シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギター初心者必見!ギタースタンドの選び方・種類・おすすめ

こんにちは、hisaです。

今回は、ギタースタンドの種類や選び方、用途別のもの、複数のギターが置けるギタースタンドなど、紹介しますね!!

結構いろんなタイプのものをことを書いていますので、ぜひ参考になさって下さい。

前回記事:初心者必読!ギターを弾く時に準備しておきたいアイテム②ギターピックの選び方

ギタースタンド

定番のギタースタンド

「ギタースタンド」と言えば、これですよね。

700円から1000円くらいの金額です。手頃な値段です。

高さも調整できます。最初はこれで良いのではないでしょうか。

写真は、ボクのメインギターを定番のギタースタンドに置いたものです。

ギタースタンド 2本 用 1本用2つより省スペースです。

2本用のこういうものもあります。安いと1000円くらい。高いと4000円くらい。

なんか安定性悪そうにみえるけど、意外といいみたいです。1本用2つよりは省スペースだそうです。

ギタースタンド 3本 用

こういう3本のものもありますが、いちばん奥のギターを取るのに難しそう。

それと置き方を考えないと、ヘッドがぶつかりそうですね。う〜む…

となると、こちらのタイプの方が現実的かもしれません。

安いもので4000円くらいからあります。

ギタースタンド 4本 用

あとは、上記の横に置く型で本数ぶんの幅が広がっていく形になります。

ギタースタンド 5本 用

↓こんなのもありますが、あまりお勧めできないかな。

安定は、あまり良くないですよね。

基本的には、こちら↓のタイプで良いと思います。4000円前後であります。

ギタースタンド壁掛け型

ギターヘッドに吊り下げた方が良いと言われたりします。

それは、吊り下げられているのでギターのネックが反りにくいからです。

取り付けは、自分で行ないます。値段は1000円前後です。

何本が取り付けると、楽器屋さんみたいな気分が味わえます。

注意事項は、取り付けるところはしっかりとした硬いところに付けてください。

外れて落ちてきたら、えらいことになりますので。

ギタースタンド 吊り下げ型

これは、壁に吊り下げている感じがスタンドでできる、というものです。

百聞は一見にしかずですね。

壁掛型だと落ちてきたらどうしよう、という人向けです。

よっぽど、後ろから押さない限り、プランプランしないと思います。

値段も2000円ちょいでお手頃です。

なぜかダイソンの掃除機をかけている人がいるようです(笑)。

ギタースタンド、おすすめはハーキュレススタンド(herculesギタースタンド)

ハーキュレスのスタンドは、まず、作りがしっかりしています。

それと吊り下げ型で、ギターをかけるとホールドする部分がギターの重みで、フックがあがってネックを掴むような形になるので、ギターが外れて落ちません。

それと脚の部分もクッションが巻いてあるのでギターが当たっても傷がつきません。

とても優秀なギタースタンドです。

値段は、写真のもので1本4000円弱です。

高いけどしっかりしていて長年使えます。

ギタースタンド 折りたたみ式は、省スペースでコンパクトだけど..

折りたためてコンパクトで省スペースなものもあります。2000円前後であります。

用途としては、ライブや練習などでスタンドが置いてなくて、ちょっとギターを置きたい時には便利かと思います。

正直、用途としてはそれくらいです。

普段使いで家などでずっと立てかけておくには不安定です。なので家用にはおすすめしません。

ギタースタンドを自作する人もいるらしい。

作る場合いろんなパターンがあるので、これは文章よりも動画の方がわかりやすいと思います。

材料費も思ったほどかかりません。

2000円代から4000円近く(結構大きいもの)で出来ます。

自分で作る喜びがありますね。

DIYが好きな方は、ぜひトライしてみて下さい!!

ギタースタンドの製作 (再アップ)

【DIY】5本立てギタースタンド 作ってみた

ギタースタンドの捨て方、処分方法

例えば、今まで使っていた1本ずつのギタースタンドを、5本立てられるギタースタンドを購入したため、1本のものは、もういらなくなってしまった。

2本は結構きれいでまだまだ使えるけど、残り3本は、もうボロボロで人にあげるのもちょっとどうかな、と思えるほど。

で、どうしよう??

まだまだ使えるものは、

①ヤフオクやメルカリで売りましょう!!

リサイクルショップ等に持っていくと、二束三文で買い叩かれる可能性が高いです。

②知っている方で欲しいという方にあげる、というのも一つの手です。

もう使えないものは、

①粗大ゴミまたは不燃ゴミにして処分します。

ただし粗大ゴミの規定は30cm以上であることなのでたたんだ時に30cm未満になるものは粗大ゴミで処分できません。

住んでいる地方自治体によってルールが違いますので、しっかり調べましょう。

次回は、ギターシールドの選び方について、がっつり書きます!!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回もぜひ読んで下さいね!!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク