シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クイーン映画ボヘミアンラプソディ来日ライブ2020セットリスト予想

こんにちは、hisaです。

伝説のバンドクイーンボヘミアンラプソディをモチーフにしたクイーン映画が大ヒットしました。

それによってクイーンのいろいろなアルバムを聴いてみたいと思う新しいファンの方も増えたと思います。

2020年クイーンチケットを手に入れてコンサートに行かれる方、クイーン曲「We Will Rock You」「伝説のチャンピオン」「ドント ストップ ミー ナウ」「キラークイーン」アルバム「オペラ座の夜」「世界に捧ぐ」など、いろいろなアルバムライブアルバムクイーンベストアルバムを除いて全部解説する記事もあります。ぜひご覧になって下さい!

2019年ももう少しで終わります。

2020年になると、そう、伝説のバンドQUEENがやってきます。

QUEENの記事はいくつか書いたのですが、映画「ボヘミアンラプソディ」の大ヒットで新しいファンも増えたのではないかと思います。

あらためてQUEENの紹介をしてみようと思います。

そして北米ツアーのセットリストから、2020年の来日公演セットリストを予想してみようと思います。

楽しく読んで頂ければ嬉しいです。

関連記事:「クイーンライブ動画&セットリスト」一覧





クイーン の 映画 QUEEN「Bohemian Rhapsody」の紹介

この映画は、フレディーマーキュリーにスポットを当てクイーンのアマチュア時代からアルバムデビュー独自の音楽性を貫こうとするアーティスト精神周囲との軋轢、そこから生まれたアルバム「オペラ座の夜」、そして6分以上の長さの曲「ボヘミアンラプソディ」制作状況シングルカットされるまでの道のりやその中でのフレディが自分がバイセクシュアルであることに気付くまでの様子やその後の葛藤、そしてバンドの成功の中でソロアルバムを持ちかけられ天狗になったフレディとメンバーとのいさかい

自分を取り戻し、メンバーとの関係修復へ向けてのフレディの努力、熱意

そしてライブエイドへの出演を決め、素晴しいライブパフォーマンスを披露し、クイーン健在を世に知らしめるが、このころはもうフレディはエイズに体を蝕まれていた。

いろんな葛藤や出来事の中で、クイーン音楽楽曲素晴しさ圧倒的なライブパフォーマンスが鑑賞する人々の心を打つ洋楽の素晴しさクオリティの高さオリジナリティのすごさ唯一無二の存在クイーンを世界にあらためて知らしめた作品です。

実は、アダムランバートトラックの運転手役出演しています。

クイーン ライブエイド QUEEN LIVE YouTube映像 映画と見比べてみよう!!

Live Aid- Queen- Full Set HQ

コレは実際のライブエイドの映像です。

映画と見比べてみて下さい。細かいところまで再現されているのがわかります。

ボクは当時リアルタイムテレビで見ていました。とにかく演奏の勢いスゴく、そして「Hammer To Fall」むちゃくちゃカッコ良くシビレまくりましたよ。

映画実際ライブエイドのパフォーマンス比べた映像もアップしました。なかなか面白いです。ご覧になって下さい!!

Live Aid | Bohemian Rhapsody (2018) – scene comparisons

クイーン QUEEN とは?

クイーン (Queen) は、イギリス・ロンドン出身男性4人組ロックバンド。

イギリスアメリカ日本をはじめ、世界中で成功したバンドの一つである。これまでに15枚のスタジオ・アルバム、その他多くのライブ・アルバムベスト・アルバムを発表。アルバムとシングルのトータルセールス1億7千万枚〜2億枚とされ、1970年代に結成されたロックバンドでAC/DCと並び世界で最も売れたとされる。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて第3位。

1991年にリードボーカルのフレディ・マーキュリーが死去してからも、残されたメンバーによるクイーン名義での活動は断続的に続いており、ギターのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーの2人が、2005年から2009年までポール・ロジャースと組んで「クイーン+ポール・ロジャース」として活動を行った。2011年からアダム・ランバートを迎えた「クイーン+アダム・ランバート」としての編成での活動も行なっている。

2001年には、マイケル・ジャクソン、エアロスミスらと共にロックの殿堂入りをした。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第52位となった。

よく知られたヒット曲として『炎のロックンロール』『輝ける7つの海』『キラー・クイーン』『ナウ・アイム・ヒア』『ボヘミアン・ラプソディ』『愛にすべてを』『ウィ・ウィル・ロック・ユー』『伝説のチャンピオン』『ドント・ストップ・ミー・ナウ』『バイシクル・レース』『地獄へ道づれ』『愛という名の欲望』『RADIO GA GA』『ボーン・トゥ・ラヴ・ユー』などがある。

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/クイーン(バンド))




クイーン サウンドの特徴は?

エレクトリックギターダビングすることによって作られる「ギター・オーケストレーション」と、マーキュリー、メイ、テイラーの3人のメンバーが声のパートを重ねることによって作られる重厚な「コーラス」が、特に初期に目立ったサウンド上の特徴といわれている。

そのギター・オーケストレーションを生み出す源であるメイのハンドメイドギター「レッド・スペシャル」は、机のオークや暖炉のマホガニーを素材にし父親と作ったハンドメイドのギターであり、当時ではまだ珍しかった位相で音を変えるフェイズスイッチローラーブリッジなどの斬新なアイデアが盛り込まれた。また、6ペンスコインピックの代わりに使用していたのも音に影響を与えたといえる。

フィードバック奏法をやりやすくするための空洞なども、独自のサウンド作りに貢献している。ジョン・ディーコンが作った(あるいは既存の製品を改造した)とされるギターアンプも、随所で使用されている。

シンセサイザーを用いずギター・オーケストレーションで重厚なサウンドを生み出していることを明示するため、初期のレコードには「ノー・シンセサイザー」というクレジットがなされている。

クイーンのコーラスの録音方法については、最上パートテイラーが担当することが多い。特にオペラ風コーラスに際しては、BS−TBS番組「SONG TO SOUL ボヘミアン・ラプソディ」において当時のエンジニアら制作関係者の証言で、マルチトラックテープの磁性体が摺り減りテープのベース部分が透けるほど繰り返しコーラス部分のダビングを行った経緯が細かく説明されていた。

また、メンバー全員作曲をして、作風もそれぞれ異なっているため、バリエーションの多様さクイーンの強みとなっている。

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/クイーン(バンド))

クイーン の メンバー はこんな方々です。

Queen
    Queen – montagem – new.png

ブライアン・メイ(上段左)
フレディ・マーキュリー(上段右)
ジョン・ディーコン(下段左)
ロジャー・テイラー(下段右)
Queen Logo.png
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ロック
ハードロック
ポップ・ロック
プログレッシブ・ロック
ヘヴィメタル
アート・ロック
グラムロック
ロック・オペラ
ピアノ・ロック
スタジアム・ロック
活動期間 1971年 –
レーベル イギリスの旗 イギリス
EMI
パーロフォン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
エレクトラ・レコード
キャピトル・レコード→ハリウッド
日本の旗 日本
ワーナー・パイオニア/エレクトラ
東芝EMI→ユニバーサルミュージック
公式サイト クイーン公式サイト
メンバー フレディ・マーキュリー(ボーカル)
ブライアン・メイ(ギター)
ジョン・ディーコン(ベース)
ロジャー・テイラー(ドラムス)

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/クイーン(バンド))




QUEEN LIVE 2020 日本公演 セットリスト 予想です。

 - Innuendo -(オープニング S.E)
  1. 1.Now I’m HerePlay Video
  2. Seven Seas of RhyePlay Video
  3. Keep Yourself AlivePlay Video
  4. Hammer to FallPlay Video
  5. Killer QueenPlay Video
  6. Don’t Stop Me NowPlay Video
  7. Somebody to LovePlay Video
  8. In the Lap of the Gods… RevisitedPlay Video
  9. I’m in Love With My CarPlay Video
  10. Bicycle RacePlay Video
  11. Another One Bites the DustPlay Video
  12. I Want It AllPlay Video
  13. Love of My LifePlay Video
  14. ’39Play Video
  15. Doing All RightPlay Video
  16. Crazy Little Thing Called LovePlay Video
  17. Under PressurePlay Video
  18. Dragon AttackPlay Video
  19. I Want to Break FreePlay Video
  20. You Take My Breath AwayPlay Video
  21. Who Wants to Live ForeverPlay Video
  22. Brian May Guitar SoloPlay Video
  23. Tie Your Mother DownPlay Video
  24. The Show Must Go OnPlay Video
  25. Fat Bottomed GirlsPlay Video
  26. Radio Ga GaPlay Video
  27. Bohemian Rhapsody
  28. Ay‐Oh(アンコール)
  29. We Will Rock You(アンコール)
  30. We Are the Champions(アンコール)

Play Vi    – God Save the Queen -(エンディングS.E)

上記はクイーン+アダムランバート北米公演セットリストを参考にしています。

もちろん,2020年日本公演時には、会場ごとのセットリスト発見出来れば映像もアップしたいと思います。その時はぜひ、見て下さいね!!

次回は、U2来日2019joshua tree tourセットリスト予想です。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!!

スポンサーリンク