シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年80年代 洋楽 名盤1位特集!英&米有名バンド

こんにちは、hisaです。

ご覧頂きありがとうございます。

80年代洋楽アルバムは、今でも人気が高く様々な洋楽アーティストや伝説のバンドが存在します。

ヒット曲・名曲はもちろん、有名なバラード、かっこいい女性シンガーも多いです。

ボクのおすすめアルバムをチャートランキング順で紹介します。

youtube映像の音楽で代表曲を視聴出来ます。

 

 記事内容は、

・1988年のおすすめアルバムのチャートランキング!!

・その年の「洋楽ロックおすすめアーティストのアルバム&おすすめ曲」!!

・おすすめアルバムの「発売日」「チャート最高順位」「プロデューサー」「収録曲」

・おすすめアルバム中の「洋楽バラードの名曲」の紹介

・おすすめ曲を「youtube映像」でお楽しみ頂けます。

・前半でその年の「日本(邦楽)のヒット曲」、後半で「その年の日本の出来事」を紹介

・1年分を「前半」と「後半」に分けています。

ぜひ、解説を見ながらいろいろな音楽をお楽しみ下さい。

同年の日本のヒット曲や日本の出来事も掲載しています。

照らし合わせてご覧頂くと楽しめると思います。

今回は1988年にヒットした洋楽 ロックのアルバムをご紹介します。前半です。

1988年になってくると、新しい傾向というよりは、大物ハードロックバンドのニューアルバムやヒップホップになる手前の「ブラコン」と言われた「ブラックコンテンポラリーミュージック」の時代の足音が聞こえ始めます。

キレッキレのダンスの時代が次の年に来ますよ。

前回記事:80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1987年名盤名曲10選」後半





邦楽ヒット曲 1988年  昭和63年

1988年の日本のヒット曲です。

  • 光GENJI「ガラスの十代」「パラダイス銀河」
  • 中山美穂「人魚姫」「You’re My Only Shinin’ Star」
  • 島倉千代子「人生いろいろ」
  • 長渕剛「とんぼ」「乾杯」
  • 男闘呼組「DAYBREAK」
  • 工藤静香「抱いてくれたらいいのに」「MUGO・ん…色っぽい」
  • 久保田利伸「You were mine」
  • 南野陽子「吐息でネット」「秋からも、そばにいて」
  • 田原俊彦「抱きしめてTONIGHT」
  • 今井美樹「彼女とTIP ON DUO」「静かにきたソリチュード」
  • 氷室京介「ANGEL」
  • 坂本冬美「祝い酒」
  • 浅香唯「C-Girl」「セシル」「Melody」
  • Wink「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」
  • 浜田麻里「Heart and Soul」
  • 渡辺美里「恋したっていいじゃない」
  • THE BLUE HEARTS「TRAIN-TRAIN」
  • 山下達郎「GET BACK IN LOVE」
  • TUBE「Beach Time」「Remember Me」
  • TM NETWORK「SEVEN DAYS WAR」「RESISTANCE」「COME ON EVERYBODY」
  • サザンオールスターズ「みんなのうた」
  • 桑田佳祐「いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)」
  • 武田鉄矢・芦川よしみ「男と女のはしご酒」
  • HOUND DOG「AMBITIOUS」「Only Love」
  • 吉幾三「酒よ」
  • 徳永英明「風のエオリア」
  • 少年隊「ふたり」
  • 尾崎豊「太陽の破片」
  • 松田聖子「旅立ちはフリージア」
  • チェッカーズ「素直にI’m Sorry」「ONE NIGHT GIGOLO」
  • ドリーミング「アンパンマンのマーチ」
  • 中森明菜「AL-MAUJ (アルマージ)」「TATTOO」「I MISSED “THE SHOCK”」
  • 酒井法子「夢冒険」
  • BUCK-TICK「JUST ONE MORE KISS」
  • PERSONZ「RomanEsque-HeartAche」「BE HAPPY」「CAN’T STOP THE LOVE」
  • カルロス・トシキ&オメガトライブ「アクアマリンのままでいて」

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1988年第1位! U2

☆U2  / RATTLE AND HUM  魂の叫び

・「Rattle And Hum」アルバム解説・

発売:1987年10月10日

プロデュース: ジミー・アイオヴィン

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス1位

  1. ヘルター・スケルター – Helter Skelter (ライブ)
  2. ヴァン・ディマンズ・ランド – Van Diemen’s Land
  3. ディザイアー – Desire
  4. ホークムーン269 – Hawkmoon 269
  5. 見張塔からずっと – All Along The Watchtower (ライブ)
  6. アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅) – I Still Haven’t Found What I’m Looking For (ライブ)
  7. フリーダム・フォー・マイ・ピープル – Freedom For My People(アダム・マギーの演奏曲)
  8. シルヴァー・アンド・ゴールド – Silver And Gold (ライブ)
  9. プライド – Pride (In The Name Of Love) (ライブ)
  10. エンジェル・オブ・ハーレム – Angel Of Harlem
  11. ラヴ・レスキュー・ミー – Love Rescue Me
  12. ラヴ・カムズ・トゥ・タウン – When Love Comes To Town
  13. ハートランド – Heartland
  14. ゴッド・パートII – God Part II
  15. 星条旗よ永遠なれ – The Star Spangled Banner (ジミ・ヘンドリックスの演奏曲)
  16. ブレット・ザ・ブルー・スカイ – Bullet The Blue Sky (ライブ)
  17. オール・アイ・ウォント・イズ・ユー – All I Want Is You

80年代洋楽アルバム「Rattle And Hum」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Desire

このアルバムは、「ヨシュトゥリーツアー」のライブドキュメンタリー映画のサウンドトラックとなっています。

前半は、レコーディング風景やインタヴューがモノクロで、後半は迫力のあるライブがカラーで、という構成になっています。

新曲が9曲も入っていて、ライブ音源は6曲、カバー曲もあります。

実は、アルバムと映画では曲がかなり異なっていて、アルバムは17曲、映画は22曲の構成です。

以前、友人からこの映画のジ・エッジの結構大きなモノクロのポスターをもらったんだけど、今はどこに行ってしまったんだろうなあ。

DESIRE  /  U2

U2 – Desire /live/, STS Studio, Dublin, Ireland ( Rattle And Hum) /1988/

・Pride(In The Name Of Love)

この曲は、アルバム「The Unforgettable Fire」からの曲で、ボノがシカゴ平和博物館を訪れた時に、広島・長崎の原爆被害者が書いた絵とマーチン・ルーサー・キングの展示会を見てインスピレーションを受けて歌詞を書いた曲だそうです。

個人的にU2の中で一番好きな曲なので、ご紹介であります。

ジ・エッジのギターが最高にカッコいいです。ギターの音も実は大好きなのです。

PRIDE ( IN THE NAME OF LOVE )  /  U2

U2 – Pride [In The Name Of Love](Live Rattle And Hum)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代男性アーティスト! 1988年第2位!  ボン ジョヴィ

☆Bon Jovi  / NEW JERSEY  ニュー ジャージー

・「New Jersey」アルバム解説・

発売:1988年9月13日

プロデュース: ブルース・フェアバーン

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス1位

1. 「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」(Lay Your Hands On Me)  5:59
2. 「バッド・メディシン」(Bad Medicine)  5:16
3. 「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」(Born To Be My Baby) 4:40
4. 「リヴィング・イン・シン」(Living In Sin)  4:39
5. 「ブラッド・オン・ブラッド」(Blood On Blood)  6:16
6. 「ホームバウンド・トレイン」(Homebound Train)  5:10
7. 「ワイルド・イズ・ザ・ウインド」(Wild Is The Wind)  5:08
8. 「ライド・カウボーイ・ライド」(Ride Cowboy Ride)  1:24
9. 「スティック・トゥ・ユア・ガンズ」(Stick To Your Guns)  4:45
10. 「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」(I’ll Be There For You)  5:46
11. 「99イン・ザ・シェイド」(99 In The Shade)  4:29
12. 「ラヴ・フォー・セール」(Love For Sale)  3:57

80年代洋楽アルバム「New Jersey」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Lay Your Hands On Me

ボンジョヴィは、ニュージャージー州出身のバンドであることは、有名な話です。

自分たちの出身地の名前をタイトルを付けたこのアルバムには、ニュージャージー州出身のあるアーティストに対する敬意と憧れが含まれているとボクは推測しています。

このアルバムは、前作の大ヒットに続いて作られたアルバムです。

前作に比べて、ハードさが増していて、ギターのドライブ感も前作よりも増していて、自身に満ちあふれた姿がそこにあります。

ボクは、前作よりもこのアルバムの方が好きだな。

では、アドレナリンがドーンと上がるこの曲から聴いて下さい。

LAY YOUR HANDS ON ME  /  Bon Jovi

Bon Jovi – Lay Your Hands On Me

・Born To Be My Baby

この曲の歌い方やメロディラインを聴けば、「ああ、そうなんだな!」と思いますよね。

ニュージャージー州と言えば、やはりブルーススプリングスティーンですよね。

この曲では、歌い方も少し真似ていますし、サビのコードの持って行き方とかも、もろスプリングスティーンですね。

ブルーススプリングスティーンの「The River」を聴いてみるとよくわかります。

ではボンジョヴィの「Born to Be My Baby」を聴いて下さい。

BORN TO BE MY BABY  /  Bon Jovi

Bon Jovi – Born To Be My Baby

80年代洋楽ヒットランキング!80年代洋楽名盤!     1988年第3位!  ヴァン ヘイレン

☆Van Halen  / OU812

・「OU812」アルバム解説・

発売:1988年5月24日

プロデュース: ドン・ランディー

チャート最高順位:アメリカ第1位

  1. マイン・オール・マイン – “Mine All Mine” – 5:11
  2. ホエン・イッツ・ラヴ – “When It’s Love” – 5:36
  3. A.F.U. – “A.F.U. (Naturally Wired)” – 4:28
  4. カボ・ワボ – “Cabo Wabo” – 7:04
  5. ソース・オブ・インフェクション – “Source of Infection” – 3:58
  6. フィールズ・ソー・グッド – “Feels So Good” – 4:27
  7. フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド – “Finish What Ya Started” – 4:20
  8. ブラック・アンド・ブルー – “Black and Blue” – 5:24
  9. サッカー・イン・ア・スリー・ピース – “Sucker in a 3 Piece” – 5:52
  10. ア・アポリティカル・ブルース – “A Apolitical Blues” – 3:50

80年代洋楽アルバム「OU812」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Cabo Wabo

このアルバムを出して、日本ツアーがあったんです。何とか広島公演のチケットを取って、会社を休んで、当日広島サンプラザへ向かいました。

で、夕方、会場について車を会場近くの駐車場に入れようとすると、警備員のお兄さんがなんか看板を持って立っている。「

本日の公演は、サミーヘイガーが風邪のため中止になりました。」「ええええええ〜っ!?」超衝撃ですよ。

会場まで行って中止だなんて!仕方ないからパンフレット買って帰りました。

幻のヴァンヘイレン広島公演ですよ。はあ〜。。。ということで「Cabo Wabo」です。聴いて下さい。

CABO WABO  /  Van Halen

Cabo Wabo

・When It’s Love

この曲、カッコ良くて大好きなんです。でも生で見れませんでした(ボヤキ)。

シンセサイザーのサウンドがとてもいい音で、エディーの言う、「ブラウンサウンド」です。

サミーヘイガーがスタイリッシュでカッコいい!あくまで個人的ですが、ボクは、ヴァンヘイレンのヴォーカルは完全にサミー派です。

だってサミーの歌の方が、ロックぽくてカッコいいもん。

では「When It’s Love」を聴いて下さい。

WHEN IT’S LOVE  /  Van Halen

Van Halen – When It's Love (HQ)

80年代洋楽ヒットランキング!80年代ブラコン名盤!   1988年第4位!  ボビー ブラウン

☆Bobby Brown  / DON’T BE CRUEL ドント ビー クルエル

・「Don’t be cruel」アルバム解説・

発売:1988年6月20日

プロデュース: Babyface、L. A. Reid、Gene Griffin、Gordon Jones、Bobby Brown、Larry White

チャート最高順位:アメリカ第1位、イギリス3位

1. “Cruel Prelude” 0:37
2. “Don’t Be Cruel” 6:48
3. “My Prerogative” 4:51
4. “Roni” 5:58
5. “Rock Wit’cha” 4:49
6. “Every Little Step” 3:57
7. “I’ll Be Good to You” 4:25
8. “Take It Slow”  5:23
9. “All Day All Night”  4:40
10. “I Really Love You Girl” 5:10
11. “Cruel Reprise” 0:19

当時、ボビーブラウン、結構好きで聴いてました。LA&ベイビーフェイスやテディライリーヲプロデュースに起用し、大ヒットしましたね。

80年代洋楽アルバム「Don’t Be Cruel」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・My Prerogative

日本でも大人気で、彼の髪型や服装をまねた男の子が、「ボビ男」と呼ばれ、社会現象になっていたのを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

のちにホイットニーヒューストンと結婚しますが、彼のDVなどにより離婚していますね。現在はどうしているのかわかりません。

曲は今聴いても、センスがいいですね。古さは感じません。

MY PREROGATIVE /  Bobby Brown

Bobby Brown – My Prerogative (Official Video)

・Every Little Step

この曲は、日本でTBCのCMで使われ、ダンスシーンが放映されました。

軽快でコード感溢れるキーボードのバッキングがとてもカッコいいです。

このころのブラコンってやっぱいいですね。

EVERY LITTLE STEP /  Bobby Brown

Bobby Brown – Every Little Step (Official Video)

80年代洋楽ヒットランキング!洋楽80年代名曲!     1988年 第5位! ポイズン

☆Poison  / Open Up and Say… Ahh!

・「Don’t be cruel」アルバム解説・

発売:1988年5月3日

プロデュース: トム・ワーマン

チャート最高順位:アメリカ第2位

  1. “Love on the Rocks” – 3:33
  2. “Nothin’ but a Good Time” – 3:43
  3. “Back to the Rocking Horse” – 3:34
  4. “Good Love” – 2:51
  5. “Tearin’ Down the Walls” – 3:50
  6. “Look but You Can’t Touch” – 3:25
  7. “Fallen Angel” – 3:56
  8. “Every Rose Has Its Thorn” – 4:17
  9. “Your Mama Don’t Dance” (Kenny Loggins, Jim Messina) – 2:59
  10. “Bad to Be Good” – 4:03

80年代洋楽アルバム「Open Up and Say… Ahh!」おすすめ曲をyoutubeで紹介!

・Nothin’  But A good Time

ポイズンは結構セールス的には売れているのですが、なかなか演奏的にはお上手とは言えない感じなのであります。

「それがいいんだよね。」とってもお気楽なアメリカンハードロックとして結構人気があったりして。

NOTHIN’ BUT A GOOD TIME / Poison

Nothin' But A Good Time

80年代洋楽男性アーティストバラードおすすめ曲「Every Rose Has Its Thorn」youtube映像

この曲は、なんと!3週間全米1位を取っております。

すごいですねえ。う〜ん、なんといって良いのやら…..。

EVERY ROSE HAS ITS THORN / Poison

Every Rose Has Its Thorn




次回は、80年代洋楽ヒット曲ランキング&おすすめアルバム「1988年名盤名曲10選」後半 です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また次回も読んで下さいね!

スポンサーリンク