました。

キーボードサウンドが結構前に出るので、キラキラした広がりのあるサウンドとなっています。

この「Invisible Touch 」ポップで楽しい曲です。では聴いて下さい。

INVISIBLE TOUCH  /  Genesis

Genesis – Invisible Touch (Official Music Video)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1986年第8位! ラン D.M.C

☆Run DMC / RAISING HELL レイジング ヘル

・「Raising Hell」アルバム解説・

発売:1986年5月15日

プロデュース: Rick Rubin、Russell Simmons

チャート最高順位:アメリカ第3位

  1. Peter Piper [3:25]
  2. It’s Tricky [3:03]
  3. My Adidas [2:47]
  4. Walk This Way [5:11]
  5. Is It Live [3:06]
  6. Perfection [2:52]
  7. Hit It Run [3:10]
  8. Raising Hell [5:31]
  9. You Be Illin’ [3:26]
  10. Dumb Girl [3:31]
  11. Son Of Byford [0:27]
  12. Proud To Be Black [3:14]

個人的に、ラップとテクノに関しては、最初に出てきたものの形がだいたい完成されちゃってるものなので、そのあとから出てくるものに関しては、最初のものの亜流でしかないと思っています。

RUN DMCとビースティーボーイズ、そしてそれ以外、という感じです。

80年代洋楽アルバム「Raising Hell」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Walk This Way

この曲で、エアロスミスは復活しました。停滞していたエアロスミスはこのコラボ曲の大ヒットによってシーンに復活出来たのです。

ラップでやってもこの曲カッコいいですね。

いいところに目を付けたと思います。

実は、この曲、ボクもバンドでカヴァーしたんですよ。

カッコいいロックなラップ「WALK THIS WAY」聴いて下さい。

WALK THIS WAY / Run DMC featuring Aerosmith

RUN DMC – Walk This Way (Video) ft. Aerosmith

・My Adidas

当時アディダス、流行しましたねえ。

この頃のラップって、リズムがスゴくグルーヴしているんですよね。

それがカッコ良かったですね。

グイグイくるリズムに乗ってるのがカッコ良かったです。

まずリズムありきですね。言葉遊びではありません。

カッコいいリズムのこの曲、聴いて下さい。

MY ADIDAS / Run DMC

RUN DMC – My Adidas (Audio)




80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽アルバム!   1986年第9位! 女性シンガー!シンディ ローパー

☆Cindy Lauper  / TRUE COLORS  トゥルー カラーズ

・「True Colors」アルバム解説・

発売:1986年9月15日

プロデュース:Cyndi Lauper、Lennie Petze

チャート最高順位:アメリカ第4位

Side one

1. “Change of Heart”  4:22
2. “Maybe He’ll Know”  4:25
3. “Boy Blue” 4:46
4. “True Colors”  3:46
5. “Calm Inside the Storm”  3:54

Side two

6. “What’s Going On”  4:39
7. “Iko Iko”  2:08
8. “The Faraway Nearby”  3:00
9. “911”  3:16
10. “One Track Mind”  3:41

80年代洋楽アーティスト女性珠玉のバラード!おすすめ曲「True Colors」youtube映像

シンディローパーは、「Time After Time」やこのアルバムでの「True Colors」など名曲があります。

アルバムトータルで見た時に音楽性に広がりというよりは、シングル曲で勝負する、といった感じでしょうか。

マドンナと同時期の方なので比べられがちですね。

でも上記2曲は、本当に名曲だと思います。

ミュージカルにも出演され、エンターテイナー的な要素が強い方ですね。

ではアルバムタイトル曲「True Colors」を聴いて下さい。

TRUE COLORS  /  Cindy Lauper

Cyndi Lauper – True Colors (Official Video)

80年代洋楽アルバム「True Colors」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Change Of Heart

この曲はもシングル曲です。シンディらしい曲調ですね。

シンガーとしては、声質、歌い方に独特の特徴を持つ方です。

来日公演も結構来られていますね。2019年10月に来日公演も控えています。

CHANGE OF HEART  /  Cindy Lauper

Cyndi Lauper – Change Of Heart (Official Video)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽アルバム!   1986年第10位! ザ・ファーム

☆The Firm  / MEAN BUSINESS  ミーン ビジネス

・「Mean Business」アルバム解説・

発売:1986年2月

プロデュース: ジミー・ペイジ、ポール・ロジャース、ジュリアン・メンデルスゾーン

チャート最高順位:アメリカ第22位

  1. フォーチュン・ハンター – “Fortune Hunter” – 4:59
  2. マイ・キャデラック – “Cadillac” – 5:54
  3. キングス・ホーシズ – “All the King’s Horses”  – 3:19
  4. リブ・イン・ピース – “Live in Peace” – 5:07
  5. ティア・ダウン・ザ・ウォールズ – “Tear Down the Walls” – 4:44
  6. ドリーミング – “Dreaming” – 6:00
  7. フリー・トゥ・リブ – “Free to Live” – 4:14
  8. スピリット・オブ・ラブ – “Spirit of Love”  – 5:08

レッドツェッペリンのギターのジミーペイジ、バッドカンパニー、フリーのヴォーカルのポールロジャースというロックレジャンド級のミュージシャンのコラボバンド。

80年代洋楽アルバム「Mean Business」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・All The King’s Horses

ツェッペリンの壮大なスケール感とブルージーなヴォーカルがちょっとちぐはぐな感じがします。

長続きしなかったのもわかるような。

ポールは、のちのクイーンとのコラボの方がマッチしていたと思います。

和風の時代劇的なPVも摩訶不思議な雰囲気を出していますね。

妙に見応えがありますよ。では「All The King’s Horses」ご覧下さい。

ALL THE KING’S HORSES  /  The Firm

The Firm – All The King's Horses

・Live In Peace

このPVにも、なぜか日本人かと思われる少年が登場します。

ポールの歌の個性が強くて馴染み切れていないところが、ある意味興味深いです。

ビデオをみていると、どんな歌詞なのかとても気になりますね。

では「Live in Peace」ご覧下さい。

LIVE IN PEACE  /  The Firm

The Firm – Live in Peace

次回は、80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1987年名盤名曲10選」前半 です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

結局1986年も結構濃かったですね。1987年はどうなっていくのでしょう。

次回もお楽しみに。また読んで下さいね!!

スポンサーリンク