シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U2来日2019joshua tree tourセットリスト予想

こんにちは、hisaです。

いよいよ来月に迫ったU2のライブの特集です。公演日程、会場、チケット、アルバム「ヨシュアトゥリー」の紹介やセットリスト予想など書いていきたいと思います。13年ぶりに来日公演を行うU2、ファンの期待は高まっていることでしょう。では行ってみましょう!

関連記事: Night Ranger来日公演予習1st2ndアルバム全曲紹介

U2 joshua tree tour2019年12月4日セットリストさいたまライブ動画

U2 joshua tree tour 2019年12月5日セットリストさいたまライブ動画




U2 来日 チケット 2019 公演日程  会場

U2   ヨシュウトゥリーツアー チケット高いですね。

ヨシュアトゥリー 再現ライブ

「会場」さいたまスーパーアリーナ

「公演日程」2019年12月4日(水)、12月5日(木)

「チケット料金」

・RED ZONE(スタンディング):¥60,000
└専用入場口、特製チケット、バックステージツアー抽選参加権、開演前飲食優先ご案内
・スタンディング(前方):¥19,800
・スタンディング(後方):¥15,800
・SS席(グッズ付き):¥38,800
・S席:¥19,800
・A席:¥16,800

・ステージサイド席:¥9,800
・バックスタンド席:¥7,800

なっかなか強烈なチケットのお値段ですね。

ここ最近アルバム再現ライブが流行ってます。それにしても6万円でバックステージツアーではなくその抽選参加権とか、開演前飲食優先ご案内とかちょっといい加減にしなさい感満載だと思います。

SS席3万8800円とか、ちょっとやり過ぎなのでは?と感じたりするのはボクだけでしょうか。

クイーンもそうだけど、「もう日本に来ないかもしれない」感をアオってもうけよう感がハンパないですねえ。

でも見たいから、これも仕方がないところなんでしょうね。

「Joshua Tree Tour ヨシュア・トゥリー・ツアー」について

この「ヨシュアトゥリー ツアー」は、アルバム「ヨシュアトゥリー」の曲の前にそれ以前の曲、「ヨシュアトゥリー」の曲のあとに、それ以後の曲という構成になっているようです。

ということは、U2の曲の歴史を辿るような流れになっている、ということなんですね。

それは、すごいなあ。それは見たいなあ、と思いますね。

彼らのベストヒットの曲構成になっているってことなんでしょうか。

来日公演は、なんと13年ぶり。いやがおうにも期待が高まります。

チケット高いなんて皮肉言っちゃいましたけど、本心は見に行きたいです。

アルバム「The Joshua Tree / ヨシュア・トゥリー」とは

「ヨシュアトゥリー」は、1987年に発売されたU2の代表的なアルバムです。

「ヨシュアトゥリー」は、アメリカ南西部の地帯に生える「ユッカの樹」のことです。

アルバムジャケットは、「ヨシュアトゥリーナショナルパーク国立公園」で撮影されています。

実は、イーグルスのデビューアルバムのジャケットもここで撮影されています。

アルバムは,全米チャート9週連続1位、全世界で2500万枚以上を売り上げ、彼らの作品の中で最も売れたアルバムです。

音楽的には,アメリカのブルース、カントリー、ゴスペルなどの音楽「ルーツミュージック」に傾倒し、これまでの「鋭さ」から「骨太さ」「大陸的」な部分に変化していっています。

プロデュースは、「ブライアン イーノ」と「ダニエル ラノワ」。

ミックスは「スティーヴ リリーホワイト」とこれまでのU2を手がけてきた熟練のエンジニアたちが担っています。すごい豪華な顔ぶれですね。

U2 メンバー 紹介

U2 ヴォーカル 「 ボノ」

ボノBono、1960年5月10日-)は、アイルランド・ダブリン出身のミュージシャン。ロックバンド、U2のリードボーカルであり、バンドのフロントマンとして知られる。本名はポール・デイヴィッド・ヒューソン KBE(Paul David Hewson KBE)。

U2の歌詞のほとんどはボノによって書かれたものであり、そのテーマは政治や宗教など社会的なものが多い。特に初期の作品では宗教に関連したものが多く、U2に宗教的なイメージ付けをするものとなった。しかしバンドが成熟するにつれ、彼自身やメンバーの個人的な体験について書かれた歌詞も増えている。

国際的な慈善活動家としても知られ、ノーベル平和賞の候補に3度選ばれている。

ボノ (Bono)
U2 in London (35732370281).jpg

ボノ(2017年)
基本情報
出生名 Paul David Hewson
別名 Bono
生誕 1960年5月10日(59歳)
出身地 アイルランドの旗 アイルランド ダブリン
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカル
ギター
ハーモニカ
活動期間 1976年 – 現在
共同作業者 U2
公式サイト http://www.U2.com/

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/ボノ)

U2 ギター 「 edge ジ・エッジ」

ジ・エッジThe Edge、1961年8月8日 – )は、イングランド生まれアイルランド育ちのロック・ミュージシャンで、U2のギタリストである。本名はデヴィッド・ヒューウェル・エヴァンス(David Howell Evans)。ウェールズ系である。

「ジ・エッジ」というステージネームの由来は、本人の説明によれば、顔や鼻の形が角立っているからだという。

ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第24位、2011年の改訂版では第38位。

ジ・エッジ
U2 in Miami, Jun 11 2017 (34483638933).jpg

ジ・エッジ(2017年)
基本情報
出生名 David Howell Evans
生誕 1961年8月8日(58歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ロック、ポスト・パンク
オルタナティヴ・ロック
職業 ミュージシャン、作曲家
担当楽器 ギター
ボーカル
ピアノ
スティール・ギター
活動期間 1978年-現在
レーベル アイランド・レコード
共同作業者 U2, パッセンジャーズ
公式サイト U2.com

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/ジエッジ)

U2 ベース 「 アダム」

アダム・チャールズ・クレイトンAdam Charles Clayton、1960年3月13日 – )は、イングランド生まれ、アイルランド育ちのロック・ミュージシャンで、U2のベーシストである。

アダム・クレイトン
U2 in Tampa, Jun 14 2017 (34966292060).jpg

アダム・クレイトン(2017年)
基本情報
出生名 Adam Charles Clayton
生誕 1960年3月13日(59歳)
イングランドの旗 イングランド オックスフォードシャー
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ベース
活動期間 1978年-現在
共同作業者 U2
公式サイト www.U2.com

アダム・チャールズ・クレイトンAdam Charles Clayton、1960年3月13日 – )は、イングランド生まれ、アイルランド育ちのロック・ミュージシャンで、U2のベーシストである。

オックスフォードシャーで生まれ、幼い頃にアイルランドのダブリンに引っ越す。高校時代にドラマーのラリー・マレン・ジュニアに誘われ、U2の前身となるアマチュアバンドを結成。最初の練習にアンプを持参したため、ベース担当に決まる。バンドが正式なマネージャー、ポール・マクギネスと契約するまでは、出演交渉などマネージャー役も務めていた。1979年にU2としてデビューして以来、不動のベーシストとして活動している。

U2以外の活動では、ラリー・マレン・ジュニアとのリズム隊コンビでダニエル・ラノワ『アカディ』(1989年)[1]ナンシー・グリフィス(英語版)『Flyer』(1994年)[2]といったアルバムに参加。また、1996年にはラリー・マレン・ジュニアとの連名で映画『ミッション・インポッシブル』のテーマソングをアレンジし、シングルリリースも行った。

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/アダムクレイトン)

U2 ドラム 「ラリー」

ローレンス・ジョゼフ “ラリー” マレン・ジュニア(Lawrence Joseph “Larry” Mullen, Jr., 1961年10月31日 – )は、アイルランドのダブリン出身のロック・ミュージシャン。U2のドラマーであり、バンドの発足人として知られる。一部では名前を「ラリー・ミューレン・ジュニア」と表記している場合もある。

ラリー・マレン・ジュニア
Larry 2015.jpg

ラリー・マレン・ジュニア(2015年)
基本情報
出生名 Lawrence Joseph Mullen Jr.
生誕 1961年10月31日(58歳)
アイルランドの旗 アイルランド ダブリン
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム、パーカッション
活動期間 1978年-現在
共同作業者 U2
公式サイト www.U2.com

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/ラリーマレンジュニア)




U2 来日 2019  setlist セットリスト 予想

同名のツアーのセットリストはこんな感じでした。

日本公演では違うかもしれませんが,参考にはなるかもしれません。

1.Sunday Bloody Sunday
2.New Year’s Day
3.A Sort Of Homecoming
4.Pride (In the Name of Love)
「ヨシュアトゥリー 楽曲」↓
5.Where the Streets Have No Name
6.I Still Haven’t Found What I’m Looking For
7.With or Without You
8.Bullet the Blue Sky
9.Running To Stand Still
10.Red Hill Mining Town
11.In God’s Country
12.Trip Through Your Wires
13.One Tree Hill
14.Exit
15.Mothers Of The Disappeared
~アンコール~
16.Beautiful Day
17.Elevation
18.Ultraviolet (Light My Way)
19.One
20.Miss Sarajevo
21.Bad
22.I Will Follow




アルバム「The Joshua Tree / ヨシュア・トゥリー」曲の紹介 youtube

1.Where the Streets Have No Name
2.I Still Haven’t Found What I’m Looking For
3.With or Without You
4.Bullet the Blue Sky
5.Running To Stand Still
6.Red Hill Mining Town
7.In God’s Country
8.Trip Through Your Wires
9.One Tree Hill
10.Exit
11.Mothers Of The Disappeared
いよいよ来月!!高まる〜!って感じですね。今後も来日アーティスト特集行います!
ぜひ、読んで下さいね!
最後までご覧頂きありがとうございました。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク