シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「イエスタデイ僕はビートルズ」後期ビートルズアルバム名曲紹介

こんにちは、hisaです。

「ビートルズアルバムヒット曲紹介特集」も後半となりました。

後半も名盤の目白押しで素晴しい楽曲の数々です。

ああだのこうだの言わずに、どんどん行きますね!

前回記事:映画「イエスタデイ僕はビートルズ」前期ビートルズアルバム名曲紹介




サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band(1967)

①SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND
②WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS
③LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS
④GETTING BETTER
⑤FIXING A HOLE
⑥SHE’S LEAVING HOME
⑦BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE!
⑧WITHIN YOU WITHOUT YOU
⑨WHEN I’M SIXTY-FOUR
⑪LOVELY RITA
⑪GOOD MORNING GOOD MORNING
⑫SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise)
⑬A DAY IN THE LIFE

世界初のコンセプト・アルバムと呼ばれ、その後のポップ・ミュージックに大きな影響を与えたアルバムです。

好みが分かれ、賛否両論があるアルバムだと思います。

他のビートルズのアルバムとは趣が違います。

実験的な雰囲気があり「ポップな」とは少し違います。

そのため戸惑う方もいるかもしれませんね。

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Remastered 2009)
With A Little Help From My Friends (Remastered 2009)
Lucy In The Sky With Diamonds (Remastered 2009)
Getting Better (Remastered 2009)
A Day In The Life (Remastered 2009)

マジカル・ミステリー・ツアー – Magical Mystery Tour(1967)

①MAGICAL MYSTERY TOUR
②THE FOOL ON THE HILL
③FLYING
④BLUE JAY WAY
⑤YOUR MOTHER SHOULD KNOW
⑥I AM THE WALRUS
⑦HELLO GOODBYE
⑧STRAWBERRY FIELDS FOREVER
⑨PENNY LANE
⑩BABY YOU’RE A RICH MAN
⑪ALL YOU NEED IS LOVE

Magical Mystery Tour (Remastered 2009)
The Fool On The Hill (Remastered 2009)
Hello, Goodbye (Remastered 2009)
Strawberry Fields Forever (Remastered 2009)
Penny Lane (Remastered 2009)
All You Need Is Love (Remastered 2009)

映画のマジカルミステリーツアーは、イギリスで酷評され、アメリカでの公開はキャンセルされてしまいました。

1976年になるまで公になることは無く、アンダーグラウンド扱いでした。

しかし、サウンドトラックは好意的に受け入れられ、アメリカのチャートでは、8週連続1位を獲得しました。

確かに楽曲を見ると、「マジカルミステリーツアー」に始まって「フールオンザヒル」「ハローグッドバイ」「オール ユー ニード イズ ラブ」など、素晴しい曲がいっぱい入っていますよね。




ザ・ビートルズ – The Beatles(1968)

通称『ホワイト・アルバム(WHITE ALBUM)』と言われています。

アップルレーベルの初アルバムで、オリジナルアルバムでは唯一の二枚組です。

30曲収録というボリュームで、曲調はバラードからギターの弾き語り調、ボードビルからハードロック、ミュージックコンクレート風まで幅広い音楽性の曲が収録されています。

ディスク:1
①BACK IN THE U.S.S.R.
②DEAR PRUDENCE
③GLASS ONION
④OB-LA-DI, OB-LA-DA
⑤WILD HONEY PIE
⑥THE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL
⑦WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
⑧HAPPINESS IS A WARM GUN
⑨MARTHA MY DEAR
⑩I’M SO TIRED
⑪BLACKBIRD
⑫PIGGIES
⑬ROCKY RACCOON
⑭DON’T PASS ME BY
⑮ WHY DON’T WE DO IT IN THE ROAD?
⑯I WILL
⑰JULIA

Back In The U.S.S.R. (Remastered 2009)
Ob-La-Di, Ob-La-Da (Remastered 2009)
While My Guitar Gently Weeps (Remastered 2009)
Blackbird (Remastered 2009)

ディスク:2
①BIRTHDAY
②YER BLUES
③MOTHER NATURE’S SON
④EVERYBODY’S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY
⑤SEXY SADIE
⑥HELTER SKELTER
⑦LONG, LONG, LONG
⑧REVOLUTION 1
⑨HONEY PIE
⑩SAVOY TRUFFLE
⑪CRY BABY CRY
⑫REVOLUTION 9
⑬GOOD NIGHT

Birthday (Remastered 2009)
Helter Skelter (Remastered 2009)
Revolution 1 (Remastered 2009)

イエロー・サブマリン – Yellow Submarine(1969)

①Yellow Submarine
②Hey Bulldog
③Eleanor Rigby
④Love You To
⑤All Together Now
⑥Lucy in the Sky with Diamonds
⑦Think For Yourself
⑧Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
⑨With a Little Help from My Friends
⑩Baby, You’re a Rich Man
⑪Only A Northern Song
⑫All You Need Is Love
⑬When I’m Sixty-Four
⑭Nowhere Man
⑮It’s All Too Much

レコードではA面 のみがビートルズの作品。

メンバーが当初乗り気でなかったので、既録音の余った曲や捨て曲が主に収録されました。

レコードB面は、ジョージ・マーティン作曲・編曲による、オーケストラでのサウンドトラックとなっています。

The Beatles – Yellow Submarine

アビイ・ロード – Abbey Road(1969)

①COME TOGETHER
②SOMETHING
③MAXWELL’S SILVER HAMMER
④OH! DARLING
⑤OCTOPUS’S GARDEN
⑥I WANT YOU (She’s So Heavy)
⑦HERE COMES THE SUN
⑧BECAUSE
⑨YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY
⑩SUN KING
⑪MEAN MR MUSTARD
⑫POLYTHENE PAM
⑬SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW
⑭GOLDEN SLUMBERS
⑮CARRY THAT WEIGHT
⑯THE END
⑰HER MAJESTY

不発に終わった『ゲット・バック・セッション』のアルバム制作後にレコーディングされた作品なので、レコーディング・セッションの詳細が明るみに出るまでは、本作がビートルズのラスト・アルバムとされてきました。

しかしこのアルバムがリリースされた後の1970年にも『ゲット・バック・セッション』のレコーディングが続けられ、その後同年3月から4月にわたってフィル・スペクターがアルバムを再制作し直したことが明らかになったので、次作の『レット・イット・ビー』がビートルズのラスト・アルバムであることが判明しました。

アルバムの完成度は極めて高く、特にアナログ盤B面に収録された、未完成曲を繋げたメドレーは素晴らしいとの評価です。

4人が並んで横断歩道を歩くジャケット写真は非常に有名ですね。

Come Together (Remastered 2009)
Something (Remastered 2009)
Oh! Darling (Remastered 2009)
Here Comes The Sun (Remastered 2009)
Golden Slumbers (Remastered 2009)




レット・イット・ビー – Let It Be(1970)

①TWO OF US
②DIG A PONY
③ACROSS THE UNIVERSE
④I ME MINE
⑤DIG IT
⑥LET IT BE
⑦MAGGIE MAY
⑧I’VE GOT A FEELING
⑨ONE AFTER 909
⑩THE LONG AND WINDING ROAD
⑪FOR YOU BLUE
⑫GET BACK

1969年1月22~31日、4月30日および1970年1月3~5日のセッションでレコーディングされた音源を元に、1970年3月23日から4月2日にかけてフィル・スペクターがオーケストラやコーラスを加えるなどして編集し完成させたアルバムです。

曲目が全て一緒ではないようですが、当時の曲の本来のアレンジに近く編集・リミックスされたアルバムが、2003年11月、『レット・イット・ビー…ネイキッド』として発売されました。

Two Of Us (Remastered 2009)
Across The Universe (Remastered 2009)
Let It Be (Remastered 2009)
The Long And Winding Road (Remastered 2009)
Get Back (Remastered 2009)

ビートルズは、プリーズプリーズミーを1963年に発売して、レットイットビーを1970年に発売して解散しています。

10年も活動していないのですね。ずっと受け継がれ続けているので、もっと長く活動していたかのように思っていました。

映画「イエスタデイ」をきっかけとして、ビートルズをもっとたくさんの方々に聴いて頂けるといいですね。

「洋楽ポップスいろいろ」一覧

最後までご覧頂きありがとうございました。

また読んで下さいね!

スポンサーリンク