シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1970年代洋楽アルバム名盤youtube1972年前半

こんにちは、hisaです。

今回もご覧頂きありがとうございます。

70年代の洋楽ロックは、かっこいい洋楽アーティストが多く、有名ヒット曲はもちろんのこと、バラード、CMで使われた曲も多く存在します。

ランキング形式で、ヒット曲を中心にして名盤アルバムの名曲をyoutube映像と音楽および1曲ずつの解説やエピソードなども交えてご紹介します。

たくさんの音楽が聴けます。ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

・1972年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1972年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

1972年になると、1971年とアメリカンロックというかウェストコースト色がだんだん出てきますね。

70年代のアーティストはアルバムのリリースペースが速いので、チョイスが大変です。

基本、自分が聴いたことがあるものを選んでいます。

出来るだけ以前の年と被らないようにしていますが、スルー出来ないアルバムもあるんですよね。

なかなか難しいところです。そんなこんなで1972年をスタートします。

前回記事:70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1971年洋楽名盤10選」後半




1972年 昭和47年のヒット曲 日本編

1位 女のみち 宮史郎とぴんからトリオ 138.3万
2位 瀬戸の花嫁 小柳ルミ子 69.5万
3位 さよならをするために ビリーバンバン 66.7万
4位 旅の宿 よしだたくろう 66.6万
5位 悪魔がにくい 平田隆夫とセルスターズ 65.1万
6位 ひとりじゃないの 天地真理 60.1万
7位 京のにわか雨 小柳ルミ子 56.9万
8位 別れの朝 ペドロ&カプリシャス 55.7万
9位 小さな恋 天地真理 54.7万
10位 太陽がくれた季節 青い三角定規 50.2万
11位 夜明けの停車場 石橋正次 49.3万
12位 雨の御堂筋 欧陽菲菲 44.0万
13位 虹をわたって 天地真理 43.8万
14位 結婚しようよ よしだたくろう 42.2万
15位 ひまわりの小径 チェリッシュ 40.9万
16位 愛する人はひとり 尾崎紀世彦 39.3万
17位 芽ばえ 麻丘めぐみ 38.8万
18位 雨 三善英史 38.8万
19位 友達よ泣くんじゃない 森田健作 37.9万
20位 ゴッドファーザー愛のテーマ アンディ・ウイリアムス 37.9万
21位 終着駅 奥村チヨ 37.8万
22位 ママに捧げる詩 ニール・リード 37.6万
23位 子連れ狼 橋幸夫 37.4万
24位 ふりむかないで ハニー・ナイツ 37.2万
25位 マミー・ブルー ポップ・トップス 36.1万
26位 北国行きで 朱里エイコ 35.9万
27位 許されない愛 沢田研二 35.2万
28位 純潔 南沙織 35.0万
29位 水色の恋 天地真理 34.7万
30位 せんせい 森昌子 34.6万
31位 雨のエアポート 欧陽菲菲 33.6万
32位 どうにもとまらない 山本リンダ 33.4万
33位 この愛に生きて 内山田洋とクールファイブ 31.1万
34位 出発の歌 上條恒彦 29.1万
35位 夜汽車 欧陽菲菲 28.9万
36位 恋の追跡 欧陽菲菲 28.9万
37位 赤色エレジー あがた森魚 28.5万
38位 愛するハーモニー ザ・ニュー・シーカーズ 28.1万
39位 鉄橋をわたると涙がはじまる 石橋正次 27.8万
40位 待っている女 五木ひろし 27.7万
41位 波止場町 森進一 27.3万
42位 お祭りの夜 小柳ルミ子 26.1万
43位 ハチのムサシは死んだのさ 平田隆夫とセルスターズ 25.6万
44位 あなただけでいい 沢田研二 24.1万
45位 わたしの城下町 小柳ルミ子 23.9万
46位 だれかが風の中で 上條恒彦 23.5万
47位 雪あかりの町 小柳ルミ子 23.2万
48位 こころの炎燃やしただけで
/ゴッドファーザー~愛のテーマ 尾崎紀世彦 23.0万
49位 スーパースター カーペンターズ 22.7万
50位 哀愁のページ 南沙織 22.6万

洋楽ヒットランキング!70年代洋楽名曲!1972年第1位!  シカゴ

☆Chicago / CHICAGO 5

「Chicago 5」アルバム解説・

発売:1972年7月10日

プロデュース:ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオ

チャート最高順位:アメリカ第1位

Side One

1. 「A Hit by Varèse」 4:56
2. 「All Is Well」  3:52
3. 「Now That You’ve Gone」  5:01
4. 「Dialogue (Part I)」  2:57
5. 「Dialogue (Part II)」  4:13

Side Two

6. 「While the City Sleeps」  3:53
7. 「Saturday in the Park」  3:56
8. 「State of the Union」  6:12
9. 「Goodbye」  6:02
10. 「Alma Mater」  3:56

シカゴは、ロックにブラスセクションを加えた先駆的なバンドです。

「ブラスロック」と呼ばれることもあります。シカゴで結成されたのに、活動の拠点はロサンゼルスであったそうです。

じゃあ、ウェストコーストですね。

70年代洋楽アルバム「Chicago 5」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Saturday In The Park

この曲はシカゴの代表曲の一つで、ポップでメロディアスなピアノとさわやかなブラスセクションが印象的な曲です。

曲の展開も起伏に富んでいます。

SATURDAY IN THE PARK   / Chicago

Chicago – Saturday in the Park (Live 2017)

・Dialogue (Part 1 & Part 2)

この曲はギターのカッティングが印象的ですね。

少しモータウンぽくて、ソウル色があるファンキーな曲です。

DIALOGUE (PART1&PART2)   / Chicago

Dialogue (Pt. I & Pt. II) (2002 Remaster)

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1972年第2位!  カーリーサイモン

☆Carly Simon / NO SECRETS

「No Secrets」アルバム解説・

発売:1972年11月28日

プロデュース:リチャード・ペリー

チャート最高順位:アメリカ第1位

Side 1

  1. 愛する喜び – “The Right Thing to Do” – 2:57
  2. カーター・ファミリー – “The Carter Family”  – 3:29
  3. うつろな愛 – “You’re So Vain” – 4:17
  4. フォンド・オブ・ロビン – “His Friends Are More Than Fond of Robin” – 3:00
  5. ノー・シークレッツ – “We Have No Secrets” – 3:57

Side 2

  1. 私を抱いて – “Embrace Me, You Child” – 4:06
  2. 待ちすぎて – “Waited So Long” – 4:14
  3. イット・ワズ・ソー・イージー – “It Was So Easy”  – 3:06
  4. ナイト・アウル – “Night Owl” – 3:47
  5. 瞳を閉じて – “When You Close Your Eyes”  – 3:05

カーリーサイモンは、キャロルキング、ジョニミッチェルらとともに、70年代を代表する女性アーティストです。

内省的なアーティストが多かった中、カーリーは明るく活動的なイメージを持たれていたみたいです。

70年代洋楽アルバム「No Secrets」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・You’re So Vain

この曲は、全米1位を獲得しています。

実は、ノークレジットで、ローリングストーンズのミックジャガーが参加している曲です。

YOU’RE SO VAIN   / Carly Simon

Carly Simon – You're So Vain

・The Right Thing To Do

アルバム1曲目を飾るこの曲は、全米17位でした。

THE RIGHT THING TO DO   / Carly Simon

The Right Thing to Do




洋楽ロックランキング!70年代洋楽名曲!1972年第3位!  アリス・クーパー

☆Alice Cooper  / SCHOOL’S OUT

「School’s Out」アルバム解説・

発売:1972年6月

プロデュース:ボブ・エズリン

チャート最高順位:アメリカ第2位、イギリス第4位

  1. スクールズ・アウト “School’s Out” – 3:30
  2. ルニー・テューン “Luney Tune”– 3:43
  3. ガター・キャット対ジェッツ “Gutter Cat Vs. the Jets” – 4:40
  4. ストリート・ファイト “Street Fight”  – 0:53
  5. ブルー・ターク “Blue Turk”  – 5:33
  6. マイ・スターズ “My Stars”  – 5:49
  7. パブリック・アニマル#9 “Public Animal #9”  – 3:54
  8. アルマ・メイター “Alma Mater” (N. Smith) – 4:27
  9. グランド・ファイナル “Grande Finale”– 4:26

アリスクーパーって、やっぱりグラムロックという範疇になるんだろうなと思います。

ハードなサウンドではあるんだけど、ハードロック、ヘヴィメタルっていうとちょっと違う気がします。

知名度は日本でもありますが、意外と曲は浸透していない感じがします。

わびさびがないからかもしれませんね。

70年代洋楽アルバム「School’s Out」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

このアルバムは、プロデューサーが「ボブエズリン」です。

おやっ!と思いませんでしたか。そう、KISSの大ヒットアルバム「Destroyer」のプロデューサーです。

そう思って聴くと、なんだか、キッスの原型がここにあるような気がしてきますね。

アリスクーパーの代表曲「School’s Out」をお聴き下さい。

SCHOOL’S OUT   / Alice Cooper

Alice Cooper – School's Out (from Alice Cooper: Trashes The World)

・Public Animal No.9

この曲を聴いていると「なんだかキッスっぽいなあ。」と感じます。

こちらの方が先なんですけどね。

メイクといいコードの使い方といい、アリスから影響を受けているんでしょうね。

あくまで個人的な推測なんですけれど。意識して聴いてみて下さいね。

PUBLIC ANIMAL NO.9   / Alice Cooper

Alice Cooper Public Animal No 9 2nafish

洋楽ヒット曲ランキング!70年代洋楽名曲!1972年第4位!  スティーヴィーワンダー

☆Stevie Wonder / TALKING BOOK

「Talking Book」アルバム解説・

発売:1972年10月28日

プロデュース: スティーヴィー・ワンダー、Robert Margoule、マルコム・セシル

チャート最高順位:アメリカ第3位、イギリス第16位

Side 1

  1. サンシャイン – You Are the Sunshine of My Life (2:59)
  2. メイビー・ユア・ベイビー – Maybe Your Baby (6:50)
  3. ユー・アンド・アイ – You and I (We Can Conquer the World) (4:38)
  4. チューズデイ・ハートブレイク – Tuesday Heartbreak (3:02)
  5. バッド・ガール – You’ve Got It Bad Girl (4:59)

Side 2

  1. 迷信 – Superstition (4:26)
  2. ビッグ・ブラザー – Big Brother (3:33)
  3. ブレイム・イット・オン・ザ・サン – Blame It on the Sun (3:26)
  4. アナザー・ピュア・ラヴ – Lookin’ for Another Pure Love (4:43)
  5. アイ・ビリーヴ – I Believe (When I Fall in Love It Will Be Forever) (4:52)

70年代洋楽アルバム「Talking Book」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Superstition

このアルバムのセッションに参加してくれたジェフベックへのお礼として書いた曲。

マネージャーの反対によりスティーヴィーが先にレコーディングしてリリースしました。

ジェフベックは怒り、そのお詫びとして「悲しみの恋人たち」を書いてプレゼントしたことは有名な話ですね。

SUPERSTITION   / Stevie Wonder

Superstition

・You Are The Sunshine Of My Life

スティヴィーの代表曲の一つ。

3人のヴォーカルをゲストに迎えています。

もちろん全米1位を獲得しています。多くの人がカバーしている名曲です。

YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE   / Stevie Wonder

You Are The Sunshine Of My Life

洋楽ロックランキング!70年代洋楽名盤!1972年第5位!  ディープパープル

☆Deep Purple  / MACHINE HEAD  &  LIVE IN JAPAN

「Machine Head」アルバム解説・

発売:1972年3月

プロデュース: ディープ・パープル、サイモン・ロビンソン

チャート最高順位:アメリカ第7位、イギリス第1位

  1. ハイウェイ・スター – Highway Star (6:05)
  2. メイビー・アイム・ア・レオ – Maybe Im a Leo (4:51)
  3. ピクチャーズ・オブ・ホーム – Pictures of Home (5:03)
  4. ネヴァー・ビフォア – Never Before (3:56)
  5. スモーク・オン・ザ・ウォーター – Smoke on the Water (5:40)
  6. レイジー – Lazy (7:19)
  7. スペース・トラッキン – Space Truckin’ (4:31)
  8. ブラインド・マン – When a Blind Man Cries (3:32)(アルバム未収録曲)

「Live In Japan」アルバム解説・

発売:1972年12月

プロデュース: ディープ・パープル

チャート最高順位:アメリカ第6位

  1. ハイウェイ・スター – Highway Star (8/16大阪) 6:43
  2. チャイルド・イン・タイム – Child in Time (8/16大阪) 12:17
  3. スモーク・オン・ザ・ウォーター – Smoke on the Water (8/15大阪) 7:36
  4. ミュール – The Mule [Drum Solo] (8/17東京) 9:28
  5. ストレンジ・ウーマン – Strange Kind of Woman (8/16大阪) 9:52
  6. レイジー – Lazy (8/17東京) 10:27
  7. スペース・トラッキン – Space Truckin (8/16大阪) 19:54
    ・1998年のリマスター版発売の折に[要出典]、以下のトラックが追加された。
  8. ブラック・ナイト – Black Night 6:1
  9. スピード・キング – Speed King 7:25
  10. シール – Lucille 8:03

ハードロック史上、燦然と輝く名ライブアルバムですよね。

海外では「Made In Japan」と言われています。

1972年の8月15日、16日、17日の3日間公演を日本製の機材で録音され、当初日本のみの発売でしたが、予想以上に録音状態や演奏が良かったため、海外でも発売されました。

なんとかかった費用は3000ドル、日本円で108万円という低予算でした。

Live in Japan」「Made In Japan-Remastered」「Live in Japan-’72完全版」「Listen Learn Read On(輸入盤のみ)」の4作品をそろえると、この3日間の演奏をすべてを聴くことが出来るそうです。

70年代洋楽アルバム「Machine Head, Live In Japan」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Highway Star

では、まず、「ハイウェイスター」です。

これはオフィシャル音源のものですね。1972年とは思えない録音の良さです。

臨場感、楽器の音、バランス等抜群です。

何回も聴いているので、ギターのフレーズも覚えています。

やはりギタープレイもスゴい!!ギターサウンドも抜群です。

なのですが、カメラワークがむちゃくちゃで、ギターソロの時に、ヴォーカルずっと写してるとか適当感満載であります。

まあ、古き良き時代ということで。

HIGHWAY STAR   / Deep Purple

Deep Purple – Made in Japan – Highway Star (video)

・Smoke On The Water

続きまして「スモークオンザウォーター」です。

8月17日の武道館ヴァージョンです。正式音源は8月15日のヴァージョンが使われています。

16日17日分は、最初のリフの部分をミスってるから15日の分なのだそうです。

とはいえ15日のリフの最初もちょっとあやしかったと思いますが。

SMOKE ON THE WATER   / Deep Purple

Deep Purple – Smoke On The Water Live Video (17/08/1972 Budokan Tokyo Japan)

次回は、70年代洋楽名曲ランキング&おすすめ人気アルバム「1972年洋楽名盤10選」後半 です。

最後までご覧頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク