シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1979年洋楽ヒット曲&70年代洋楽アルバム名盤紹介前半

こんにちは、hisaです。

今回もご覧頂きありがとうございます。

70年代の洋楽ロックは、かっこいい洋楽アーティストが多く、有名ヒット曲はもちろんのこと、バラード、CMで使われた曲も多く存在します。

ランキング形式で、ヒット曲を中心にして名盤アルバムの名曲をyoutube映像と音楽および1曲ずつの解説やエピソードなども交えてご紹介します。

たくさんの音楽が聴けます。ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

・1979年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1979年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

ついに1979年までやって参りました。

1979年の日本のヒット曲ってたくさんありますね。

しかも長く愛され続けている曲が多いです。

さあ、1979年の洋楽は、どんな感じでしょうね。では、行きましょう!

前回記事:70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1978年洋楽名盤10選」後半




1979年 昭和54年のヒット曲 日本編

1位 夢追い酒 渥美二郎 145.4万
2位 魅せられて ジュディ・オング 120.4万
3位 おもいで酒 小林幸子 99.7万
4位 関白宣言 さだまさし 99.0万
5位 北国の春 千昌夫 92.8万
6位 ガンダーラ ゴダイゴ 82.1万
7位 YOUNG MAN 西城秀樹 80.8万
8位 チャンピオン アリス 78.0万
9位 みちづれ 牧村三枝子 74.3万
10位 カメレオン・アーミー ピンク・レディー 70.8万
11位 いとしのエリー サザンオールスターズ 69.3万
12位 カリフォルニア・コネクション 水谷豊 65.5万
13位 HERO~ヒーローになる時、それは今 甲斐バンド 63.7万
14位 銀河鉄道999 ゴダイゴ 63.2万
15位 きみの朝 岸田智史 59.8万
16位 花街の母 金田たつえ 59.4万
17位 モンキー・マジック ゴダイゴ 56.4万
18位 セクシャル・バイオレットNo.1 桑名正博 56.0万
19位 ビューティフル・ネーム ゴダイゴ 52.8万
20位 いい日旅立ち 山口百恵 52.7万
21位 アメリカン・フィーリング サーカス 47.3万
22位 青葉城恋唄 さとう宗幸 45.9万
23位 夢想花 円広志 44.7万
24位 季節の中で 松山千春 41.8万
25位 燃えろいい女 ツイスト 40.9万
26位 カサブランカ・ダンディ 沢田研二 38.9万
27位 おやじの海 村木賢吉 37.6万
28位 窓 松山千春 37.3万
29位 ホップ、ステップ、ジャンプ 西城秀樹 36.9万
30位 夢一夜 南こうせつ 35.8万
31位 ダンスに夢中 レイフ・ギャレット 35.6万
32位 みずいろの雨 八神純子 35.3万
33位 愛の水中花 松坂慶子 33.2万
34位 美・サイレント 山口百恵 32.9万
35位 虹とスニーカーの頃 チューリップ 32.7万
36位 愛の嵐 山口百恵 32.7万
37位 性(サガ) ツイスト 31.8万
38位 親父の一番長い日 さだまさし 31.2万
39位 夢去りし街角 アリス 31.0万
40位 君は薔薇より美しい 布施明 31.0万
41位 天までとどけ さだまさし 30.2万
42位 よせばいいのに 敏いとうとハッピー&ブルー 30.2万
43位 Y.M.C.A. ヴィレッジ・ピープル 30.1万
44位 ピンク・タイフーン ピンク・レディー 29.8万
45位 微笑の法則 柳ジョージ&レイニー・ウッド 28.2万
46位 夜明け 松山千春 27.4万
47位 OH!ギャル 沢田研二 27.0万
48位 ジパング ピンク・レディー 26.8万
49位 気分しだいで責めないで サザンオールスターズ 26.3万
50位 勇気があれば 西城秀樹 25.9万

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!         1979年 第1位!ピンクフロイド

☆Pink Floyd / THE WALL  ザ ウォール

・「The Wall」アルバム解説・

発売:1979年11月30日

プロデュース: ロジャー・ウォーターズ、デヴィッド・ギルモア、ボブ・エズリン

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第3位

収録曲

DISC1

1. 「イン・ザ・フレッシュ? In The Flesh?」  3:16
2. 「ザ・シン・アイス The Thin Ice」  2:27
3. 「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート1)  Another Brick In The Wall (part I)」  3:11
4. 「ザ・ハピエスト・デイズ・オブ・アワ・ライヴズ  The Happiest Days Of Our Lives 1:46
5. 「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート2) Another Brick In The Wall (part II)」3:59
6. 「マザー Mother」 5:32
7. 「グッバイ・ブルー・スカイ Goodbye Blue Sky」  2:45
8. 「エンプティ・スペーシズ Empty Spaces」  2:10
9. 「ヤング・ラスト Young Lust」 3:25
10. 「ワン・オブ・マイ・ターンズ One Of My Turns」 3:41
11. 「ドント・リーヴ・ミー・ナウ Don’t Leave Me Now」  4:08
12. 「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート3) Another Brick In The Wall (part III)」  1:18
13. 「グッバイ・クルエル・ワールド Goodbye Cruel World」 1:16

DISC2

1. 「ヘイ・ユー Hey You」 4:40
2. 「イズ・ゼア・エニバディ・アウト・ゼア? Is There Anybody Out There?」  2:44
3. 「ノーバディ・ホーム Nobody Home」  3:26
4. 「ヴィーラ Vera」  1:35
5. 「ブリング・ザ・ボーイズ・バック・ホーム Bring The Boys Back Home」1:21
6. 「コンフォタブリー・ナム Comfortably Numb」6:23
7. 「ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン The Show Must Go On」 1:36
8. 「イン・ザ・フレッシュ In The Flesh」  4:15
9. 「ラン・ライク・ヘル Run Like Hell」4:20
10. 「ウェイティング・フォア・ザ・ワームズ Wating For The Worms」 4:04
11. 「ストップ Stop」  0:30
12. 「ザ・トライアル The Trial」5:13
13. 「アウトサイド・ザ・ウォール Outside The Wall」 1:41

2枚組コンセプトアルバムロックオペラです。

全世界で3000万枚以上の驚異的な大ヒットとなっています。

世界で最も売れた2枚組アルバムです。

全米で15週連続1位、全英3位となっています。

この頃は、パンク・ニューウェイヴ全盛期で、プログレッシブロック等は「オールドウェイヴ」と言われ,若者から無視されていました。

そんな中でこのアルバムは世界中で驚異的なヒットを生み出しました。

このアルバムのツアーでは、ステージ上に大きな壁を作る大掛かりなステージセットが話題となりました。

1982年には「ボブ ゲルドフ」が主演で「ピンクフロイド・ザ ウォール」という映画が公開となりました。映画の概要は以下の通りです。

ロック・スターと思われる主人公ピンクの人生がストーリー形式で進行していき、そこから人間心理を描き出すという手法を取ったコンセプト・アルバムである。ピンクの人生の過程の中で感じる、学校教育や社会の中での抑圧・疎外感を「」に例えている。

出典:wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/ザ・ウォール)

・アナザー ブリック イン ザ ウォール パート2

もともとヒットシングルは必要ない、というバンドのポリシーもあったので、本国イギリスでは11年ぶりのシングルカット曲となりました。

世界各国のシングルチャートで1位を獲得。

「We don’t need no education.」という歌詞が物議を醸し出しました。

ANOTHER BRICK IN THE WALL PART Ⅱ / Pink Floyd

Pink Floyd – Another Brick In The Wall, Part Two (Official Music Video)

・コンフォタブリー ナム

この曲もピンクフロイドの代表曲となり,ライブでよく演奏されています。

COMFORTABLY NUMB  /  Pink Floyd

Pink Floyd – Comfortably Numb ( original members )

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名盤!         1979年 第2位!レッドツェッペリン

☆Led Zeppelin / IN THROUGH THE OUT DOOR イン スルー ジ アウト ドア

・「In Through The Outdoor」アルバム解説・

発売:1979年8月15日

プロデュース: ジミー・ペイジ

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第1位、日本第2位

収録曲

A面

  1. イン・ジ・イヴニング – In the Evening (Page, Plant & Jones)
  2. サウス・バウンド・サウレス – South Bound Saurez (Jones & Plant)
  3. フール・イン・ザ・レイン – Fool in the Rain (Page, Plant & Jones)
  4. ホット・ドッグ – Hot Dog (Page & Plant)

B面

  1. ケラウズランブラ – Carouselambra (Jones, Page & Plant)
  2. オール・マイ・ラヴ – All My Love (Plant & Jones)
  3. アイム・ゴナ・クロール – I’m Gonna Crawl (Page, Plant & Jones)

ジョン ボーナムの急逝のため、バンドにとって最後のオリジナルアルバムとなった作品です。

大方の評論家の「大して売れないだろう」という予想を覆して、7週間1位を続けました。

ヒプノシスがデザインしたアルバムジャケットは、6種類作られ、紙袋のような包装にされ、開けるまでどれか分からないという趣向を凝らしたものになっています。

この作品では,ジョン ポール ジョーンズ色がどのアルバムよりも出ています。

すべての曲で、YAMAHA GX-1が使用されています。

GX-1は、エレクトーンの最高機種とされていますが、普通のエレクトーンとは異なり、音源部がアナログシンセサイザーと化している実質高級ポリフォニックシンセサイザーなのです。

キースエマーソンも使用していました。

シンセサイザーを多用したサウンドは,ファンの間でも賛否両論となりました。

ツェッペリンフリークの音楽評論家の渋谷陽一氏でさえ,ライナーノーツに「最初聴いたときは、少々戸惑った。」と書いたほどでした。

1970年代洋楽アルバム「In Through The Outdoor」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・イン ジ イブニング 

ツェッペリンの曲の中で、ストラトキャスターのトレモロアームを使った曲は珍しいです。

シンセサイザーを多用しているとはいえ、ツェッペリンらしいダイナミクスは健在だと思います。

IN THE EVENING   /  Led Zeppelin

In the Evening (1990 Remaster)

・フール イン ザ レイン

この曲のドラムのグルーヴがTOTO「ロザーナ」ハーフタイムシャッフルの元になっています。

TOTOのドラマーの故ジェフポーカロが教則ビデオの中でそう話しています。

南国風のサウンドですが、ジョン ボーナムがドラムを叩くと、立派なツェッペリンの曲になりますね。

前作「プレゼンス」と比べればソリッドさやハードさには欠けますが、でも良いと思いますけどね。

ギターソロのブッつぶれた音が変ですけど,なぜか曲にマッチしているのが不思議です。

FOOL IN THE RAIN    /  Led Zeppelin

Fool in the Rain (2012 Remaster)

洋楽ヒット曲ランキング!70年代洋楽名曲!         1979年 第3位!スーパートランプ

☆Supertramp / BREAKFAST IN AMERICA ブレックファースト イン アメリカ

・「Breakfast In America」アルバム解説・

発売:1979年

プロデュース: スーパートランプ、ピーター・ヘンダーセン

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス第3位

収録曲

サイド1

  1. あこがれのハリウッドGone Hollywood – 5:20
  2. ロジカル・ソング The Logical Song – 4:10
  3. グッドバイ・ストレンジャー Goodbye Stranger – 5:50
  4. ブレックファスト・イン・アメリカ Breakfast in America – 2:38
  5. オー、ダーリン Oh Darling – 3:58

サイド2

  1. ロング・ウェイ・ホーム Take the Long Way Home – 5:08
  2. すべては闇の中 Lord Is It Mine – 4:09
  3. 神経衰弱を吹き飛ばせ Just Another Nervous Wreck – 4:26
  4. 退屈な会話 Casual Conversations – 2:58
  5. チャイルド・オブ・ヴィジョン Child of Vision – 7:25

バンド名の意味は「漂流者」だそうです。

スーパートランプは、イギリスのバンドで、最初はプログレッシブロックに影響を受けていましたが、だんだんポップな曲調になっていきました。

10CCとかELOと同軸のグループとして語られることが多いみたいです。

このアルバムは、スーパートランプ初の全米1位を獲得したアルバム。

ジャケットに登場している婦人は「リピーおばさん」という方です。

アルバムのプロモーションのため単独で来日されたこともあるそうです。

70年代洋楽アルバム「ブレックファースト・イン・アメリカ」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・ブレックファースト イン アメリカ

この曲で一気に全米1位になりました。

ロジャーホジソンの繊細なハイトーンボイスと少しひねりの利いたプログレテイストのポップな曲調が、ひと味違ったものを作り出しています。

BREAKFAST IN AMERICA  /  Supertramp

Supertramp – Breakfast in America (Live In Paris '79)

・ロジカルソング 

この曲もロジャーの繊細なハイトーンボイスが特徴的です。

繊細さと曲調が物悲しさを引き出しています。

冬っぽい冷たい感じがします。

他にはない個性ですが、これがずっと続くと考えると飽きるかもしれませんね。

LOGICAL SONG  /  Supertramp

The Logical Song

洋楽ヒットランキング!70年代洋楽名曲!         1979年 第4位!イーグルス

☆Eagles / THE LONG RUN ロングラン

・「The Long Run」アルバム解説・

発売:1979年9月24日

プロデュース: ビル・シムジク

チャート最高順位:アメリカ第1位

収録曲

Side 1
  1. ロング・ラン – The Long Run
  2. 言いだせなくて – I Can’t Tell You Why
  3. イン・ザ・シティ – In the City
  4. ディスコ・ストラングラー – The Disco Strangler
  5. ハリウッドよ永遠に – King of Hollywood
Side 2
  1. ハートエイク・トゥナイト – Heartache Tonight
  2. ゾーズ・シューズ – Those Shoes
  3. ティーンエイジ・ジェイル – Teenage Jail
  4. グリークスはフリークスお断り – The Greeks Don’t Want No Freaks
  5. サッド・カフェ – The Sad Café

ホテルカリフォルニアのメガヒットのあと、レコーディングは難航。

1979年にリリースされた本作品は、今までの爽快さは陰を潜め重苦しさが漂う作品となりました。

それでも全米および日本のオリコンチャートでも1位を獲得しました。

このアルバムからベースに、「ティモシー・B・シュミット」が参加しています。

全10曲のうち4曲が外部ライターとの共作となっています。

1982年にバンドは、解散してしまいました。

1970年代洋楽アルバム「The Long Run」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・ハートエイクトゥナイト

映像の手に書かれた鷲がなんだかなあ感がありますが、お許しを。

たしかに今までのイーグルスとは違った感じの曲調で、何だかリンダロンシュタットっぽい。

「It’s so easy」を思い出します。聴き比べてみてはいかがでしょう。

HEARTACHE TONIGHT  /  Eagles

Eagles Heartache Tonight -HD

・言い出せなくて

一瞬フォリナーかと思いますが、こちらの方が先でした。

これ、いい曲ですよね。ティモシーシュミットのヴォーカルも素敵です。

ギターソロもほのかに切なくていいなあ。ウエストコーストというよりは、AORですよね。

邦題もめっちゃいいですね。

I CAN’T TELL YOU WHY    /  Eagles

Eagles – I Can't Tell You Why -HD

洋楽ヒット曲ランキング!1970年代洋楽アルバム&名曲!  1979年 第5位!ザ・ナック

☆The Knack   / GET THE KNACK ゲット ザ ナック

「Get The Knack」アルバム解説・

発売:1979年6月

プロデュース: マイク・チャップマン

チャート最高順位:アメリカ第1位

収録曲

Side 1

  1. レット・ミー・アウト “Let Me Out” – 2:21
  2. ユア・ナンバー・オア・ユア・ネイム “Your Number or Your Name” – 2:55
  3. オー・タラ “Oh Tara” (Doug Fieger) – 3:03
  4. セルフィッシュ “(She’s So) Selfish” – 4:28
  5. メイビー・トゥナイト “Maybe Tonight” (D. Fieger) – 3:59
  6. グッド・ガールズ・ドント “Good Girls Don’t” (D. Fieger) – 3:07

Side 2

  1. マイ・シャローナ “My Sharona” – 4:50
  2. ハートビート “Heartbeat” (Bob Montogomery, Norman Petty) – 2:10
  3. モンキー・アンド・ミー “Siamese Twins (The Monkey and Me)” – 3:22
  4. ルシンダ “Lucinda” – 3:58
  5. リトル・ガールズ・ドゥ “That’s What the Little Girls Do” (D. Fieger) – 2:40
  6. フラストレイテッド “Frustrated” – 3:48

70年代洋楽アルバム「Get The Knack」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

脅威の一発屋として知られている「The Knack」です。

「マイ・シャローナ」のインパクトは強烈だったのですが、他の曲は?というと「???」の世界ですね。

当時は「ビートルズの再来」とまで言われていたような。

アルバムもアメリカで1位となりましたが、それからは鳴かず飛ばずです。

MY SHARONA マイ シャローナ  /  The Knack

The Knack – My Sharona (Official Video)

・Good Girls Don’t

The Knackの曲と言えば、前出の「マイ シャローナ」とこれからご紹介する「Good Girls Don’t」くらいしか思い浮かばないなあ。

GOOD GIRLS DON’T  グッド ガールズ ドント  /  The Knack

Good Girls Don't

次回は、70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1979年洋楽名盤10選」後半 です。

ついに次回で1970年代のヒットアルバム紹介が完結します。

1980年代も含めて20年分のアルバム紹介を行ってきました。

たくさんの曲をアップしています。いろんな年の音楽に触れてみて下さい。

自分の音楽史がよく奥深くなると思います。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク