シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1973年ヒット曲洋楽ロック70年代洋楽アルバム名盤前半

こんにちは、hisaです。

今回もご覧頂きありがとうございます。

70年代の洋楽ロックは、かっこいい洋楽アーティストが多く、有名ヒット曲はもちろんのこと、バラード、CMで使われた曲も多く存在します。

ランキング形式で、ヒット曲を中心にして名盤アルバムの名曲をyoutube映像と音楽および1曲ずつの解説やエピソードなども交えてご紹介します。

たくさんの音楽が聴けます。ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

・1973年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1973年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

1973年に入ってきました。70年代になると名盤が目白押しで、10枚選ぶのも大変です。基本、「聴いたことがあるもの」で「自分が好きなもの」を選びます。選ぶ際に、もう忘れかけていたけど、改めて聴いてみたらスゴく良かったというものもあります。

初めて聴いた学生の頃と50代の今では、感じ方も変わってきています。

良さが分かる年齢になったのかもしれませんね。

では1973年をスタートします!

前回記事:70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1972年洋楽名盤10選」後半




1973年 昭和48年のヒット曲 日本編

1位 女のみち 宮史郎とぴんからトリオ 181.2万
2位 女のねがい 宮史郎とぴんからトリオ 84.0万
3位 学生街の喫茶店 ガロ 76.2万
4位 喝采 ちあきなおみ 62.7万
5位 危険なふたり 沢田研二 61.9万
6位 神田川 かぐや姫 58.0万
7位 心の旅 チューリップ 50.8万
8位 恋する夏の日 天地真理 50.2万
9位 若葉のささやき 天地真理 48.1万
10位 赤い風船 浅田美代子 48.1万
11位 わたしの彼は左きき 麻丘めぐみ 45.6万
12位 君の誕生日 ガロ 45.2万
13位 ふたりの日曜日 天地真理 44.7万
14位 愛への出発 郷ひろみ 42.9万
15位 ちぎれた愛 西城秀樹 41.1万
16位 裸のビーナス 郷ひろみ 38.6万
17位 草原の輝き アグネス・チャン 38.5万
18位 個人授業 フィンガー5 37.6万
19位 なみだ恋 八代亜紀 37.1万
20位 赤とんぼの唄 あのねのね 36.4万
21位 漁火恋唄 小柳ルミ子 36.4万
22位 怨み節 梶芽衣子 34.3万
23位 あなたの灯 五木ひろし 34.1万
24位 てんとう虫のサンバ チェリッシュ 33.5万
25位 イエスタデイ・ワンス・モア カーペンターズ 33.3万
26位 避暑地の恋 チェリッシュ 33.0万
27位 中学三年生 森昌子 32.8万
28位 ひなげしの花 アグネス・チャン 32.8万
29位 春のおとずれ 小柳ルミ子 31.2万
30位 小さな体験 郷ひろみ 30.4万
31位 他人の関係 金井克子 30.4万
32位 そして、神戸 内山田洋とクールファイブ 30.2万
33位 君が美しすぎて 野口五郎 29.9万
34位 若草の髪かざり チェリッシュ 28.6万
35位 傷つく世代 南沙織 27.1万
36位 妖精の詩 アグネス・チャン 27.0万
37位 色づく街 南沙織 25.8万
38位 コーヒーショップで あべ静江 24.7万
39位 胸いっぱいの悲しみ 沢田研二 24.7万
40位 情熱の嵐 西城秀樹 24.6万
41位 女のゆめ 宮史郎とぴんからトリオ 24.4万
42位 ロマンス ガロ 24.2万
43位 同棲時代 大信田礼子 24.0万
44位 ふるさと 五木ひろし 23.8万
45位 霧の出船 五木ひろし 23.3万
46位 愛の休日 ミッシェル・ポルナレフ 23.1万
47位 あなたが帰る時 三善英史 22.5万
48位 あなたへの愛 沢田研二 22.5万
49位 オレンジの雨 野口五郎 22.1万
50位 恋にゆれて 小柳ルミ子 22.1万

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1973年第1位!  レッド・ツェッペリン

☆Led Zeppelin  / HOUSES OF THE HOLY

・「聖なる館」アルバム解説・

発売:1973年3月28日

プロデュース: ジミー・ペイジ

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第1位

A面

  1. 永遠の詩 – The Song Remains the Same (Page & Plant)
  2. レイン・ソング – The Rain Song (Page & Plant)
  3. 丘のむこうに – Over the Hills and Far Away (Page & Plant)
  4. クランジ – The Crunge (Bonham, Jones, Page & Plant)

B面

  1. ダンシング・デイズ – Dancing Days (Page & Plant)
  2. デジャ・メイク・ハー – D’yer Mak’er (Page, Plant, Jones & Bonham)
  3. ノー・クォーター – No Quarter (Page, Plant & Jones)
  4. オーシャン – The Ocean (Page, Plant, Jones & Bonham)

70年代洋楽アルバム「Houses Of the Holy」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・The Rain Song

ツェッペリンのアルバムの中で、最もブライトなサウンドでポップな作品と言えます。

このアルバムは、チャートアクションはスゴかったのですが、評論家からはこき下ろされました。

ハードな曲やブルースナンバーがなかったからではないかと言われています。

静かな曲なんだけど、コードの響きがきれいでストリングス風のメロトロンが印象的な曲です。

個人的にとても好きな曲です。

THE RAIN SONG   / Led Zeppelin

The Rain Song – Led Zeppelin

・No Quarter

レッドツェッペリンの曲の中で、もっとも神秘的な響きを持った曲です。

この独特のコードの響きが実は大好きでこの曲をチョイスしました。

皆さんもぜひ聴いてみて下さい。

NO QUARTER   / Led Zeppelin

Led Zeppelin – No Quarter Live 1973 best audio mix

洋楽ヒットランキング!70年代洋楽名曲!1973年第2位!  ピンクフロイド

☆Pink Floyd  / THE DARK SIDE OF THE MOON

・「The Dark Side Of The Moon」アルバム解説・

発売:1973年3月1日

プロデュース: ピンク・フロイド

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第2位

  1. スピーク・トゥ・ミー – Speak to Me (Mason)
  2. 生命の息吹き – Breathe (Gilmour, Waters, Wright)
  3. 走り回って – On the Run (Gilmour, Waters)
  4. タイム〜ブリーズ(リプライズ) – Time〜Breathe (Reprise) (Gilmour, Waters, Wright, Mason)
  5. 虚空のスキャット – The Great Gig in the Sky (Wright)
  6. マネー – Money (Waters)
  7. アス・アンド・ゼム – Us and Them (Wright, Waters)
  8. 望みの色を – Any Colour You Like (Gilmour, Wright, Mason)
  9. 狂人は心に – Brain Damage (Waters)
  10. 狂気日食 – Eclipse (Waters)

人間の内面の狂気を描き出すというコンセプトをもとに作られたアルバム。

ピンクフロイドの代表作です。

日本でもオリコンチャートの2位まで浮上しました。

プログレッシブロックの名盤中の名盤。

70年代洋楽アルバム「The Dark Side Of The Moon」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Time

初めて聴いたのは、高校生になりたての頃だったような気がするのですが、心臓の音やたくさんの時計が鳴り響く音がやたらにクリアで、とっても怖かったという記憶があります。

この「Time」で印象的なのは、デヴィッドギルモアのギターソロです。

ロングノートを多用したタメの効いたソロがグッと来ますね。

TIME   / Pink Floyd

Pink Floyd – Time (2011 Remastered)

・Money

この曲の冒頭に出てくるレジスターの音は、なんと編集に30日かかっているそうなのだ。

アメリカでシングルカットされて全米13位まで上がったヒット曲であるが、ギターソロがカットされ、メンバーに許可を得ずレコード会社が勝手にシングルカットしてメンバーが激怒した、というエピソードがあるそうです。

MONEY   / Pink Floyd

Pink Floyd – Money (Official Music Video)




洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1973年第3位!  ポールマッカートニー&ウイングス

☆Paul McCartney & Wings  / RED ROSE SPEEDWAY

・「レッドローズスピードウェイ」アルバム解説・

発売:1973年6月20日日本リリース

プロデュース: ポール&リンダ・マッカートニー

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第5位

  1. ビッグ・バーン・ベッド – “Big Barn Bed” – 3:50
  2. マイ・ラヴ – “My Love” – 4:08
  3. ゲット・オン・ザ・ライト・シング – “Get On The Right Thing” – 4:16
  4. ワン・モア・キッス – “One More Kiss” – 2:29
  5. リトル・ラム・ドラゴンフライ – “Little Lamb Dragonfly” – 6:20
  6. シングル・ピジョン – “Single Pigeon” – 1:53
  7. ホエン・ザ・ナイト – “When The Night” – 3:37
  8. ループ – “Loup (1st Indian On The Moon)” – 4:23
  9. メドレー – Medley – 11:16
    1.ホールド・ミー・タイト – “Hold Me Tight”
    2.レイジー・ダイナマイト – “Lazy Dynamite”
    3.ハンズ・オブ・ラヴ – “Hands of Love”
    4.パワー・カット – “Power Cut”

アルバム全体の出来としては、このアルバムよりも次のアルバムの方が良いと思うのですが、大好きな曲が入っているのでピックアップしました。

前作の「ウイングスワイルドライフ」が酷評され、セールス的にもふるわなかったので、レコード会社は、バンド名に「ポールマッカートニー」の名前を入れるよう指示したのだそうです。

このアルバムは、「マイラブ」のヒットともに3週間にわたって1位を獲得しました。

70年代アーティスト洋楽バラードの最高峰!おすすめ曲「My Love」youtube映像

・My Love

「MY LOVE」はポールマッカートニーの奥様であったリンダマッカートニーへの愛を歌った曲です。

とても優しいバラードで本当に素敵な歴史に残る名バラードだと思います。

では、聴いて下さい、

MY LOVE  /  Paul McCartney & Wings

My Love (2018 Remaster)

70年代洋楽アルバム「 Red Rose Speedway」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・The Mess

シングル「My Love」のB面に収録された曲です。

実は公式ヴァージョンがライブ音源という珍しいパターンです。

なかなか軽快なロックナンバーですね、なんて思ってたらいろいろパターンが変わっていく不思議な曲であります。

最後まで聴いてみてくださいね。

The Mess  /  Paul McCartney & Wings

The Mess (Live At The Hague/1972)

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1973年第4位!  オールマンブラザースバンド

☆Allman Brothers Band  / BROTHERS & SISTERS

・「Brothers & Sisters」アルバム解説・

発売:1973年8月1日

プロデュース: ジョニー・サンドリン、オールマン・ブラザーズ・バンド

チャート最高順位:アメリカ第1位

Side 1

  1. むなしい言葉 – “Wasted Words” (Gregg Allman) – 4:20
  2. ランブリン・マン – “Ramblin’ Man” – 4:48
  3. カム・アンド・ゴー・ブルース – “Come and Go Blues” (G. Allman) – 4:55
  4. ジェリー・ジェリー – “Jelly Jelly” (Billy Eckstine, Earl Hines) – 5:46

Side 2

  1. サウスバウンド – “Southbound” – 5:10
  2. ジェシカ – “Jessica” – 7:31
  3. ポニー・ボーイ – “Pony Boy” – 5:51

このアルバムは、母国アメリカで第1位を獲得しました。

デュアンオールマンら主要メンバーが2人亡くなってもそれを乗り越えて素晴らしい作品を作れたという高い評価がされています。

カントリーミュージックのおおらかで明るい雰囲気、即興演奏的な音楽性を加味し、独自のスタイルを築きました。

70年代洋楽アルバム「Brothers & Sisters」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Jessica

あくまでボクの中では、という前置きをするのですが、オールマンブラザースというと、インストゥルメンタルというイメージなんです。

ヴォーカルナンバーのほうがはるかに多いんですけどね。

ボクにとっては、この「ジェシカ」こそがオールマンブラザースなんです。

カントリーっぽいメロディアスなギターのハモりをご堪能下さい。

JESSICA / Allman Brothers Band

Jessica

・Ramblin’ Man

オールマンブラザースのヴォーカルナンバーは、正直あまり聴いたことがなかったんです。

今回改めて聴いてみると、なんだか爽やかな感じがしますねえ。

なんだか気持ちいい。やはりカントリーのテイストがあるからでしょうか。

カラっと明るくてさわやかな雰囲気がGOODです。

RAMBLIN’ MAN / Allman Brothers Band

Ramblin' Man

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1973年第5位!  グランド・ファンク・レイルロード

☆Grand Funk Railroad  / WE’RE AN AMERICAN BAND

・「We’re An American Band」アルバム解説・

発売:1973年7月15日

プロデュース: トッド・ラングレン

チャート最高順位:アメリカ第2位

1. 「We’re an American Band」 Don Brewer 3:27
2. 「Stop Lookin’ Back」 Don Brewer / Mark Farner 4:52
3. 「Creepin」 Mark Farner 7:02
4. 「Black Licorice」 Don Brewer / Mark Farner 4:45
5. 「The Railroad」 Mark Farner 6:12
6. 「Ain’t Got Nobody」 Don Brewer / Mark Farner 4:26
7. 「Walk Like a Man」 Don Brewer / Mark Farner 4:05
8. 「Loneliest Rider」 Mark Farner 5:17

70年代洋楽アルバム「アメリカン・バンド」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・We’re An American Band

なんとこのアルバムをプロデュースしたのは、トッドラングレンだという、そこがなんだか不思議な感じです。

リスナー向けの注意書きには「フルヴォリュームでお聴き下さい。」と書いてあったんだそうです。

それくらいのパワフルさがタイトル曲の「アメリカンバンド」にはありますよね。

WE’RE AN AMERICAN BAND  /  Grand Funk Railroad

Grand Funk Railroad – We're An American Band song [promo film]

・Creepin’

ツェッペリンの「ノークォーター」とか「貴方を愛し続けて」を少しアップテンポにしたような感じかなあ。

閑かさの中から後半にかけて徐々に盛り上がっていく感じです。

CREEPIN’  /  Grand Funk Railroad

Creepin' (Remastered)

次回は、70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1973年洋楽名盤10選」後半 です。

70年代は、多様なスタイルの音楽がヒットチャートに混在していました。

今でも評価されているアルバムがほんといっぱいありますね。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク