シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80年代洋楽ヒットランキング!1981年の洋楽アルバム編

1981年男女ソロシンガー・ハード&ニューロマンティック名盤登場!!

・1981年のおすすめ80年代洋楽アルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

80年代の洋楽ロックは、今でも人気が高く様々な洋楽アーティストや伝説のバンドが存在します。

ヒット曲・名曲はもちろん、有名なバラード、かっこいい女性シンガーも多いです。

ボクのおすすめアルバムをチャートランキング順で紹介します。

youtube映像の音楽で代表曲を視聴出来ます。

 

・1981年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1981年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。後半です。

今回は、1981年のロックヒットアルバムの紹介の後半となります。記事の最後に、日本の伝説のあのバンドも紹介したいと思います。楽しんで読んで聴いて頂ければとても嬉しいです。では参りましょう!!

前回記事:80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1981年名盤名曲10選」前半




1981年 昭和56年の出来事 日本編

  • 千葉県船橋市に大型ショッピングセンターららぽーとオープン
  • スペースシャトル コロンビアが打ち上げ成功
  • 台風15号関東直撃
  • 校内暴力史上最高に
  • 1月から3月まで記録的な豪雪
  • 神戸市でポートピア’81が開幕
  • 常用漢字が定められる
  • 貸しレコード店大流行
  • 日本初の新交通システムが営業開始
  • 日本劇場が閉館(48年の歴史に幕)
  • テレビ新潟開局
  • スペースシャトル「コロンビア」打ち上げ
  • 日本原電敦賀発電所で放射能漏れ事故
  • 秋田空港開港
  • ファミリーマート開業
  • 作家向田邦子が航空機墜落事故で死去
  • マリンスタイル
  • ウールコート流行
  • カラス族登場
  • ブルゾン流行
  • レッグウォーマー人気
  • 古着ルック
  • ロリコンブーム
  • プレッピールック流行
  • シェイプパンツ大ヒット
  • ロックンロール族原宿に出現
  • サーキュラースカート復活
  • ソアラ(トヨタ自動車)
  • レーザーディスク・プレーヤー LD-1000(パイオニア)
  • 歯磨き アクアフレッシュ(グラクソ・スミスクライン)
  • シェープパンツ(ワコール)
  • 紙おむつ ムーニー(ユニチャーム)
  • 文房具 ポスト・イット(住友スリーエム)

80年代洋楽名盤!1981年第6位!Billy Joel

SONGS IN THE ATTIC  ビルボードアルバムチャート第8位!

・「Songs In The Attic」アルバム解説・

発売:1981年9月発売

プロデュース: フィルラモーン

チャート最高順位:アメリカ第8位

  1. マイアミ2017 – “Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway)” – 5:04
  2. 夏、ハイランドフォールズにて – “Summer, Highland Falls” – 3:06
  3. 街の吟遊詩人は… – “Streetlife Serenader” – 5:17
  4. ロスアンジェルス紀行 – “Los Angelenos” – 3:49
  5. シーズ・ガット・ア・ウェイ – “She’s Got a Way” – 3:00
  6. エヴリバディ・ラヴズ・ユー・ナウ – “Everybody Loves You Now” – 3:07
  7. さよならハリウッド – “Say Goodbye to Hollywood” – 4:16
  8. キャプテン・ジャック – “Captain Jack” – 7:17
  9. 僕の故郷 – “You’re My Home” – 3:06
  10. さすらいのビリー・ザ・キッド – “The Ballad of Billy the Kid” – 5:27
  11. 楽しかった日々 – “I’ve Loved These Days” – 4:35

80年代洋楽アルバム「Songs In The Attic」おすすめ曲紹介!

・Say Goodbye To Hollywood

このアルバムは、ライブアルバムです。

驚いたことに、大ヒットした「素顔のままで」や「ストレンジャー」「オネスティ」などのヒット曲が入っていません。

もっと昔の曲を中心に収録されています。「屋根裏部屋の歌」と呼んでいた古い曲を、コンサートという形で紹介されたアルバムです。

味わいのあるいい曲が多いです。

シングルカットされた「Say Goodbye To Hollywood」も素敵な曲で、なんだか懐かしさを感じさせます。

ビリーのメロディセンス、ソングライティングの力の高さを感じさせますね。

SAY GOODBYE TO HOLLYWOOD /  Billy Joel

Billy Joel – Say Goodbye to Hollywood (Audio)

80年代洋楽バラードおすすめ曲「She’s Got The Way」動画

Billy Joel – She's Got a Way (Audio/1980)

80年代洋楽名盤1981年第7位オリビアニュートンジョン

今回は、高校生のころによく聴いてたものを中心に集めてます。

☆Olivia Newton-John/虹色の扉 シングル10週連続1位

・「Physical」アルバム解説・

発売:1981年10月13日発売

プロデュース:John Farrar

チャート最高順位:シングル「フィジカル」10週連続1位

  1. ランドスライド – Landslide
  2. ストレンジャーズ・タッチ – Stranger’s Touch
  3. ムーヴ・オン・ミー – Make a Move on Me
  4. 貴方にフォーリング – Falling
  5. 愛あればこそ – Love Make Me Strong
  6. フィジカル – Physical
  7. シルヴァリー・レイン – Silvery Rain
  8. キャリード・アウェイ – Carried Away
  9. 絆はふたたび – Recovery
  10. 愛のプロミス – The Promise (Dolphin Song)

オリビアニュートンジョンの曲は小学生の時によく耳にしていました。

「そよ風の誘惑」や「カントリーロード」や「ジョリーン」など、テレビでもラジオでもよく流れていました。

80年代洋楽アルバム「虹色の扉」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Physical

しばらく名前を聞いていなかったのですが、高校生の時に発売された「Physical」、ギターソロがTOTOのスティーヴルカサーなんですよね。

当時の典型的なルカサー節が炸裂しています。

ギターサウンドも、「おおっ!!ルカサー!!!」って感じです。

この曲とスティーヴィーワンダーは、おじさんからもらった東芝のウォークマン(だっ多と思う)で、推薦入試でホテルから試験会場まで向かうバスの中で聴いていました。

とても懐かしいです。では「Physical」を聴いて下さい。

ギターソロ、要チェックです!!

「PHYSICAL」/ Olivia Newton-John

Olivia Newton-John – Physical

・Love Make Me Strong

この曲も「Physical」といっしょによく聴いていた曲です。

「Physical」とこの曲の2曲が特に印象に残っています。

「Love Make Me Strong」/ Olivia Newton-John

Olivia Newton-John – Love Make Me Strong




80年代洋楽名盤!1981年第8位!デュラン デュラン

☆Duran Duran  / DURAN DURAN

・「Duran Duran」アルバム解説・

発売:1981年6月15日発売

プロデュース:Colin Thurston

チャート最高順位:アメリカチャート第10位、イギリスチャート第3位

Side 1

1. “Girls on Film” 3:32
2. “Planet Earth” 3:57
3. “Anyone Out There” 4:03
4. “To the Shore” 3:50
5. “Careless Memories”

Side 2

1. “Night Boat” 5:26
2. “Sound of Thunder” 4:07
3. “Friends of Mine” 5:46
4. “Tel Aviv”5:22

80年代洋楽アルバム「Duran Duran」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

デュランデュランの登場で、「ニューロマンティック」なるものが、登場します。

確か「ヴィサージ」というバンドもいました。

ヴィサージの方が元祖らしいです。

エレクトロポップが中心ですが、生演奏もしっかりやるバンドもいたようです。

デュランデュランもそうですね。

・Planet Earth

当時、アルバムだったか、シングルだったか記憶が定かでないのですが、歌詞カードの裏側に「ニューロマンティックダンス」というものの図解入り踊り方が載っていました。

どんな踊り方だったかなあ、解説映像があれば、見てみたいですね。

では、「Planet Earth」を聴いて下さい。

PLANET EARTH / Duran Duran

Duran Duran – Planet Earth (Official Music Video)

・Girls On Film

この曲もよく流れていた曲ですね。
デュランデュランは、アンディテイラーのギターが特徴的で、ハードなサウンドだったり、カッティングも行っていたりして、ロックテイストを織り込んでいますね。

この辺がのちの「 The  Power Station」につながっていきますね。

では、「Girls On Film(グラビアの美少女)」を聴いて下さい。

GIRLS ON FILM / Duran Duran

Duran Duran – Girls On Film (Official Music Video)




80年代洋楽名盤!1981年ランキング第9位レインボー

☆Rainbow  / DIFFICULT TO CURE  アイ サレンダー

・「Difficult To Cure」アルバム解説・

発売:1981年発売

プロデュース:ロジャーグローバー

チャート最高順位:アメリカチャート第50位、イギリスチャート第3位

  1. アイ・サレンダー I Surrender – 4:10
  2. スポットライト・キッド Spotlight Kid – 5:10
  3. ノー・リリース No Release – 5:42
  4. マジック Magic – 4:15
  5. メイビー・ネクスト・タイム Vielleicht Das Nachste Mal (Maybe Next Time) – 3:23
  6. キャント・ハプン・ヒア Can’t Happen Here – 5:09
  7. フリーダム・ファイター Freedom Fighter – 4:28
  8. ミッドタウン・タネル・ヴィジョン Midtown Tunnel Vision – 4:44
  9. 治療不可 Difficult To Cure – 5:58

80年代洋楽アルバム「Difficult To Cure」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・I Surrender

続きまして、ヴォーカルの感じが似てるぞ編、ということでレジェンドギタリスト、リッチーブラックモア率いるRainbowのアルバから紹介します。

アメリカ進出を意識して、フォリナーのルー・グラムに声質が似ている「ジョー・リン・ターナー」を要して作られたアルバムです。

フォリナーやジャーニーなどのアメリカのバンドと比べると、メロディやアレンジがウェットな感じがして、妙にクラシカルで叙情的だったりするのですが、普通にメロディックハードロックとして聴くと、良い曲です。

では、聴いて下さい。

I SURRENDER /  Rainbow

Rainbow – I Surrender

・Spotlight Kid

ハードロックナンバーとしてシンプルにカッコいい曲だと思います。

ポップさとハードさ、リッチーのクラシカルな感じが上手くミックスされていい感じに仕上がっています。

SPOTLIGHT KID /  Rainbow

Rainbow – Spotlight Kid

80年代邦楽アルバム!1981年第10位!ラウドネス

☆Loudness  / THE BIRTHDAY EVE  誕生前夜

・「The Birthday Eve」アルバム解説・

発売:1981年11月25日発売

プロデュース:ラウドネス

チャート最高順位:

  1. Loudness [5:10]
  2. Sexy Woman [5:39]
  3. Open Your Eyes [4:32]
  4. Street Woman [5:17]
  5. To Be Demon [6:07]
  6. I’m On Fire [3:41]
  7. High Try [5:07]
  8. Rock Shock (More And More) [4:57]

日本が世界に誇るハードロックバンド「LOUDNESS」。

当時アイドルグループであった「LAZY」のギター高崎晃とドラムの樋口宗孝を中心にラウドネスは結成されました。

日本のロックバンドが世界で認知される一つの礎となったのがLOUDNESSでした。

では、アルバムのオープニングナンバーである「LOUDNESS」を聴いて下さい。

LOUDNESS / Loudness

Loudness – LOUDNESS

次回は、80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1982年名盤名曲10選」前半 です。

今回も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

次回もまた、読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク