シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80年代洋楽ヒットランキング!1982年洋楽アルバム編②

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

80年代洋楽アルバムは、今でも人気が高く様々な洋楽アーティストや伝説のバンドが存在します。

ヒット曲・名曲はもちろん、有名なバラード、かっこいい女性シンガーも多いです。

ボクのおすすめアルバムをチャートランキング順で紹介します。

youtube映像の音楽で代表曲を視聴出来ます。

 

 記事内容は、

・1982年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1982年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。後半です。

今回は、1982年のヒットアルバム後半戦といきたいと思います。

このころからHRHM(ハードロック・ヘヴィメタル)の波がだんだんとアメリカにも伝わり始めます。産業ロック系もどんどん上がってきています。

ある意味僕ら世代の洋楽ロックファンの全盛期となっていく訳です。

その走りが1982年ではないでしょうか。

前回記事:80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1982年名盤名曲10選」前半




目次

1982年 昭和58年の出来事 日本編

では、いってみましょう!!1982年の日本の出来事です。

  • 東北新幹線 上越新幹線開業
  • テクノロジー・科学ブーム
  • プロレスブーム
  • 大学への進学率低下
  • 500円硬貨発行
  • ソニーが世界初のCDプレーヤー「CDP-101」発売
  • テレホンカード使用開始
  • 岡本綾子がゴルフのアメリカLPGAツアーで初優勝
  • 4コマ漫画「コボちゃん」が読売新聞朝刊で連載開始
  • 「森田一義アワー 笑っていいとも!」が放送開始
  • ホテルニュージャパン火災発生(33人死亡)
  • 日本航空350便墜落事故(24人死亡)
  • テレビ大阪開局
  • 三ツ矢フーズ(現・アサヒ飲料)設立
  • ワンブランド・コーディネート流行
  • ストーン・ウォシュ流行
  • スポーティからセクシャルモダンへ
  • ソフトタイプのワンピース
  • 若い男性にプレーパンツが人気
  • 夏にTシャツの重ね着流行
  • ロリコンブーム
  • プレッピールック流行
  • シェイプパンツ大ヒット
  • 小物(ルーズベルト、ルーズブーツ、ビッグマフラー、キーホルダー)流行
  • セミタイト,フレアのミニスカートが復活
  • 無印良品(西友ストアー)
  • マーチ(日産自動車)
  • シェープパンツ(ワコール)
  • 紙おむつ ムーニー(ユニチャーム)
  • 文房具 ポスト・イット(住友スリーエム)
  • 家庭用魔法瓶 どっしりくん(タイガーマホービン)
  • おっとっと(森永製菓)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1982年第6位! クイーン

迷走と言えば、QUEENのこのアルバム、ある意味、クセになりそうなアルバムですが、新しい方向性と言うよりは、ちょっと無理がある感という感じでしたね。

☆Queen  / HOT SPACE  ホット スペース

・「Hot Space」アルバム解説・

発売:1982年5月21日発売

プロデュース: クイーン

チャート最高順位:不明

Side A

  1. ステイング・パワー – Staying Power (Mercury) 4:10 *
  2. ダンサー – Dancer (May) 3:46
  3. バック・チャット – Back Chat (Deacon) 4:31 *
  4. ボディ・ランゲージ – Body Language (Mercury) 4:29 *
  5. アクション・ディス・デイ – Action This Day (Taylor) 3:32Side B

Side B

  1. プット・アウト・ザ・ファイア – Put Out the Fire (May) 3:18
  2. ライフ・イズ・リアル (レノンに捧ぐ) – Life Is Real (Song For Lennon) (Mercury) 3:28
  3. ラス・パラブラス・デ・アモール Las Palabras De Amor (The Words of Love) (May) 4:26
  4. クール・キャット – Cool Cat (Deacon & Mercury) 3:26
  5. アンダー・プレッシャー – Under Pressure [with David Bowie] (Queen & Bowie) 4:02

80年代洋楽アルバム「Hot Space」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Body Language

これはマジでビックリと言いますか、「どしたの?」感がすごいですね。

なんでこれがやりたくなったのか理解出来ない感ハンパないですね。

でも結構クセになって好きだったりして。

BODY LANGUAGE  /  Queen

Queen – Body Language (Official Video)

・Under Pressure

この曲は、デビッドボウイとの競演ですね。

このアルバムで唯一クイーンらしさをキープしています。

ベースラインがとても特徴的ですね。「地獄へ道づれ」に通じるものがあります。

UNDER PRESSURE  /  Queen

Queen – Under Pressure (Official Video)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽アルバム!   1982年第7位! ビリー ジョエル

☆Billy Joel / THE NIRON CURTAIN アメリカチャート第7位!

・「The Nylon Curtain」アルバム解説・

発売:1982年9月発売

プロデュース: フィルラモーン

チャート最高順位:アメリカチャート第7位

  1. アレンタウン – “Allentown” – 3:51
  2. ローラ – “Laura” – 5:04
  3. プレッシャー – “Pressure” – 4:41
  4. グッドナイト・サイゴン〜英雄達の鎮魂歌 – “Goodnight Saigon” – 7:03
  5. シーズ・ライト・オン・タイム – “She’s Right on Time” – 4:14
  6. ふたりだけのルーム – “A Room of Our Own” – 4:02
  7. サプライズ – “Surprises” – 3:26
  8. スカンジナヴィアン・スカイ – “Scandinavian Skies” – 5:58
  9. オーケストラは何処へ? – “Where’s the Orchestra?” – 3:17

80年代洋楽アルバム「The Nylon Curtain」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Allentown

ビリージョエルは数々の名曲、名盤を生み出しています。

「オネスティ」「ストレンジャー」「ピアノマン」などたくさんあります。

ボクは、その中で一番好きなのが、この「Allentown」です。

前出の名曲たちが、都会的なサラッとした雰囲気なのに比べ、この「Allentown」は、ちょっと田舎っぽいというか土着的な感じがします。

それがなんだかボクには魅力的です。

ちょっとホール&オーツっぽい、ピアノのバッキングパターンももちろん好みですね。

では聴いて下さい。

ALLENTOWN  /  Billy joel

Billy Joel – Allentown (Official Video)

80年代洋楽男性アーティストバラードおすすめ曲「Goodnight Saigon」youtube映像

このアルバムには、「プレッシャー」というヒット曲があるのですが、ボクはあえてこの曲をチョイスしました。

「グッドナイト・サイゴン」の歌詞は、戦闘の中で結束し、恐怖と闘いながら、生き残る途を見いだそうとする海兵隊員たちについて語っているものです。

ボクはこちらの方を聴いてほしいと思いました。

映像と和訳を見ながらこの曲を聴いてほしいと思います。

 GOODNIGHT SAIGON  /  Billy joel

Billy Joel – Goodnight Saigon (Official Video)




80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1982年第8位! アラン パーソンズ プロジェクト

☆Alan Person’s Project/ EYE IN THE SKY  アイ イン ザ スカイ

・「Eye In The Sky」アルバム解説・

発売:1982年6月発売

プロデュース:Alan Parsons,Eric Woolfson

チャート最高順位:アメリカチャート第7位

1. “Sirius” Instrumental 1:54
2. “Eye in the Sky” Eric Woolfson 4:36
3. “Children of the Moon” David Paton 4:51
4. “Gemini” Chris Rainbow 2:11
5. “Silence and I” Eric Woolfson 7:19
6. “You’re Gonna Get Your Fingers Burned” Lenny Zakatek 4:22
7. “Psychobabble” Elmer Gantry 4:51
8. “Mammagamma” Instrumental 3:34
9. “Step by Step” Lenny Zakatek 3:54
10. “Old and Wise”

アランパーソンズプロジェクトは、日本ではあまり馴染みが薄いかもしれません。

アランパーソンズは、ピンクフロイドのエンジニアだった方です。

曲調は淡々として静かな感じです。

冷たい冬が合うなあ、と思います。

このアルバムを聴いていた記憶をたどってみると、やはり冬でした。

雪景色の山を思い出します。

80年代洋楽アルバム「Eye In The Sky」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Sirius-Eye In the Sky

「Eye in the sky」は、当時よく来ていたのですが、このアルバムに収録されている「Sirius」全く別のところで何回も耳にしていました。

NBAバスケットボールがお好きな方ならお気づきかもしれませんが、マイケルジョーダン全盛期時のシカゴブルズの選手入場のテーマだったのです。

ブルズファン、マイケルジョーダンファンの方なら、「おおっ!!」とアドレナリンが上がると思いますよ。では聴いて下さい。

SIRIUS-EYE IN THE SKY  /  Alan Person’s Project

Alan Parsons – Sirius / Eye In The Sky (Live)




80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1982年第9位! スコーピオンズ

☆Scorpions  / BLACKOUT 蠍魔宮〜ブラックアウト

・「Blackout」アルバム解説・

発売:1982年発売

プロデュース: ディーターダークス

チャート最高順位:アメリカチャート第10位

  1. ブラックアウト – “Blackout” (Schenker, Meine, Rarebell, Kittelsen) – 3:49
  2. キャント・リヴ・ウィザウト・ユー – “Can’t Live Without You” – 3:47
  3. 官能の夜 – “No One Like You” – 3:57
  4. ユー・ギヴ・ミー・オール・アイ・ニード – “You Give Me All I Need” (Schenker, Rarebell) – 3:39
  5. NOW! – “Now!” (Schenker, Meine, Rarebell) – 2:35
  6. ダイナマイト – “Dynamite” (Schenker, Meine, Rarebell) – 4:12
  7. アリゾナ – “Arizona” (Schenker, Rarebell) – 3:56
  8. チャイナ・ホワイト – “China White” – 6:59
  9. 静寂の煙 – “When the Smoke Is Going Down” – 3:51

80年代洋楽アルバム「Blackout」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Blackout

ヴォーカルのクラウスマイネがのどの手術から復帰後のスコーピンズの出世作。

1曲目のイントロのギターリフが最高にカッコいい!!

これまでの叙情的な曲調からストレートでキャッチーな路線に転換。

ルドルフシェンカーのリズムギターがめっちゃカッコよく、バッキング、リフに注目が集まるようになりました。

超カッコいい「BLACK OUT」聴いて下さい。

BLACKOUT  /  Scorpions

SCORPIONS BLACKOUT LIVE '84

・Dynamite

このアルバムには、カッコいい曲がいろいろあるんだけど、ライブで最高に盛り上がる「Dynamite」を紹介します。

この曲はライブの後半で演奏されノリノリの盛り上がりを見せます。

今回はライブ映像でご覧下さい。

DYNAMITE  /  Scorpions

Scorpions – Dynamite (World Wide Live)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1982年第10位! アイアンメイデン

☆Iron Maiden  / THE NUMBER OF THE BEAST アメリカ33位! イギリス1位!

・「The Number Of The Beast」アルバム解説・

発売:1982年3月29日発売

プロデュース: マーティンバーチ

チャート最高順位:アメリカチャート第33位、イギリスチャート1位

  1. 侵略者 – Invaders (Steve Harris) [3:24]
  2. 吸血鬼伝説 – Children Of The Damned (Harris) [4:35]
  3. ザ・プリズナー – Prisoner (Adrian Smith, Harris)[6:03]
  4. アカシア・アベニュー22 – 22 Acacia Avenue (Harris, Smith) [6:37]
  5. 魔力の刻印 – The Number Of The Beast (Harris) [4:51]
  6. 誇り高き戦い – Run To The Hills (Harris) [3:53]
  7. 暗黒の街 – Gangland (Smith, Clive Burr)[3:48]
  8. トータル・エクリプス – Total Eclipse (Harris, Murray, Burr) [4:25]
  9. 審判の日 – Hallowed Be Thy Name (Harris) [7:12]

80年代洋楽アルバム「The Number Of The Beast」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Run To The Hills

NWOHM(ニュー ウェイブ オブ ヘヴィメタル)の代表格アイアンメイデンです。

スティーブハリスのベースを中心に、とても個性的なリズム、曲調で今でも人気が高いです。

この「Run To The Hills」では、速いテンポでの「タッタカ タッタカ タッタカ タッタカ 」というリズムが個性的な曲調に味付けしています。

ブルースディッキンソンの雄々しい歌声がヘヴィメタルの神髄に彩りを添えています。

では聴いて下さい。

RUN TO THE HILLS /  Iron Maiden

Iron Maiden – Run To The Hills (Official Video)

・The Number Of The Beast

続いては、アルバムのタイトルナンバー、「The Number Of The Beast」です。

この曲はデキシーランドジャズのナンバーである「聖者の行進」のメロディがモチーフとされています。

クライブ・バーのドラムのリズムパターンがとても個性的で、ほかのバンドとは全く違うアイアンメイデンの独自の世界を作り出しています。

聖者の行進のメロディーをイメージして聴いてみて下さい。

THE NUMBER OF THE BEAST /  Iron Maiden

Iron Maiden – The Number Of The Beast (Official Video)

次回は、80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1983年名盤名曲10選」前半 です。

だんだんハードロック色が強くなってきました。1983年はどうなっていくんでしょうね。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回もまた読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク