シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80年代洋楽ヒットランキング!1985年洋楽アルバム編②

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

80年代洋楽アルバムは、今でも人気が高く様々な洋楽アーティストや伝説のバンドが存在します。

ヒット曲・名曲はもちろん、有名なバラード、かっこいい女性シンガーも多いです。

ボクのおすすめアルバムをチャートランキング順で紹介します。

youtube映像の音楽で代表曲を視聴出来ます。

 

 記事内容は、

・1985年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1985年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。後半です。

1985年は、1984年と比べて音楽的傾向が少し変わってきました。

イギリス、ヨーロッパの雰囲気が入ってきましたね。

音楽っていろんな要素があって、とても興味深いです。

では、後半戦にいってみましょう!

前回記事:80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1985年名盤名曲10選」前半




目次

1985年 昭和60年の出来事は?

1985年の日本の出来事と言えば、

  • 国際科学技術博覧会「科学万博-つくば ’85」開催
  • 男女雇用機会均等法が成立日本航空123便墜落事故(世界最大の航空機事故)
  • 日本の総人口、約1億2100万人に
  • 電電公社と日本専売公社が民営化
  • 両国国技館が完成
  • 初の日本人宇宙飛行士誕生(土井隆雄、内藤千秋、毛利衛)
  • NTTが「ショルダーフォン」を発売
  • 任天堂「ファミコン」ブーム
  • 阪神、21年ぶりセ・リーグ優勝
  • 青函トンネル本坑が貫通
  • 関越自動車道が全線開通
  • 大鳴門橋が開通
  • 日本初のエイズ患者を認定
  • 首都圏でオレンジカードの利用販売開始
  • 松田聖子と神田正輝が結婚
  • 夏目雅子が急性骨髄性白血病により死去
  • 都ホテル大阪と近鉄劇場がオープン
  • メンズDC爆発的人気
  • ジャケット丈の2極化
  • アメリカンスリーブ
  • シャネル人気
  • ニューキモノ・ブーム
  • バルーンスカート
  • コンサバティブ(保守的なスタイル)復活
  • 眉を太く描くメイクが流行
  • リュック大流行
  • 伝統的なペイズリー柄が復活
  • ショルダーホン(NTT)
  • ビデオレコーダ ハンディカム(ソニー)
  • ワープロ ルポ(東芝)
  • パソコンワープロソフト 一太郎(ジャストシステム)
  • 文具セット チーム・デミニ(プラス)
  • 1眼レフカメラ ミノルタα-7000(ミノルタカメラ)
  • ギャツビー(マンダム)
  • スーパーマリオブラザーズ(任天堂)
  • シルバニアファミリー(エポック社)
  • ビックリマンチョコ(ロッテ)
  • いちご大福(玉屋)




80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1985年第6位! スティング

☆Sting / THE DREAM OF BLUE TURTLE  ブルータートルの夢

・「A Dream Of Blue Turtle 」アルバム解説・

発売:1985年

プロデュース: スティング、ピーター・スミス

チャート最高順位:アメリカ第2位

  1. セット・ゼム・フリー – If You Love Somebody Set Them Free – 4:14
  2. ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ – Love Is the Seventh Wave – 3:30
  3. ラシアンズ – Russians 3:57
  4. チルドレンズ・クルセイド – Children’s Crusade – 5:00
  5. シャドウズ・イン・ザ・レイン – Shadows in the Rain – 4:56
  6. 黒い傷あと – We Work the Black Seam – 5:40
  7. コンシダー・ミー・ゴーン – Consider Me Gone – 4:21
  8. ブルー・タートルの夢 – The Dream of the Blue Turtles – 1:15
  9. バーボン・ストリートの月 – Moon Over Bourbon Street – 3:59
  10. フォートレス・アラウンド・ユア・ハート – Fortress Around Your Heart – 4:48

80年代洋楽アルバム「A Dream Of Blue Turtle」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Set Them Free

スティングのソロアルバムです。彼はイギリス人ですね。

この年は、イギリスや北欧のアーテティストが台頭してきていますね。

ソロになったスティングもエスニックな部分やヨーロッパ的な穏やかな広がりのあるサウンドで、「大人の音楽」になってきたと感じられます。

SET THEM FREE  / Sting

Sting – If You Love Somebody Set Them Free (Official Music Video)

・Russians

この曲も「ロシア」と名付けられているだけあって、大陸的な憂鬱さと透明感が入り交じった広がりを見せています。

ポリス時代とは違う世界ですね。

RUSSIANS  / Sting

Sting – Russians (Official Music Video)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽アルバム!   1985年第7位! ザ・パワーステイション

☆The Power Station  / THE POWER STATION

・「The Power Station 」アルバム解説・

発売:1985年3月

プロデュース: バーナードエドワーズ

チャート最高順位:アメリカ第6位、イギリス第12位

Side one

  1. “Some Like It Hot” – 5:05
  2. “Murderess” – 4:17
  3. “Lonely Tonight” – 3:58
  4. “Communication”  – 3:37

Side two

  1. “Get It On (Bang a Gong)” – 5:29
  2. “Go to Zero”  – 4:58
  3. “Harvest for the World”  – 3:37
  4. “Still in Your Heart” – 3:20

デュランデュランのベースのジョンテイラー、ギターのアンディテイラー、シックのドラムのトニートンプソン、そしてヴォーカルにロバートパーマーという、なんちゅう取り合わせなのかというユニット。

ファンキーさとロックっぽさとソウルフルでダンディーなヴォーカルがとてもカッコいいのです。

今聴いてもやはりススんでいると思いますよ。

80年代洋楽アルバム「The Power Station」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Some Like It Hot

当時のインパクトとしては、「アンディテイラーってこんなにギター弾けるのか!!」でしたね。

デュランデュランでは、そんなにガンガンにギター弾きませんし。

この「SOME LIKE IT HOT」ボクもバンドでカヴァーしました。

やっぱカッコいいですよ。今聴いてもシビレます。では、聴いて下さい。

SOME LIKE IT HOT  /  The Power Station

Some Like It Hot (7" Edit) (2005 Remaster)

・Get It On

この曲は、T-REXのカヴァーです。結構モダンな仕上がりとなっています。

中でもトニートンプソンのバシッバシッとくるドラムが重たく独特のノリを作っています。

この曲でもアンディのギターが光ってますね。では聴いて下さい。

GET IT ON  /  The Power Station

Get It On (Bang a Gong) (7" Mix) (2005 Remaster)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代男性アーティスト! 1985年第8位! ロバート パーマー

☆Robert Palmer  / LIP TIDE  リップ タイド

・「Riptide」アルバム解説・

発売:1985年11月

プロデュース: バーナード・エドワーズ

チャート最高順位:アメリカ第8位

Side one

1. “Riptide”  2:24
2. “Hyperactive”  5:08
3. “Addicted to Love”  6:01
4. “Trick Bag”  3:01

Side two

5. “Get It Through Your Heart”  2:49
6. “I Didn’t Mean to Turn You On”  3:43
7. “Flesh Wound”  3:43
8. “Discipline of Love”  6:06
9. “Riptide” (Reprise)  2:00

80年代洋楽アルバム「Riptide」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Addicted To Love

The Power Stationへの参加で、一気にロック色を強めたロバートパーマーの意欲作です。

ダンディーなルックスと大人の色気を持つヴォーカルが独特の世界を作り出しています。

ハードなギターとドスンバスンくるパワフルなドラムが、色を添えています。

大人のロックですね。では聴いて下さい。

ADDICTED TO LOVE  /  Robert Palmer

Robert Palmer – Addicted To Love

・Discipline Of Love

パワーステイションを彷彿させるようなロックナンバー。

アルバム全体を通じてハードなギタープレイをしているのは、「エディ・マルチネス」です。

彼は、大沢誉志幸の「レディ・バニッシュ」でもギターを弾いています。

エフェクターを多用したギターサウンドは、モダンなヘヴィサウンドを作り出しています。

DISCIPLINE OF LOVE /  Robert Palmer

Robert Palmer – Discipline Of Love



80年代洋楽ヒットランキング!80年洋楽アルバム!    1985年第9位! a-ha

☆a-ha  / HUNTING HIGH AND LOW ハンティング ハイ アンド ロウ

・「Hunting High And Low 」アルバム解説・

発売:1985年6月1日

プロデュース: トニーマンスフィールド 、ジョンラトクリフ、 アランターニー

チャート最高順位:アメリカ第15位

Side one

1. “Take On Me”  3:48
2. “Train of Thought” 4:14
3. “Hunting High and Low” 3:45
4. “The Blue Sky” 2:36
5. “Living a Boy’s Adventure Tale”  5:00

Side two

1. “The Sun Always Shines on T.V.” 5:08
2. “And You Tell Me” 1:51
3. “Love Is Reason” 3:04
4. “I Dream Myself Alive” 3:06
5. “Here I Stand and Face the Rain” 4:30

80年代洋楽アルバム「Hunting High And Low」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Hunting High And Low

a-haは、ノルウェーのグループです。

曲調はヨーロッパ的な独特の重さや切なさを感じさせる曲調です。

デリケートさやインテリジェンスを感じます。

このアルバムタイトル曲は、ある意味ヨーロッパのグループらしい民族性を感じさせます。

では、聴いて下さい。

HUNTING HIGH AND LOW  / a-ha

a-ha – Hunting High and Low (Official Video)
・Take On Me

a-ha大ヒット作ですね。アニメーションの独創性が大変話題となりました。

上質なエレクトロポップとなっています。

それにヨーロッパ的な叙情性が加味されています。では、聴いて下さい。

TAKE ON ME  / a-ha

a-ha – Take On Me (Official 4K Music Video)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1985年第10位! エリック クラプトン

☆Eric Clapton  / BEHIND THE SUN  ビハインド ザ サン

・「Behind The Sun」アルバム解説・

発売:1985年3月

プロデュース: エリック・クラプトン、フィル・コリンズ、テッド・テンプルマン、レニー・ワロンカー

チャート最高順位:アメリカ第34位

  1. シーズ・ウェイティング – She’s Waiting
  2. ラヴ・キャン・ドゥ – See What Love Can Do
  3. セイム・オールド・ブルース – Same Old Blues
  4. ノック・オン・ウッド – Knock On Wood
  5. サムシング・ハプニング – Something’s Happening
  6. フォーエヴァー・マン – Forever Man
  7. イット・オール・ディペンズ – It All Depends
  8. タングルド・イン・ラヴ – Tangled In Love
  9. ネヴァー・メイク・ユー・クライ – Never Make You Cry
  10. ジャスト・ライク・ア・プリズナー – Just Like A Prisoner
  11. ビハインド・ザ・サン – Behind The Sun

80年代洋楽アルバム「Behind The Sun」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・She’s Waiting

この頃のクラプトンは、渋いブルースというよりもおしゃれなロックサウンドと言った方がいいかもしれません。

ボクはこのアルバムのようなサウンドのクラプトンが好きですね。

洋服もおしゃれで、いい意味で気取りがあってカッコいいな、と思います。

スティーブルカサーやネイザンイーストなどLA系のミュージシャンを起用して洗練されたサウンドを作り上げています。

ブルースギタリストとしてのクラプトンが好きな方は、この音楽性は邪道だと思われるかもしれませんね。

好みが分かれるところです。では、「She’s Waiting」を聴いて下さい。

SHE’S WAITING /  Eric Clapton

She's Waiting (1999 Remaster)

・Forever Man

この曲は、大ヒットしたナンバーですね。

いなたいとか渋いとかとは違う、おしゃれなエリッククラプトンがこの時代にはいます。

ボクはやっぱ、この時代のクラプトンの方が好きななあ。

まあ、人それぞれですけどね。では、「Forever Man」聴いて下さい。

FOREVER MAN /  Eric Clapton

Eric Clapton – "Forever Man" [Official Music Video]

次回は、80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1986年名盤名曲10選」前半です。

1985年は、新しいタイプのヒットアルバムが出ました。

いろいろ変わっていく音楽の流れを見ていくのもとても楽しいですね。

1986年もお楽しみに。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

また次も読んで下さいね!

スポンサーリンク