シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギター初心者 曲 練習法③コードの押さえ方と覚え方のおすすめ

こんにちは、hisaです。

今回も読んで頂きありがとうございます。

今日は、コードの押さえ方を覚えて、いろんなポジションで

コードが弾けるようになると、すっごいバッキングの幅が広がる

話をします。しっかり練習しておくと、応用がききますよ〜。

前回のギター 初心者 曲 練習法②簡単なコードで深める

練習パターンで進めていきます。





基本のコードの押さえ方はこの5選!!

基本的なローコードから覚えよう!

ギターを始めたばかりの皆さんは、

基本的なローコードから覚えていくと良いと思います。

C」のローコード、「D」のローコード、「E」のローコード、

「G」のローコード、「A」のローコードです。

押さえ方のフォームはいくつある?

押さえ方の「フォーム」は、

「C」フォーム、「D」フォーム、「E」フォーム、「G」フォーム、「A」フォーム

が、あります。あれっ?「F」と「B」は、どうしたのっ?と思われますよね。

実は「F」は「E」が半音(1フレット分)上がったもの。

「B」は「A」が2フレット(全音)上がったものなんですね。

5つのポジションで「C」が弾ける!

以下のの5つのポジションで「C」が弾けます。すべて「C」です。

「Aフォーム」「Gフォーム」「Eフォーム」「Dフォーム」「Cフォーム」

の5パターンです。下記の画像で、フォームをご確認下さいね。

↑Aフォーム  ↑Gフォーム  ↑Eフォーム  ↑Dフォーム  ↑Cフォーム

「C」のコードを押さえてみよう!

まずは、コードを押さえることから始めて下さい。

1オクターブ上の「C」フォーム、「G」フォームの2つのフォームは、

押さえるのにかなりしんどいです。

「A」フォームは、3フレットを人差し指1本で押さえます。

「E」フォームは、8フレットを人差し指1本で6弦分押さえます。

人差し指1本で複数弦を同時に押さえることを、

「セーハ」「バレー」と言います。

「F」がポピュラーですね。

「G」フォームは結構指を開かなくてはならないので、大変です。

まずは、押さえることに慣れて下さい。




エレキギター初心者練習法〜コードの覚え方①〜

コードの押さえ方を効率よく覚えるためのポイントは?

まず、上記の5つの基本コードフォームから覚えることです。

「覚える」というのは、パッとそのコードが押さえられる状態

になることを示します。

コードブックにはいろいろ載っていますが

バラバラで覚えるのではなく、上記の基本コードフォームを

身につけて、それを基軸に発展・展開させていくようにして下さい。

その方が応用が利くようになります。

エレキギター初心者練習法〜実践5つのフォーム〜

さあ、左足の動きにも注意して弾いてみよう!

基本コードフォームの押さえ方を理解したら、練習してみましょう!

練習方法は、前回のギター初心者 曲 練習法②簡単なコードで深める

をご確認下さいね。

・メトロノームのテンポは「70」からスタート!

【練習用メトロノーム】クリック音(4/4拍子:テンポ70)ギタードラムベース等楽器練習等に★

・左足は、「ワンエントゥエンスリーエンフォエン」で

太字でかかとを降ろし、小さい字でかかとを上げる、でしたね。

音源に合わせて、5つのフォームで「C」を弾こう!

・最初は「C」フォーム、続いて「A」フォーム、「G」フォーム

「E」フォーム、「D」フォームと進めて下さい。

どのフォームも「イチ」「ワン」でジャ〜ンです。

音源は、1小節の4回ダウンストロークしていますが、

最初は、イチ、ワンの1回のストロークで良いです。

それは、最初から急に次のフォームへ移れないからです。

↑テンポ70でのCのフォーム移動練習用音源です。

問題点発生?

ここで問題点が出てきます。「ああ〜、押さえられない〜っ!!」

です。特に「G」フォームあたり。

最初は「A」フォーム、「E」フォームの繰り返しから始めましょう。

押さえられるようになってきたら1つ1つ加えていきましょう。

いろんなフォームでコードを覚えると、左手の移動距離が短縮出来、

効率的になります。とても役に立ちます。

もちろんメトロノームに合わせること、テンポは徐々に

上げることを忘れないで下さいね。




エレキギター初心者暗記事項〜小節とは何か〜

1小節とは?

基礎知識も少しずつ覚えていきましょう。

4分の4拍子において「、ニ、サ、シ

ワンエントゥエンスリーエンフォエン」と

4分音符を4つ数える単位を「1小節」と言います。

1小節を音符の個数で考える!

8分音符は、4分音符の半分ですから、

1小節は、8分音符8個分。

16分音符は、8分音符の半分、4分音符の4分の1です。

1小節は、16分音符16個分です。

これが「1小節」の考え方です。

1小節×2回で「2小節」となります。

↑4分音符     ↑8分音符      ↑16分音符

↓の記事も合わせてご覧下さい!!

エレキギター初心者練習編「最初に差がつくリズム・音符の知識」

4小節単位を身につけよう!

楽譜は「4小節」単位で書かれていくことが多いです。

4小節でワンセットの感覚を身につけていきましょう!

4の倍数の単位で考えます。4小節、8小節、16小節と

偶数単位で考えることが多いです。奇数だと収まりがあまり

良くないのです。

何分の何拍子は、分数ではありません。

4分の4拍子の「4分」「4分音符」という意味です。

4拍子は「1小節に4つある」という意味です。

だから、4分の4拍子は「1小節中に4分音符が4つ」という意味です。

4分の3拍子は「1小節に4分音符が3つ」という意味です。

「イチ、ニイ、サン、イチ、ニイ、サン」と数えます。

ちなみに「8分の6拍子」「1小節に8分音符が6つ」

いう意味です。分数ではないので注意して下さい。

関連記事:

エレキギター初心者練習編「最初に差がつくリズム・音符の知識」

実は、今回もシンプルながらも、かなり濃い内容です。

実践はシンプルに、中身は効率的で実は濃い、という感じで

何とか分かりやすく書こうと思っています。

次回は、ギター初心者 曲 練習法④コードの覚え方コードチェンジ1 です。 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!

また読んで下さいね!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク