シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1970年代洋楽アルバムyoutube動画1976年前半

こんにちは、hisaです。

今回もご覧頂きありがとうございます。

70年代の洋楽ロックは、かっこいい洋楽アーティストが多く、有名ヒット曲はもちろんのこと、バラード、CMで使われた曲も多く存在します。

ランキング形式で、ヒット曲を中心にして名盤アルバムの名曲をyoutube映像と音楽および1曲ずつの解説やエピソードなども交えてご紹介します。

たくさんの音楽が聴けます。ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

・1976年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1976年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

1976年になりました。

では洋楽のアルバムを見ていきましょう!

前回記事:70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1975年洋楽名盤10選」後半




1976年 昭和51年のヒット曲 日本編

1位 およげ!たいやきくん 子門真人 453.6万
2位 ビューティフル・サンデー ダニエル・ブーン 190.9万
3位 北の宿から 都はるみ 87.7万
4位 木綿のハンカチーフ 太田裕美 86.7万
5位 岸壁の母 二葉百合子 77.4万
6位 俺たちの旅 中村雅俊 75.7万
7位 あなただけを あおい輝彦 72.3万
8位 横須賀ストーリー 山口百恵 65.4万
9位 わかって下さい 因幡晃 61.4万
10位 あの日にかえりたい 荒井由実 53.9万
11位 なごり雪 イルカ 53.7万
12位 オー・マリヤーナ/ビューティフル・サンデー 田中星児 51.9万
13位 赤いハイヒール 太田裕美 48.6万
14位 めまい 小椋佳 47.7万
15位 山口さんちのツトム君 斉藤こず恵 47.2万
16位 愛に走って 山口百恵 46.5万
17位 センチメンタル 岩崎宏美 42.1万
18位 パールカラーにゆれて 山口百恵 40.9万
19位 ソウル・ドラキュラ ホット・ブラッド 39.6万
20位 ファンタジー 岩崎宏美 39.3万
21位 春一番 キャンディーズ 36.2万
22位 夏にご用心 桜田淳子 35.9万
23位 白い約束 山口百恵 35.0万
24位 弟よ 内藤やす子 34.9万
25位 ラブ・イズ・ブラインド ジャニス・イアン 34.3万
26位 君よ抱かれて熱くなれ 西城秀樹 33.5万
27位 揺れるまなざし 小椋佳 33.7万
28位 針葉樹 野口五郎 32.0万
29位 無縁坂 グレープ 32.7万
30位 未来 岩崎宏美 31.3万
31位 「いちご白書」をもう一度 バンバン 29.3万
32位 20歳のめぐり逢い シグナル 28.4万
33位 きらめき 野口五郎 28.2万
34位 恋人試験 松本ちえこ 27.7万
35位 愛の始発 五木ひろし 27.7万
36位 ねえ!気がついてよ 桜田淳子 27.4万
37位 傾いた道しるべ 布施明 27.0万
38位 ビューティフル・サンデー トランザム 27.0万
39位 ゆれてる私 桜田淳子 27.0万
40位 河内のオッサンの唄 ミス花子 26.8万
41位 盆帰り 中村雅俊 26.4万
42位 パタパタママ のこいのこ 25.7万
43位 翳りゆく部屋 荒井由実 25.6万
44位 青空、ひとりきり 井上陽水 25.5万
45位 落葉が雪に 布施明 24.5万
46位 あばよ 研ナオコ 24.0万
47位 あなたがいたから僕がいた 郷ひろみ 24.0万
48位 ジャガー 西城秀樹 23.7万
49位 霧のめぐり逢い 岩崎宏美 23.3万
50位 山口さんちのツトム君 川橋啓史 23.2万

洋楽ロックランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1976年 第1位レッドツェッペリン

☆Led Zeppelin   / PRESENCE

「プレゼンス」アルバム解説・

発売:1976年3月31日

プロデュース: ジミー・ペイジ

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第1位

収録曲

A面

  1. アキレス最後の戦い – Achilles Last Stand
  2. フォー・ユア・ライフ – For Your Life
  3. ロイヤル・オルレアン – Royal Orleans

B面

  1. 俺の罪 – Nobody’s Fault but Mine
  2. キャンディ・ストア・ロック – Candy Store Rock
  3. 何処へ – Hots on for Nowhere
  4. 一人でお茶を – Tea for One

レッドツェッペリンのアルバムの中で、「どれが1番か?」ときかれれば、ボクは迷わずこの「PRESENCE」を挙げます。

研ぎすまされた削ぎ落とされたバンドサウンドの「存在感」が強烈だからです。

曲数は少ないが、その分緊張感が高くストレートに響いてきます。

「硬質的なギターサウンド」「ズシンと重たいドラムサウンド」、これこそが「ヘヴィメタル」の語源ではないでしょうか。

重たくて金属的なツェッペリンサウンドこそ、「ヘヴィメタル」なのだと思います。

レコーディングを3週間ちょっとで終了させ、ミキシングも、その1ヶ月後には完了させています。

すごいハードワークの中で作られたアルバムです。

その緊張感がアルバム全体に満ちています。

アルバムジャケットの黒いオブジェは「オベリスク」と言って「バンドのパワーと存在感を視覚化したもの」だそうです。

70年代洋楽アルバム「プレゼンス」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・アキレス最後の戦い

ボクにとって、この「アキレス最後の戦い」こそが、ツェッペリン1番の曲です。

イントロ、アウトロの緊張感のある響きのアルペジオ、ドラマティックなギターソロ、しびれるようなドラムのフィルイン、神秘的な曲の展開、最高です。

今回もネブワースフェスティバルの映像で、ご堪能下さい。

ACHILLES LAST STAND  /  Led Zeppelin

Led Zeppelin – Achilles Last Stand (Live Knebworth 1979)

・俺の罪

後期のレッドツェッペリンらしいリズミックなグルーヴに、硬質なギターサウンドを乗せてブルージーなテイストで仕上がった曲ですね。

曲として派手さは少ないのですが、完成度は高く、ツェッペリンらしい曲だと思います。

NOBODY’S FAULT BUT MINE  /  Led Zeppelin

Nobody's Fault but Mine (1990 Remaster)




洋楽ヒット曲ランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1976年 第2位イーグルス

☆Eagles   / HOTEL CALIFORNIA

「ホテルカリフォルニア」アルバム解説・

発売:1976年12月8日

プロデュース: ビル・シムジク

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第2位

収録曲

Side 1

  1. ホテル・カリフォルニア – Hotel California – 6:30
  2. ニュー・キッド・イン・タウン – New Kid in Town – 5:04
  3. 駆け足の人生 – Life in the Fast Lane – 4:46
  4. 時は流れて – Wasted Time – 4:55

Side 2

  1. 時は流れて(リプライズ) – Wasted Time (Reprise) – 1:22
  2. 暗黙の日々 – Victim of Love – 4:11
  3. お前を夢みて – Pretty Maids All in a Row – 4:05
  4. 素晴らしい愛をもう一度 – Try and Love Again – 5:10
  5. ラスト・リゾート – The Last Resort – 7:25

言わずと知れた不朽の名作。アメリカで3番目に売れたアルバムだそうです。

現代社会・都市社会の歪みへのアンチテーゼ、ウエストコーストロック界の凋落、商業主義化したロック界への皮肉など意味深長な歌詞を持つ曲が多く収録されています。

アルバムは、8週連続第一位。1976年グラミー賞最優秀レコード賞を受賞しています。

70年代洋楽アルバム「ホテルカリフォルニア」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・ホテルカリフォルニア

この曲の作曲者は、ドンフェルダー。全米チャート1位を獲得しました。

ドンヘンリーは、この曲の歌詞について、「アメリカ文化の度を超した不品行と自分たちの知り合いの女の子についてだった。

芸術と商業主義の危ういバランスについてでもあった。」語っています。

「一度入ったら、好きな時にチェックアウトは出来ても、根本的に逃れることは決して出来ない」という歌詞がとても意味深いですね。

HOTEL CALIFORNIA  /  Eagles

Eagles – Hotel California

・ニュー キッド イン タウン

なんとこの曲は、ダリルホール&ジョンオーツのことを主人公のイメージモデルとして歌った曲なのだそうです。驚きました。

「街に新顔が現れた。」というのが、同年「Sara Smile」をヒットさせたホール&オーツのことなのでしょうね。

NEW KID IN TOWN  /  Eagles

New Kid in Town (2013 Remaster)

洋楽ヒット曲ランキング!70年代洋楽アルバム&名曲!   1976年 第3位スティーヴィーワンダー

☆Stevie Wonder   / SONGS IN KEY OF LIFE キーオブライフ

・「キー オブ ライフ」アルバム解説・

発売:1976年9月28日

プロデュース: スティーヴィー・ワンダー

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第2位

収録曲

  1. ある愛の伝説 – Love’s in Need of Love Today (7:04)
  2. 神とお話し – Have a Talk with God (2:40)
  3. ビレッジ・ゲットー・ランド – Village Ghetto Land (3:23)
  4. 負傷 – Contusion (3:44)
  5. 愛するデューク – Sir Duke (3:52)
  6. 回想 – I Wish (4:11)
  7. 孤独という名の恋人 – Knocks Me Off My Feet (3:34)
  8. 楽園の彼方へ – Pastime Paradise (3:26)
  9. 今はひとりぼっち – Summer Soft (4:12)
  10. 出逢いと別れの間に – Ordinary Pain (6:23)
  11. 可愛いアイシャ – Isn’t She Lovely (6:32)
  12. 涙のかたすみで – Joy Inside My Tears (6:28)
  13. ブラック・マン – Black Man (8:27)
  14. 歌を唄えば – Ngiculela – Es Una Historia – I Am Singing (3:47)
  15. イフ・イッツ・マジック – If It’s Magic (3:10)
  16. 永遠の誓い – As (7:06)
  17. アナザー・スター – Another Star (8:26)

このアルバムは、アメリカビルボード誌で13週連続1位を続け、イーグルスの「ホテルカリフォルニア」に1位を取られますが、また1位に返り咲くほどの大ヒットとなっています。

ボクが初めて聴いたスティーヴィーの曲は、中2くらいだったかなあ、FMラジオから流れてきた「アナザースター」でした。

この曲のギターは、ジョージベンソンだったのですね。これまで知りませんでいた。

こういったブログを書いていくのに、いろいろ調べていくと、「へ〜、そうなのか!!」ということがいっぱい出てきますね。

いろんなロックの歴史に触れることが出来て、とても楽しいです。

このアルバムに入っている曲名を見ると、スティーヴィーの代表曲が入っていて、シングルカットしていないのに、有名な曲もあります。

1970年代洋楽アルバム「キー・オブ・ライフ」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・回想

この曲は、1950年代から1960年代前半のスティーヴィーが子供時代のことを回想して作った曲です。とにかくファンキーでカッコいい。

ベースラインが特徴的でホーンセクションの使い方がセンスがいいですね。

コードやメロディに洗練された深みがあります。

I WISH  /  Stevie Wonder

I Wish

・可愛いアイシャ

日本では、車のCMや紅茶のCMに使われていたので聴いたことがある!という方もいらっしゃるかと思います。

スティーヴィーが自分の娘アイシャさんが生まれた時に作った曲です。

スティーヴィーの最近のライブでは、そのアイシャさんが、スティーヴィーのバンドのコーラスとして参加しています。

この曲を歌うお父さんスティーヴィーを見つめるアイシャさんにとても暖かさを感じます。

だってスーパースターのお父さんが、自分が生まれたことを喜んで作った曲ですもんね。

ISN’T SHE LOVELY?  可愛いアイシャ /  Stevie Wonder

Isn't She Lovely




洋楽ロックランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1976年 第4位ピーターフランプトン

☆Peter Frampton   / FRAMPTON COMES ALIVE

「フランプトン カムズ アライブ」アルバム解説・

発売:1976年1月6日

プロデュース: ピーター・フランプトン

チャート最高順位:アメリカ第1位 イギリス第6位

収録曲

  1. サムシング・ハプニング – “Something’s Happening” – 5:40
  2. ドゥービー・ワー – “Doobie Wah”  – 5:34
  3. ショウ・ミー・ザ・ウェイ – “Show Me the Way” – 4:34
  4. プレイン・シェイム – “It’s a Plain Shame” – 4:36
  5. オール・アイ・ウォント・トゥ・ビー – “All I Want to Be (Is By Your Side)” – 3:25
  6. ウィンド・オブ・チェンジ – “Wind of Change” – 2:45
  7. 君を求めて – “Baby, I Love Your Way” – 4:37
  8. アイ・ワナ・ゴー・トゥ・ザ・サン – “I Wanna Go to the Sun” – 7:14
  9. 空白の時間 – “Penny for Your Thoughts” – 1:22
  10. マネー – “(I’ll Give You) Money” – 5:36
  11. シャイン・オン – “Shine On” – 3:34
  12. ジャンピング・ジャック・フラッシュ – “Jumping Jack Flash” – 7:52
  13. ラインズ・オン・マイ・フェイス – “Lines on My Face” – 7:02
  14. ライク・ウィ・ドゥ – “Do You Feel Like We Do” – 14:15

このアルバムはあっと言う間に800万枚売れて、トータルでも1200万枚売れたアルバムです。

ピーターフランプトン自体は当時そんなにすごく有名ではありませんでした。

なんでそんなに売れたのかよくわからないある意味謎のルバムです。

聴いてみるとロックサウンドにポップで分かりやすいメロディライン。

屈託のないカラッとした明るい曲調、サウンドが受けたのでしょうね。

70年代洋楽アルバム「フランプトン カムズ アライブ」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・ショウ ミー ザ ウェイ

ピーターフランプトンが「トーキングモジュレイター」という機材にハマって、前面に出して作った曲がこの曲です。

ポップでとてもいい曲です。ヒットしたのもうなずけます。

演奏もしかりしていてノリがとてもいい。楽しくなる曲ですね。

SHOW ME THE WAY  /  Peter Frampton

Peter Frampton – Show Me The Way (Live Midnight Special 1975).avi

・Do You Feel Like We Do

ピーターフランプトンの魅力は、ポップなだけではなく、ギターソロなどロックバンドとしての演奏部分がカッチリしていることです。

そしてサビの部分が分かりやすく印象的で、カッコ良く引き立つように持っていってるところかと思います。

ハムバッキングピックアップが3つ並んだギブソンレスポールカスタムもピーターフランプトンの個性の部分ですね。

硬派な部分とアイドルっぽい部分が両立しているアーティストだと思います。

DO YOU FEEL LIKE WE DO  /  Peter Frampton

Peter Frampton Do You Feel Like We Do Midnight Special 1975 FULL

洋楽ロックランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!   1976年 第5位ボストン

☆Boston   / BOSTON 幻想飛行

「幻想飛行」アルバム解説・

発売:1976年11月

プロデュース: トム・ショルツ

チャート最高順位:アメリカ第3位

収録曲

  1. More Than a Feeling (宇宙の彼方へ)
  2. Peace of Mind
  3. Foreplay/Long Time
  4. Rock and Roll Band
  5. Smokin’
  6. Hitch a Ride
  7. Something About You
  8. Let Me Take You Home Tonight

ジャーニーやカンサスと並ぶアメリカン・プログレハードの雄です。

このアルバム、アメリカだけで1700万枚も売れ、全世界では2000万枚も売れています。

すごいですね。分厚くハードなギターサウンド、ハードなのにポップで聴きやすいメロディライン。きれいなコーラス。

ボストンがきっかけで「クラシックロック」という言葉が生まれています。

70年代洋楽アルバム「幻想飛行」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・More Than A Feeling

美しいアコースティックギターのアルペジオ、さわやかなコーラスワーク、細かくエフェクト処理を施した未来的でスペイシーなギターサウンド。

まさに「宇宙」というイメージがピッタリの曲ですね。

MORE THAN A FEELING  /  Boston

Boston – More Than a Feeling

・Feelin’  Satisfied

当時のライブ映像です。ギターの音がレコードと一緒ですねえ。

レコードでの緻密な音をライブで再現出来るのか?という疑問を誰しも持つと思います。

結構違和感なく再現出来てますね。すごいです。

FEELIN’ SATISFIED  /  Boston

Boston – Feelin' Satisfied – 6/17/1979 – Giants Stadium (Official)

次回は、70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1976年洋楽名盤10選」後半 です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク