シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二宮 愛さんカバー曲洋楽編ベットミドラー&ノラジョーンズ

こんにちは、hisaです。

今回の洋楽編は、大人の女性シンガー編です。

ベット・ミドラーとノラ・ジョーンズ、とても素敵ですね。

ベット・ミドラーの曲、日本の大御所歌手の方がカバーしてたんですね(驚)。

その曲も掲載しますよ〜!!今回も素敵な歌をお楽しみ下さいね!

前回記事:二宮 愛さんカバー曲邦楽編 荒井由実&米津玄師

カテゴリー:二宮愛さんの素敵な歌を楽しむカテゴリー

AI NINOMIYA 二宮愛さんのyoutube チャンネルです。

登録すると、毎週素敵な歌声が更新されますよ〜!!

12/19にはyoutube配信ライブも行われました〜。

二宮 愛さんカバー曲「The Rose」/ ベット・ミドラー

この曲は、映画「The Rose」の主題歌です。

ベトナム戦時中の60年代、アメリカを舞台に、酒と麻薬に溺れながらも歌いつづけた女性ロック・シンガー「ローズ」の愛と激情の人生を描いています。

ベット・ミドラー扮する「メアリー・ローズ・フォスター」のモデルは「ジャニス・ジョプリン」なのだそうです。

一体、どうなってるんだ!この素晴らしい歌は!!

泣いちゃうぞ。

いい歌詞だなあ。「素晴らしい」だらけだ。

「The Rose」/ ベット・ミドラー 和訳

誰かがいう 愛は川のようだ

柔らかに生きる葦さえも沈めてしまう

誰かがいう 愛は鋭い刃なのだ

魂は傷つき血を流すのだと

誰かがいう 愛は飢えのようなものだ

永遠に満たされることのない苦しみだと

私はいう 愛とは花

あなたはその種のひとつなのだ

心が傷つくことを恐れているから

いつまでも踊ることができないでいる

夢から覚めることを恐れているから

いつまでもチャンスを掴めずにいる

誰かに奪われると思っているから

誰にも与えられずにいる

死ぬことを恐れるその心は

生きる意味を見つけられずにいる

一人きりのとても長い夜

そして、あまりにも長すぎる道

そんな時あなたは思うだろう

愛とは運や力を持った者の為にあるのだと

けれど思い出して

凍えるような冬の雪の下でも

種は太陽の愛を浴び

やがて訪れるだろう春に薔薇という名の花を咲かせるのだと

「The Rose」/ ベット・ミドラー 原曲

原曲のベットミドラーの歌唱、心に響きますね。

じわじわ心に染みてきます。う〜ん、流石ですね。

都はるみさんが「The Rose」をカバーされています。

都はるみさんがカバーされているんですね!!

洋楽的なテイストではないんだけど、「歌を心に届ける力」がとてつもなく大きいです。

歌い手として「歌を心に届ける」ことを忘れかけてしまっている日本のDIVA系の方々にもう一度「歌うことの意味」を思い出してほしいと思います。「自分の歌に酔ってるんじゃねえよ。」と言いたくなります。

あっ、いけない(汗)。毒吐いちゃった。ごめんなさい。

都はるみさんも二宮愛さんもボクたちの心に歌を届けてくれている。

素晴らしいことです。

二宮 愛さんカバー曲「Don’t Know Why」/ ノラ・ジョーンズ

愛さんは、小さな頃からこの曲を歌ってきたそうです。

小さい頃からノラ・ジョーンズなんて聴いてるなんて、

そりゃ、歌上手くなりますよね。うん、そりゃそうだ。

「Don’t Know Why」/ ノラ・ジョーンズ 原曲

ノラ・ジョーンズさん、きれいな方ですよねえ。

気取りがなくて、いい感じで力が抜けていて、それが小洒落ているという

まさに大人の音楽ですね。

高校生の時に聴いても良さがわからなかっただろうなあ。

やっぱり大人になって「ノラ・ジョーンズ」聴いてるんだよね、

なんてかっこつけて言うといったところかな(笑)。

ノラ・ジョーンズのお父さんは、

ビートルズにも影響を与えたシタール奏者のラヴィ・シャンカールなんですね。

「Don’t Know Why」/ ノラ・ジョーンズ 和訳

太陽が見えるまでずっと待ち続けた
自分でも分からないわ。どうして行かなかったのか
あなたを遊園地に置き去りにしたまま
どうして私は行かなかったのか
それは自分にも分からない

日の出に海が染まるのをみて
この場所から飛んでいけたらどんなにいいかって考えたの
砂にひざまずいて祈る代わりに
涙のしずくをこの手で受け止めた

私の心はワインにどっぷり浸かっている
それでも、考えるのはあなたのことばかり
これからもずっと

限りなく広がる海の果てにいると
恍惚に溺れ、どうにかなってしまいそう
でも、ひとりで道を下っていく私は
寂しさで抜け殻のようになる

私の心はワインにどっぷり浸かっている
それでも、考えるのはあなたのことばかり
これからもそうでしょうね

何かが私を突き動かすはずだった
自分でも分からないわ。どうして行かなかったのか
ドラムのように空っぽな気分
分からない。どうして私は行かなかったのか

どうして私は行かなかったのか

次回は、二宮 愛さんカバー曲邦楽編「髭男&スピッツ」です。

筆者のyoutubeチャンネル(演奏動画あり!!)

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!!

また読んでくださいね!!

ホームに戻る

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク