シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1989年の80年代 洋楽 名盤!ダンス&ソウル&ハード

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

80年代洋楽アルバムは、今でも人気が高く様々な洋楽アーティストや伝説のバンドが存在します。

ヒット曲・名曲はもちろん、有名なバラード、かっこいい女性シンガーも多いです。

ボクのおすすめアルバムをチャートランキング順で紹介します。

youtube映像の音楽で代表曲を視聴出来ます。

 

 記事内容は、

・1989年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1989年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

ついに80年代も最後の年になりました。

そして、「昭和」から「平成」に突入しました!

80年代最後なんで景気よくぶっ飛ばしていきたいと思います!!

前回記事:80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1988年名盤名曲10選」後半




邦楽ヒット曲 1989年 昭和64年 平成1年

1989年の日本のヒット曲をご紹介します。

  • プリンセス・プリンセス「Diamonds」「世界でいちばん熱い夏」
  • 光GENJI「太陽がいっぱい」
  • 工藤静香「黄砂に吹かれて」「嵐の素顔」
  • 長渕剛「とんぼ」
  • 男闘呼組「TIME ZONE」
  • Wink「愛が止まらない」「淋しい熱帯魚」
  • 森高千里「17才」
  • 爆風スランプ「Runner」「リゾ・ラバ -Resort Lovers-」
  • TM NETWORK「GET WILD ’89」「COME ON EVERYBODY」
  • 竹内まりや「シングル・アゲイン」
  • BARBEE BOYS「目を閉じておいでよ」
  • 宮沢りえ「ドリームラッシュ」
  • 徳永英明「最後の言い訳」「恋人」
  • 小泉今日子「学園天国」
  • 斉藤由貴「夢の中へ」
  • 中山美穂「Virgin Eyes」
  • 浜田麻里「Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」
  • 田原俊彦「ごめんよ涙」
  • COMPLEX「BE MY BABY」
  • ZIGGY「GLORIA」
  • 久保田利伸「Dance If You Want It」「Indigo Waltz」
  • SHOW-YA「限界LOVERS」
  • 渡辺美里「ムーンライト ダンス」「虹をみたかい」
  • 米米CLUB「FUNK FUJIYAMA」
  • ザ・タイマーズ「デイ・ドリーム・ビリーバー」
  • ユニコーン「大迷惑」
  • 永井真理子「ミラクル・ガール」
  • レベッカ「One More Kiss」
  • 矢沢永吉「SOMEBODY’S NIGHT」
  • 中森明菜「LIAR」
  • TUBE「SUMMER CITY」
  • 氷室京介「SUMMER GAME」
  • 松任谷由実「ANNIVERSARY〜無限にCALLING YOU」
  • 和田アキ子「だってしょうがないじゃない」
  • 井上陽水「リバーサイドホテル」
  • 牛若丸三郎太「勇気のしるし〜リゲインのテーマ〜」
  • 美空ひばり「川の流れのように」
  • PERSONZ「DEAR FRIENDS」
  • B’z「君の中で踊りたい」「BAD COMMUNICATION」
  • ECHOES「ZOO」
  • 聖飢魔II 「白い奇蹟」で第40回NHK紅白歌合戦出場
  • Xがアルバム『BLUE BLOOD』(「紅」「ENDLESS RAIN」等収録)でメジャーデビュー

80年代洋楽ヒット曲ランキング!80年代女性アーティスト!1989年第1位!  ジャネット ジャクソン

☆Janet Jackson  /  RHYTHN NATION 1814  リズム ネイション

・「Rhythm Nation 1814」アルバム解説・

発売:1989年9月19日

プロデュース: ジャム&ルイス、ジャネット・ジャクソン、Jellybean Johnson

チャート最高順位:アメリカ第1位

1. 「インタールード:誓い」(Interlude: Pledge) 0:47
2. 「リズム・ネイション」(Rhythm Nation)  5:31
3. 「インタールード:T.V.」(Interlude: T.V.) 0:22
4. 「ステイト・オブ・ザ・ワールド」(State of the World)  4:48
5. 「インタールード:レース」(Interlude: Race) 0:05
6. 「ザ・ノウリッジ」(The Knowledge)  3:54
7. 「インタールード:レッツ・ダンス」(Interlude: Let’s Dance) 0:03
8. 「ミス・ユー・マッチ」(Miss You Much)  4:12
9. 「インタールード:カム・バック・インタールード」(Interlude: Come Back) 0:21
10. 「ラヴ・ウィル・ネヴァー・ドゥー」(Love Will Never Do (Without You))  5:50
11. 「リヴィン・イン・ア・ワールド」(Livin’ in a World (They Didn’t Make))  4:41
12. 「オールライト」(Alright)  6:26
13. 「インタールード:ヘイ・ベイビー」(Interlude: Hey Baby) 0:10
14. 「エスカペイド」(Escapade)  4:44
15. 「インタールード:ノー・アシッド」(Interlude: No Acid) 0:05
16. 「ブラック・キャット」(Black Cat)  4:50
17. 「ロンリー」(Lonely)  4:59
18. 「カム・バック・トゥ・ミー」(Come Back to Me)  5:33
19. 「サムデイ・イズ・トゥナイト」(Someday Is Tonight) 6:00
20. 「インタールード:暗闇に生きて」(Interlude: Livin’…In Complete Darkness) 1:07

80年代洋楽アルバム「Rhythm Nation 1814」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Rhythm Nation

このアルバムは、社会現象・サウンド・楽曲・アレンジ・PVにおいて、強烈なクオリティを残したアルバムだと思います。

「Control」の時も書いたのですが、ジャネットさんは、そんな歌が上手い訳ではないです。

ヴォーカルのメロディラインやハーモニーのアレンジは秀逸で、「リズム」に主眼を置いたジャム&ルイスのプロデュースもパーフェクトです。

曲間に「interlude(間奏という意味)」を入れてノンストップで続いているような手法をとっています。

歌詞においては、人種差別、性差別、ホームレス、薬物などの政治問題を積極的に取り入れています。

では、アルバムタイトル「Rhythm Nation」を聴いて下さい。

Janet Jackson   /  RHYTHM NATION

Janet Jackson – Rhythm Nation (Official Music Video)

・The Knowledge

この曲は、曲自体は淡々とした曲なんですけど、タイトでシャープな音で構成されているリズムやサンプリングされている音とその散りばめ方が「どうやったらそんなのが考えつくことが出来るのか?」というレベルなんです。

ベースラインの持っていき方も強烈です。恐るべしというクオリティです。

Janet Jackson   /  THE KNOWLEDGE

Janet "The Knowledge"
The Knowledge

・Black Cat

この曲は、ハードロック色が強くて、ギターサウンドを全面に押し出した曲です。

ロック色が強いとは言っても、グルーヴ感満載です。

ギターの音も実にいい音です。

アルバムでは、ザ・タイムのジェシージョンソンがギターを弾いています。

いや〜いいですね。

Janet Jackson   /  BLACK CAT

Janet Jackson – Black Cat (Official Video)

80年代洋楽ヒットランキング!洋楽80年代名盤!     1989年第2位!  モトリークルー

☆Motley Crue  / DR. FEELGOOD  ドクター フィールグッド

・「Dr.Feelgood」アルバム解説・

発売:1989年9月1日

プロデュース: ボブ・ロック

チャート最高順位:アメリカ第1位

  1. TNT – T.nT. (Terror ‘n Tinseltown) [0:42]
  2. ドクター・フィールグッド – Dr.Feelgood [4:50]
  3. スライス・オブ・ユア・パイ – Slice Of Your Pie [4:32]
  4. ラトルスネイク・シェイク – Rattlesnake Shake [3:40]
  5. キックスタート・マイ・ハート – Kickstart My Heart [4:43]
  6. ウィズアウト・ユー – Without You [4:29]
  7. セイム・オール・シチュエーション – Same Ol’ Situation (S.O.S.) [4:12]
  8. スティッキー・スウィート – Sticky Sweet [3:52]
  9. シー・ゴーズ・ダウン – She Goes Down [4:37]
  10. ドント・ゴー・アウェイ・マッド – Don’t Go Away Mad (Just Go Away) [4:40]
  11. タイム・フォー・チェンジ – Time For Change [4:45]

80年代洋楽アルバム「Dr.Feelgood」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Dr.Feelgood

モトリークルーのアルバムの中で、これが一番カッコいいとボクは思うんだけど、皆さんはどうでしょう。

何と言っても、トミーリーのドラムがカッコいい!

「この人、こんなにグルーヴしてるドラムが叩けるんだ!」と驚きました。

このバンドは、うねるようなトミーリーのドラムと、実は、かなりグルーヴしているミックマーズのギターがセールスポイントなのです。

この曲のギターリフもこれだけカッコいいノリを出して弾き切るのは、かなりリズムのいい人でないと難しいです。

リズムが弱い人が弾くと全然ハネなくてノリが出ないんです。

とにかく、ドライヴ感抜群のめっちゃカッコいい曲です。

DR. FEELGOOD  /  Motley Crue

Mötley Crüe – Dr. Feelgood (Official Music Video)

・Slice Of Your Pie

2曲目をどれにしようかと迷ったのですが、この曲にしました。

普通に考えれば「Kick Start My Heart」なんでしょうけど、「ドライブ感のある曲」で考えて「Slice Of Your Pie」も入れました。

ゆっくりなテンポでの16ビートのシャッフルに、ハードなギターサウンドがうねるようなドライヴ感を出していてボクは好きです。

後半はビートルズっぽいアルペジオが続いて広がりを出していますね。

SLICE OF YOUR PIE  /  Motley Crue

Slice Of Your Pie

・Kick Start My Heart

と言いながらもこの曲を入れておきますね。ライブヴァージョンでどうぞ。

KICK START MY HEART / Motley Crue

Mötley Crüe – Kick Start My Heart (The End, Live In Los Angeles)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1989年第3位!  プリンス

☆Prince  /  BATMAN  バットマン

・「Batman」アルバム解説・

発売:1989年6月20日

プロデュース: プリンス

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第1位

Side one

1. “The Future” 4:07
2. “Electric Chair” 4:07
3. “The Arms of Orion” 5:02
4. “Partyman” 3:11
5. “Vicki Waiting” 4:51

Side two

6. “Trust” 4:23
7. “Lemon Crush” 4:15
8. “Scandalous”  6:14
9. “Batdance” 6:13

80年代洋楽アルバム「 Batman」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Electric Chair

このアルバムは、映画「バットマン」のサウンドトラックではないらしいです。

というのは、映画に入っていない曲が結構あるからだそうです。

「バットマン」からインスピレーションを受けたアルバムというのが正しいところでしょうか。

前作の「LOVESEXY」がマニアックすぎたので、これくらいの方がしっくりきますね。

最初に紹介する曲は「電気イス」というおどろおどろしいタイトルなのですが、実はカッコいいプリンスらしいファンクなのであります。ではどうぞ。

Prince   /  ELECTRIC CHAIR

Electric Chair

・Batdance

こちらは、ご存知「バットダンス」です。

3段階に構成されていて、最初と最後はアップテンポで中盤は、ミドルテンポのギターカッティングがカッコいいファンクとなっています。

前作に比べるとストレートな感じですね。では聴いて下さい。

Prince   /  BATDANCE

Prince – Batdance (Official Music Video)

洋楽ヒット曲ランキング!80年代洋楽名曲!       1989年第4位!  マイケル ボルトン

☆Michael Bolton  / SOUL PROVIDER  ソウル プロヴァイダー

・「Soul Provider」アルバム解説・

発売:1989年6月19日

プロデュース: Peter Bunetta and Rick Chudacoff (tracks 1 & 9); Michael Bolton (tracks 2, 5-8 & 10); Desmond Child (track 5); Barry Mann (track 10); Guy Roche (track 7); Michael Omartian (tracks 3, 4 & 10); Susan Hamilton (track 2); Walter Afanasieff (track 7)

チャート最高順位:アメリカ第3位

1. “Soul Provider”  4:28
2. “Georgia on My Mind” 4:58
3. “It’s Only My Heart”  4:33
4. “How Am I Supposed to Live Without You”  4:15
5. “How Can We Be Lovers?”  3:55
6. “You Wouldn’t Know Love”  3:54
7. “When I’m Back on My Feet Again”  3:47
8. “From Now On” (Duet with Suzie Benson)  4:07
9. “Love Cuts Deep”  3:49
10. “Stand Up for Love”  4:44
11. “Forever Eyes”  4:23

80年代洋楽男性アーティストバラードおすすめ曲「HOW I SUPPOSED TO LIVE WITHOUT YOU」youtube動画

・How I Supposed To Live Without you

マイケルボルトンさんは、もともとハードロックの人で、ソロアルバム第一弾もハードロックでした。

でも鳴かず飛ばずでした。この方のルーツは、ハードロックではなくソウルやバラードなのだそうで、原点回帰してからはヒットを出すようになりました。

久しぶりにハードロック時代の映像を見てみたら、歌い方がハードロックじゃないのに、ハードロックに乗っけてるって感じで、原点回帰は正解だったんだな、と思いました。

最初に紹介するのは、ローラブラニガンに提供した曲をセルフカバーしたもので大ヒットした曲です。

マイケルが作曲した曲です。

HOW I SUPPOSED TO LIVE WITHOUT YOU  /  Michael Bolton

Michael Bolton – How Am I Supposed To Live Without You

・Soul Provider

マイケルボルトンは、「カバーの人」というイメージだったのですが、結構楽曲提供をされていて、作曲力も高い方なのだということが分かりました。

この「Soul Provider」もマイケルボルトンのヴォーカルスタイルに合っていていい感じの曲だと思います。大人のサウンドですね。

SOUL PROVIDER  /  Michael Bolton

Michael Bolton – Soul Provider (Official Video)

80年代洋楽おすすめランキング!80年代洋楽アルバム!  1989年第5位!  The B−52’s

☆The B-52’s  /  COSMIC THING コスミック シング

・「Cosmic Thing」アルバム解説・

発売:1989年6月27日

プロデュース: Nile Rodgers、Don Was

チャート最高順位:アメリカ第4位、イギリス第8位

Side one

1. “(Shake That) Cosmic Thing”  3:50
2. “Dry County”  4:54
3. “Deadbeat Club”  4:45
4. “Love Shack”  5:21
5. “Junebug”  5:04

Side Two

6. “Roam”  4:54
7. “Bushfire”  4:58
8. “Channel Z”  4:49
9. “Topaz”  4:20
10. “Follow Your Bliss”  4:08

80年代洋楽アルバム「Cosmic Thing」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Love Shack

ちょっとレトロな感じで、ユーモラスで、ハーモニーがイカしてて、とにかく楽しい大好きなアルバムです。

それっぽいギターがイケてます。ナイルロジャースがプロデュースしてるんですね。

ジャンル的には、ニューウェイヴということになりますね。

3曲も紹介してしまいますが、どの曲もいいなあ。楽しんで聴いてくれたら嬉しいです。

The B-52’s   /  LOVE SHACK

The B-52's – Love Shack (Official Music Video)

・Roam

なんだか、切ないような気がする曲調のようで、なんだか明るいという不思議な雰囲気の曲。

結論としてはなんだか能天気という、これがB-52’sワールドかな。

エンディングのハーモニーがいいですね。

The B-52’s   /  ROAM

The B-52's – Roam (Official Music Video)

・Deadbeat Club

80年代の最後を飾る曲は、なんだかかわいい感のするこの曲。

この「なんだか感」がいいですね。ラストにいい曲が選曲出来て、ボクは満足です。

The B-52’s   /  DEADBEAT CLUB

The B-52's – Deadbeat Club (Official Music Video)

次回は、80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1989年名盤名曲10選」後半 です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

うわ〜、あと1回で80年代10年分書き終わります。いろんな曲があって楽しかったな。

また次も読んで下さいね!

スポンサーリンク