シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二宮愛さんカバー曲邦楽編「糸(Ito)&若者のすべて」

こんにちは、hisaです。

今回は、中島みゆきさんの「糸(Ito)」、
フジファブリックの「若者のすべて」です。

中島みゆきさんの曲では、言葉を大切にした心に届く愛さんの歌を、

若者のすべてでは、いつものカバー曲とは、ちょっとだけ違う、可愛らしい歌い方をする愛さんに注目です。

どちらもとても素敵です。

どうぞお楽しみ下さい

カテゴリー:二宮愛さんの素敵な歌を楽しむカテゴリー

オススメ:80年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

オススメ:70年代洋楽ベストヒットアルバム名盤100選

AI NINOMIYA 二宮愛さんのyoutube チャンネルです。

登録すると、毎週素敵な歌声が更新されますよ〜!!

12/19にはyoutube配信ライブも行われました〜。

登録数も5万人になったそうですよ〜!!!

二宮愛(Ai Ninomiya)さんカバー曲 中島みゆき「糸(Ito)」

どうして二宮愛さんは、この曲をこういう風に癖をつけず、

素直な歌い方が出来て心に届けることができるのだろうか、

しかも愛さんの個性は失わず「二宮愛さんの歌」として届けることが出来る、

なんということでしょう(はて、どっかで聞いたようなフレーズ笑)ね。

「このカバーを聴いてくださる皆さんにも同じ心地よさを感じていただけるように大切に歌いました。」

この言葉にヒントがありますね。

聴いている人に「歌」「言葉」を届けることを大切に思われているかもしれませんね。

中島みゆき「糸(Ito)」 歌詞

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ
こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます

二宮愛(Ai Ninomiya)さんカバー曲 フジファブリック「若者のすべて」

原曲は、結構淡々とした感じなのですが、

愛さんのカバーは、「キュートな女子」な感じですねえ。

可愛らしくて良いですね。こういった歌い方も出来るってスゴイなあ。
アレンジもとても良くて、爽やかな雰囲気がとても素敵です。

フジファブリック「若者のすべて」 歌詞

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた
それでもいまだに街は 落ち着かないような 気がしている

夕方5時のチャイムが 今日はなんだか胸に響いて
「運命」なんて便利なものでぼんやりさせて

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな きっとね いないよな
会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ

世界の約束を知って それなりになって また戻って

街灯の明かりがまた 一つ点いて 帰りを急ぐよ
途切れた夢の続きをとり戻したくなって

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな きっとね いないよな
会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ

すりむいたまま 僕はそっと歩き出して

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな なんてね 思ってた
まいったな まいったな 話すことに迷うな

最後の最後の花火が終わったら
僕らは変わるかな 同じ空を見上げているよ

次回は二宮 愛さんカバー曲洋楽編「カーペンターズ&オアシス」をお送りします。

次回も素敵な歌声をお届けします。お楽しみに。

筆者のyoutubeチャンネル(演奏動画あり!!)

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!!

また読んでくださいね!!

ホームに戻る

スポンサーリンク