シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1977年ヒット曲洋楽ロック70年代洋楽アルバム名盤前半

こんにちは、hisaです。

今回もご覧頂きありがとうございます。

70年代の洋楽ロックは、かっこいい洋楽アーティストが多く、有名ヒット曲はもちろんのこと、バラード、CMで使われた曲も多く存在します。

ランキング形式で、ヒット曲を中心にして名盤アルバムの名曲をyoutube映像と音楽および1曲ずつの解説やエピソードなども交えてご紹介します。

たくさんの音楽が聴けます。ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

・1977年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1977年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

前回記事:70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1976年洋楽名盤10選」後半




1977年 昭和52年のヒット曲 日本編

1位 渚のシンドバッド ピンク・レディー 94.5万
2位 青春時代 森田公一とトップギャラン 86.5万
3位 ウォンテッド ピンク・レディー 84.5万
4位 勝手にしやがれ 沢田研二 74.7万
5位 昔の名前で出ています 小林旭 70.8万
6位 雨やどり さだまさし 66.9万
7位 カルメン’77 ピンク・レディー 65.9万
8位 S.O.S ピンク・レディー 64.7万
9位 失恋レストラン 清水健太郎 62.8万
10位 フィーリング ハイ・ファイ・セット 56.6万
11位 北の宿から 都はるみ 55.8万
12位 帰らない 清水健太郎 54.8万
13位 星の砂 小柳ルミ子 53.5万
14位 ペッパー警部 ピンク・レディー 51.9万
15位 あずさ2号 狩人 51.1万
16位 津軽海峡冬景色 石川さゆり 50.9万
17位 スカイ・ハイ ジグソー 49.5万
18位 愛のメモリー 松崎しげる 48.9万
19位 赤い衝撃 山口百恵 48.8万
20位 イミテイション・ゴールド 山口百恵 48.4万
21位 夢先案内人 山口百恵 46.7万
22位 サクセス/愛しのティナ ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 44.4万
23位 人間の証明 ジョー山中 43.6万
24位 憎みきれないろくでなし 沢田研二 40.7万
25位 あばよ 研ナオコ 40.3万
26位 能登半島 石川さゆり 39.8万
27位 やさしい悪魔 キャンディーズ 39.0万
28位 ソウルこれっきりですか マイナー・チューニング・バンド 38.4万
29位 帰郷/お化けのロック 郷ひろみ・樹木希林 37.7万
30位 カントリー・ロード/たそがれの恋 オリビア・ニュートン・ジョン 37.6万
31位 コスモス街道 狩人 36.5万
32位 どうぞこのまま 丸山圭子 35.3万
33位 むさし野詩人 野口五郎 34.1万
34位 雨の物語 イルカ 33.5万
35位 秋桜 山口百恵 31.9万
36位 硝子坂 高田みづえ 31.0万
37位 しあわせ未満 太田裕美 31.0万
38位 思秋期 岩崎宏美 30.1万
39位 暑中お見舞い申し上げます キャンディーズ 29.8万
40位 九月の雨 太田裕美 29.5万
41位 ホテル・カリフォルニア イーグルス 28.2万
42位 おゆき 内藤国雄 27.9万
43位 酒と泪と男と女 河島英五 27.8万
44位 熱帯魚 岩崎宏美 26.8万
45位 悲しきメモリー 郷ひろみ 26.2万
46位 Hi-Hi-Hi あおい輝彦 25.4万
47位 季節風 野口五郎 25.2万
48位 四季の歌 芹洋子 24.9万
49位 ジョリーン オリビア・ニュートン・ジョン 24.5万
50位 初恋草紙 山口百恵 24.1万

洋楽ヒット曲ランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!  1977年 第1位!フリートウッドマック

☆Fleetwood Mac   / RUMOURS  噂

「噂」アルバム解説・

発売:1977年2月4日

プロデュース: フリートウッド・マック、ケン・キャレイ、リチャード・ダシェット

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第1位

収録曲

Side 1

  1. セカンド・ハンド・ニュース – Second Hand News (Lindsey Buckingham) – 2:43
    リード・ボーカル:リンジー・バッキンガム
  2. ドリームス – Dreams (Stevie Nicks) – 4:14
    リード・ボーカル:スティーヴィー・ニックス
  3. もう帰らない – Never Going Back Again (Buckingham) – 2:14
    リード・ボーカル:リンジー・バッキンガム
  4. ドント・ストップ – Don’t Stop (Christine McVie) – 3:11
    リード・ボーカル:リンジー・バッキンガム、クリスティン・マクヴィー
  5. オウン・ウェイ – Go Your Own Way (Buckingham) – 3:38
    リード・ボーカル:リンジー・バッキンガム
  6. ソングバード – Songbird (C. McVie) – 3:20
    リード・ボーカル:クリスティン・マクヴィー

Side 2

  1. ザ・チェイン – The Chain (Nicks, Buckingham, C. McVie, John McVie, Mick Fleetwood) – 4:28
    リード・ボーカル:リンジー・バッキンガム、スティーヴィー・ニックス
  2. ユー・メイク・ラヴィング・ファン – You Make Loving Fun (C. McVie) – 3:31
    リード・ボーカル:クリスティン・マクヴィー
  3. アイ・ドント・ウォント・トゥ・ノウ – I Don’t Want to Know (Nicks) – 3:11
    リード・ボーカル:スティーヴィー・ニックス、リンジー・バッキンガム
  4. オー・ダディ – Oh Daddy (C. McVie) – 3:54
    リード・ボーカル:クリスティン・マクヴィー
  5. ゴールド・ダスト・ウーマン – Gold Dust Woman (Nicks) – 4:51
    リード・ボーカル:スティーヴィー・ニックス

このアルバムの発表当時は、リーダーのミックフリートウッドは妻と別れ、ジョンマクヴィーとクリスティンマクヴィーも離婚し、当時つきあっていたリンゼイバッキンガムとスティーヴィーニックスも別れていたのに別れた同士が同じバンドにいてアルバム制作を行っていたという特異な状況にあったのです。

状況に反して作り上げたアルバムは、素晴しい作品となり、31週も1位を続けました。

ボクもこのアルバムはよく聴きました。

曲調に派手さやキャッチーさはないんですけど、なんか引き込まれる世界観があると思います。

1970年代洋楽アルバム「噂」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Dreams

スティーヴィーニックス独特の気だるいヴォーカル、淡々と進む曲調。

それでいて心の隙間に入り込んでくる静かな曲。

なんだか引き込まれていく不思議な魅力があります。

DREAMS ドリームス /  Fleetwood Mac

Dreams (2004 Remaster)

・Go Your Own Way

このアルバムの中では、サビがキャッチーな前向きな感じのする曲調なのですが、内容はリンジーとスティーヴィーの関係が壊れていく様を暗く言及したものらしいです。

リンジーがスティーヴィーにあてつけで作った曲でもあるみたいです。

曲調と内容が真逆な何ともいえない曲なんです。

GO YOUR OWN WAY  /  Fleetwood Mac

Go Your Own Way (2004 Remaster)

洋楽ヒットランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1977年 第2位!ビリージョエル

☆Billy Joel   / THE STRANGER  ストレンジャー

「The Stranger」アルバム解説・

発売:1977年9月

プロデュース: フィル・ラモーン

チャート最高順位:アメリカ第2位

収録曲

  1. ムーヴィン・アウト (Movin’ Out (Anthony’s Song)) – 3分30秒
  2. ストレンジャー (The Stranger) – 5分10秒
  3. 素顔のままで (Just the Way You Are) – 4分52秒
  4. イタリアン・レストランで (Scenes from an Italian Restaurant) – 7分37秒
  5. ウィーン (Vienna) – 3分34秒
  6. 若死にするのは善人だけ (Only the Good Die Young) – 3分55秒
  7. シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン (She’s Always a Woman) – 3分21秒
  8. 最初が肝心 (Get It Right the First Time) – 3分57秒
  9. エヴリバディ・ハズ・ア・ドリーム (Everybody Has a Dream) – 6分38秒

このアルバムまでの作品でそこそこの成功を収めていたビリージョエル。

この作品で全米2位を獲得しました。正直1位になってもいいアルバムですよね。

70年代洋楽アルバム「ストレンジャー」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・The Stranger

日本ではヒットした「ストレンジャー」。

実はアメリカではシングルカットされていないんです。日本では大ヒットしたんですけどね。

いい曲なのに驚きですね。ソニーのCMソングとして有名でしたね。

イントロの口笛とツインギターのハモりが印象的です。

THE STRANGER  ザ ストレンジャー /  Billy Joel

Billy Joel – The Stranger (Audio)

・素顔のままで

この「素顔のままで」という日本語タイトルが秀逸だと思います。

シンプルな言葉で思いやりや愛情が感じられる日本語タイトルですね。

飾り気がないけど洒落ている曲調ととてもマッチしていると思います。

JUST THE WAY YOU ARE 素顔のままで  /  Billy Joel

Billy Joel – Just the Way You Are (Official Audio)

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!         1977年 第3位!スティーブ・ミラー・バンド

☆The Steve Miller Bnad  / BOOK OF DREAMS ペガサスの祈り

・「ペガサスの祈り」アルバム解説・

発売:1977年5月

プロデュース: スティーヴ・ミラー

チャート最高順位:アメリカ第2位、イギリス第12位

収録曲

  1. 飛翔 – Threshold 演奏時間:1:05
  2. ジェット・エアライナー – Jet Airliner 演奏時間:4:25
  3. 冬将軍 – Winter Time 演奏時間:3:10
  4. スイングタウン – Swingtown 演奏時間:3:54
  5. イカシた恋 – True Fine Love 演奏時間:2:37
  6. 星に希いを – Wish Upon a Star 演奏時間:3:39
  7. ジャングル・ラヴ – Jungle Love 演奏時間:3:10
  8. 憩い – Electro Lux Imbroglio 演奏時間:0:55
  9. 孤独の旅 – Sacrifice 演奏時間:5:17
  10. 激しい愛 – The Stake 演奏時間:3:56
  11. 安らぎの海辺 – My Own Space 演奏時間:3:00
  12. 森の散歩 – Babes in the Wood 演奏時間:2:40

ボクの範疇では、スティーブ・ミラーバンドの曲と言えば、この「ジェットエアライナー」と「フライ・ライク・アン・イーグル」なんですよね。

少し薄味の大人のアメリカ南部系のロックというイメージです。

カントリーやR&Bやロックンロールといったオーソドックスなアメリカン・ミュージックをポップに料理したのが、スティーブミラーバンドなのかな、といったところです。

1970年代洋楽アルバム「ペガサスの祈り」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・ジェット・エアライナー

スティーブミラーバンドの最大のヒット曲です。

カントリーっぽいアメリカ南部系のロックです。乾いた感じをお楽しみ下さい。

JET AIRLINER    /  Steve Miller Band

Jet Airliner

・ジャングル ラブ

なぜか不思議なシンセ音で始まるこの曲。少し歪んだギターの音が心地よいです。

さわやかで少しハードなカントリーロックです。

JUNGLE LOVE    /  Steve Miller Band

Jungle Love




洋楽ロックランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1977年 第4位!クイーン

☆Queen   / NEWS OF THE WORLD  世界に捧ぐ

「世界に捧ぐ」アルバム解説・

発売:1977年10月28日

プロデュース: クイーン、マイク・ストーン

チャート最高順位:アメリカ第3位、イギリス第4位

収録曲

アナログA面

1. 「ウィ・ウィル・ロック・ユー」(We Will Rock You) 2:01
2. 「伝説のチャンピオン」(We Are The Champion)  2:59
3. 「シアー・ハート・アタック」(Sheer Heart Attack)  3:26
4. 「オール・デッド」(All Dead, All Dead)  3:10
5. 「永遠の翼」(Spread Your Wings)  4:34
6. 「秘めたる炎」(Fight From The Inside)  3:03

アナログB面

1. 「ゲット・ダウン・メイク・ラヴ」(Get Down, Make Love) 3:51
2. 「うつろな人生」(Sleeping On The Sidewalk)  3:06
3. 「恋のゆくえ」(Who Needs you)  3:05
4. 「イッツ・レイト」(It’s Late) 6:26
5. 「マイ・メランコリー・ブルース」(My Melancholy Blues)  3:29


70年代洋楽アルバム「世界に捧ぐ」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

1977年の冬、ボクが初めて聴いたクイーンのアルバムが、この「世界に捧ぐ」でした。

なんんと2ヶ月という短期間で制作されたアルバムです。

前作までの「コテコテ感」はなく、リスナーに受け入れられやすい曲調になってきています。

これから紹介する2曲は、もう言わずと知れたクイーンの代表曲であり、いまさら説明の必要もないくらい有名な2曲です。とにかく聴いて頂きましょう。

さあ、みなさん、カタカナ歌唱で歌いましょう!!

QUEEN クイーン 来日!カタカナ歌詞①〜ウィーウィルロックユー〜

WE WILL ROCK YOU  /  Queen

Queen – We Will Rock You (Official Video)

WE ARE THE CHAMPIONS  伝説のチャンピオン  /  Queen

Queen – We Are The Champions (Official Video)

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!         1977年 第5位!アース、ウィンド&ファイアー

☆Earth Wind & Fire   / All ‘N All  太陽神

・「太陽神」アルバム解説・

発売:1977年11月21日

プロデュース: モーリス・ホワイト

チャート最高順位:アメリカ第3位

収録曲

1. 「”Serpentine Fire”」(太陽の戦士)  3:50
2. 「”Fantasy”」(宇宙のファンタジー)  4:37
3. 「”In the Marketplace”」(市のたつ広場)  間奏曲 0:43
4. 「”Jupiter”」(銀河の覇者)  3:11
5. 「”Love’s Holiday”」(ラヴズ・ホリデー)  4:22
6. 「”Brazilian Rhyme (Beijo)”」(ブラジルの余韻)  間奏曲 1:20
7. 「”I’ll Write a Song for You”」(聖なる愛の歌)  5:23
8. 「”Magic Mind”」(マジック・マインド)  3:38
9. 「”Runnin'”」(ランニン)  5:50
10. 「”Brazilian Rhyme (Ponta De Areia)”」(ブラジルの余韻)  間奏曲 0:53
11. 「”Be Ever Wonderful”」(ビー・エヴァー・ワンダフル)  5:07

アルバムジャケットは、日本人イラストレーター「長岡秀星」氏が手がけています。

ピラミッド、神殿、宇宙というコンセプトで描かれています。

ラメセス王の像の台座のヒエログリフの中に、風林火山の文字が隠されています。

ダブルプラチナム、全米チャート3位を獲得しています。

70年代洋楽アルバム「All’n’All」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・宇宙のファンタジー 

実はこの曲は、アメリカではそんなに振るわなかったのですが、当時ディスコブームであった日本ではチャート1位を獲得しています。

日本のファンによる人気投票では、「セプテンバー」についで2位のランキングされています。

FANTASY  /  Earth Wind & Fire

Earth, Wind & Fire – Fantasy (Official Music Video)

・銀河の覇者

ボクは、アース ウィンド& ファイアーの曲の中で、この曲が一番好きです。

スリリングなファンクミュージックです。

日本のグループ「スペクトラム」は、この曲の雰囲気に影響を受けているのではないかな、と思います。

JUPITER   /  Earth Wind & Fire

Earth, Wind & Fire – Jupiter (Audio)

次回は、70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1977年洋楽名盤10選」後半  です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク