シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二宮愛さんカバー曲邦楽井上陽水Yoasobi





こんにちは、hisaです。

今回の井上陽水さんのカバーは、めっちゃ良いです!!!

必聴中の必聴!!というか全ての曲が素敵なものばかりなんですけどね。

Yoasobiは、名前だけなんだか聞いたことがあるような…というくらいの知識しかないのであります。なので愛さんのカバーで初めて聴くわけです〜。

今回は原曲も掲載しちゃいますね。(自分がよくわかってないので笑)

前回記事:二宮 愛さんカバー曲紹介洋楽編アリシア&アイリッシュ

関連記事:★洋楽おすすめレジェンドギタープレイヤー名鑑      

       ★不滅の年代別ギター名盤アルバム紹介 

ライブ動画:来日公演セットリスト&ライブyoutube動画!

カテゴリー:二宮愛さんの素敵な歌を楽しむカテゴリー

オススメ:80年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

オススメ:70年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

おすすめ:おすすめポップスの話題

AI NINOMIYA 二宮愛さんのyoutube チャンネルです。

登録すると、毎週素敵な歌声が更新されますよ〜!!

二宮 愛さんカバー曲「いつのまにか少女は」/ 井上陽水

この曲についての愛さんのコメントです。

今回は、昔から好きだった井上陽水さんの「いつのまにか少女は」を歌わせていただきました。
井上陽水さんの書く曲と詩は、大人になるにつれて読み返す度に胸に響くものがあります。

その中でも「いつのまにか少女は」の歌詞は、自分自身も体験した【大人になる】という感覚、そして歳下の子たちと接していると解る時間の経過を、少ない言葉で見事にまとめ上げている素晴らしい曲だと思って心からリスペクトしていて大好きな曲です!

もうすぐやってくる、夏の暑い日々にぴったりだと思うので、是非聴いてください。

素晴らしい曲をこんなに綺麗に表現してくれる。

毎回のことで申し訳ないのですが、なんて言っていいかわからない。

ただただ心が震える歌がここにある。

少ない言葉だからこそ、ストレートに心に届きます。

友人に陽水さんのファンがいるのですが、愛さんのカバーを聴いて、

「これ、素晴らしいね!!」と言ってくれました。

陽水さんの世界観を、愛さん自身の解釈で歌い切っていて、引き込まれていきますね。

「いつのまにか少女は」/ 井上陽水 歌詞

いつのまにか青い空がのぞいてる
思いつめた黒い雲は 逃げてゆく
君はどこで生まれての育ってきたの
君は静かに 音もたてずに 大人になった
Un un Un un un

白い膚が 光に触れまぶしそう
髪の色は 青い空に浮きたって
燃える夏の太陽は そこまできてる
君は季節が変わるみたいに 大人になった
Un un Un un un

いつのまにか 「愛」を使うことを知り
知らず知らず 「恋」と遊ぶ人になる
だけど春の短さを 誰も知らない
君の笑顔は悲しいくらい 大人になった
Un un Un un un Un un un

「いつのまにか少女は」/ 井上陽水 原曲

陽水さんの原曲です。

ボク自身は、愛さんの方を先に聴いているわけですが、違和感が全くありません。

どちらも本当に素晴らしいですね。

二宮 愛さんカバー曲「夜に駆ける」/ YOASOBI

最近リリースされたものは、愛さんをカバーを聴いてから原曲を聴くというボクの中でよくあるパターンの曲です。

「原曲と全然違うじゃん!!」に驚きましたね。

YOASOBI /夜に駆ける 歌詞

沈むように溶けてゆくように
二人だけの空が広がる夜に

「さよなら」だけだった
その一言で全てが分かった
日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた

初めて会った日から
僕の心の全てを奪った
どこか儚い空気を纏う君は
寂しい目をしてたんだ

いつだってチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
触れる心無い言葉うるさい声に
涙が零れそうでも
ありきたりな喜び
きっと二人なら見つけられる

騒がしい日々に笑えない君に
思い付く限り眩しい明日を
明けない夜に落ちてゆく前に
僕の手を掴んでほら
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も
抱きしめた温もりで溶かすから
怖くないよいつか日が昇るまで
二人でいよう

君にしか見えない
何かを見つめる君が嫌いだ
見惚れているかのような恋するような
そんな顔が嫌いだ

信じていたいけど信じれないこと
そんなのどうしたってきっと
これからだっていくつもあって
そのたんび怒って泣いていくの
それでもきっといつかはきっと僕らはきっと
分かり合えるさ信じてるよ

もう嫌だって疲れたんだって
がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君
もう嫌だって疲れたよなんて
本当は僕も言いたいんだ

ほらまたチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
君の為に用意した言葉どれも届かない
「終わりにしたい」だなんてさ
釣られて言葉にした時
君は初めて笑った

騒がしい日々に笑えなくなっていた
僕の目に映る君は綺麗だ
明けない夜に溢れた涙も
君の笑顔に溶けていく

変わらない日々に泣いていた僕を
君は優しく終わりへと誘う
沈むように溶けてゆくように
染み付いた霧が晴れる
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に
差し伸べてくれた君の手を取る
涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく
繋いだ手を離さないでよ
二人今、夜に駆け出していく

YOASOBI /夜に駆ける 原曲

次回は、洋楽編ジャミロクワイ&コールドプレイです。お楽しみに!

筆者のyoutubeチャンネル(演奏動画あり!!)

オススメ:80年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

オススメ:70年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!!

また読んでくださいね!!

ホームに戻る

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク