シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STINGスティング来日公演ライブチケット2019年10月

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

もうすぐ10月ですね。

今回はもうすぐ来日公演がスタートする「スティング」を特集してみようと思います。公演日程や来日メンバー、代表曲などいろいろ紹介していきますね。

関連記事:NIGHT RANGER来日公演!2017年ライブレポ in広島

     クイーンの映画ボヘミアンラプソディ日本公演ライブ2020来日情報チケット




2019年10月スティングの来日公演は、ベストアルバム「My Songs」ツアー

今回のツアーは、ポリスとスティングの名曲を2019年の視点でセルフカヴァーした作品で、新しい形のベストアルバムです。「My Songs」と名付けられたこのアルバムの曲を中心に来日公演で演奏されます。新しいアプローチのスティングの名曲の数々、聴くのが楽しみですね。

スティングの来日公演日程は?

・福岡公演

2019年10月7日(月) 福岡国際センター OPEN 18:00  / START 19:00

S席:18000円(アリーナ席・スタンド席)

A席:17000円(スタンド席後方数列)  座席指定・税込

・幕張公演

2019年10月9日(水)10日(木) 幕張メッセ7・8ホール OPEN 18:00  / START 19:30

S席:18000円 A席:17000円  座席指定・税込

・仙台公演

2019年10月12日(土) 丸善インテックアリーナ(大阪市中央体育館)

OPEN 18:00  / START 19:00

S席:18000円 A席:17000円  座席指定・税込

・大阪公演

2019年10月15日(火) 福岡国際センター OPEN 18:00  / START 19:00

S席:18000円(アリーナ席・スタンド席)

A席:17000円(スタンド席後方数列)  座席指定・税込

気になる来日メンバーは誰?

では、気になる来日メンバーをご紹介しましょう。

来日メンバー(予定)

Sting(スティング)- Vocals / Bass

Dominic Miller(ドミニク・ミラー) – Guitar / Vocals

Rufus Miller(ルーファス・ミラー) – Guitar

Josh Freese(ジョシュ・フリーズ) – Drums

Kevon Webster(ケヴォン・ウェブスター) – Keyboards

Gene Noble(ジーン・ノーブル) – Backing Vocals

Melissa Musique(メリッサ・ムジーク) – Backing Vocals

Shane Sager(シェーン・セイガー) – Harmonica

長年スティングのツアーに参加しているギタリスト、おなじみの「ドミニク・ミラー」がいますね。他のメンバーもしっかりとしたキャリアを持ったミュージシャンたちです。素晴らしい演奏になること間違い無しですね。

スティングのプロフィール・ディスコグラフィは?

スティングのプロフィールは?

スティングSting、本名:ゴードン・マシュー・トーマス・サムナー Gordon Matthew Thomas Sumner, CBE、1951年10月2日 – )は、イングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。

1977年にロックバンド「ポリス」を結成し、ベーシスト兼ボーカルとして活躍した。ポリス活動休止後はソロ・アーティストに転じ、グラミー賞など数々を受賞。俳優としても知られている。

妻は女優トゥルーディー・スタイラー、息子はフィクション・プレインのボーカル担当ジョー・サムナー、娘は歌手のエリオット・サムナー(デビュー時の名はアイ・ブレイム・ココ(I Blame Coco))。身長181cm。

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/スティング_(ミュージシャン)#アルバム_2

ポリス時代のアルバムは?

ポリス時代のアルバムを紹介します。

  • 1978年 『アウトランドス・ダムール』 – Outlandos d’ Amour
  • 1979年 『白いレガッタ』 – Reggatta de Blanc
  • 1980年 『ゼニヤッタ・モンダッタ』 – Zenyatta Mondatta
  • 1981年 『ゴースト・イン・ザ・マシーン』 – Ghost in the Machine
  • 1983年 『シンクロニシティー』 – Synchronicity
  • 1986年 『ポリス・ザ・シングルス〜見つめていたい』 – Every Breath You Take:The Singles
  • 1995年 『ポリス・ライヴ』 – Live!

ソロ時代のアルバムは?

ソロになってからの方が、アルバム数が断然多いですね。

・1985年 『ブルー・タートルの夢』 – The Dream of the Blue Turtles

・1987年 『ナッシング・ライク・ザ・サン』 – …Nothing Like the Sun

・1991年 『ソウル・ケージ』 – The Soul Cages

・1993年 『テン・サマナーズ・テイルズ』 – Ten Summoner’s Tales

・1996年 『マーキュリー・フォーリング』 – Mercury Falling

・1999年 『ブラン・ニュー・デイ』 – Brand New Day

・2003年 『セイクレッド・ラヴ』 – Sacred Love

・2006年 ソングス・フロム・ザ・ラビリンス』 – Songs from the Labyrinth

・2009年 ウィンターズ・ナイト』 – If on a Winter’s Night…

・2010年 シンフォニシティ』 – Symphonicities

・2013年 『ザ・ラスト・シップ』 – The Last Ship

・2016年 『ニューヨーク9番街57丁目』 – 57th & 9th

2019年スティングのセルフカバーのべストアルバム「My Songs」

曲順をご紹介しますね。

STING 「MY SONGS」

  1. Brand New Day
  2. Desert Rose
  3. If You Love Somebody Set Them Free
  4. Every Breath You Take
  5. Demolition Man
  6. Can’t Stand Losing You
  7. Fields Of Gold
  8. So Lonely
  9. Shape Of My Heart
  10. Message In A Bottle
  11. Fragile
  12. Walking On The Moon
  13. Englishman In New York
  14. If I Ever Lose My Faith In You
  15. Roxanne (Live)
  16. Synchronicity II (Live)
  17. Next To You (Live)
  18. Spirits In The Material World (Live)
  19. Fragile (Live)
  20. I Can’t Stop Thinking About You (Live)※日本盤ボーナス・トラック

STING 「MY SONGS」音源紹介

「MY SONGS」の中から何曲か紹介します。残りはアルバムをご購入下さいね。

IF YOU LOVE SOMEBODY SET THEM FREE

Sting – If You Love Somebody Set Them Free (My Songs Version/Audio)

WALKING ON THE MOON

Sting – Walking On The Moon (Audio)

ENGLISHMAN IN NEW YORK

Sting – Englishman In New York (Audio)

SYNCHRONICITY

Sting – Synchronicity (Live) (Audio)

SHAPE OF MY HEART

Sting – Shape Of My Heart (Audio)

いかがでしたか?2019年10月の来日公演ももうすぐです。

行かれる方は楽しんできて下さいね!

次回は、スティング来日公演20191007福岡セットリスト&ライブ動画です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク